ストレス対策

疲れを取るシンプルな
30の方法

読んだ お気に入り21
6

ほんのわずかな待ち時間を、
休憩時間に変える。

ほんのわずかな待ち時間を、休憩時間に変える。 | 疲れを取るシンプルな30の方法

疲れを取るためには、ささいな時間を有効に使います。

日常生活には、何気ない「待ち時間」が探せばあります。

そのほんのわずかな待ち時間にぼうっとするのは、もったいない。

疲れの回復に使いましょう。

 

たとえば、エレベーターに乗っている移動している時間です。

目的の階まで移動するまでは、ほんの数分です。

 

しかし、その数分こそ大切です。

その間に目を完全に閉じれば、有効な休憩時間に変えることができます。

目を閉じれば真っ暗になり、目からの刺激がなくなります。

さらに深呼吸をすれば、頭もすっきりして、ほんのわずかではありますが、リラックスできることでしょう。

また電車で移動している時間も同じです。

電車で揺られている間、広告に目をやっても疲れは取れません。

目的の駅まで移動している間のわずかな待ち時間も、積極的に目を閉じて、貴重な休憩時間として利用しましょう。

そのほか、買い物のレジで待っている時間、歯医者で待っている時間など、探せばたくさんあります。

生活の待ち時間を休憩時間として活用し、疲れをどんどん回復させましょう。

まとめ

疲れを取るシンプルな方法 その6
  • わずかな待ち時間に目を閉じて、休憩時間に変える。
疲れる人間関係とは、たまには距離を置いてもいい。

もくじ
疲れを取るシンプルな30の方法
ほんのわずかな待ち時間を、休憩時間に変える。 | 疲れを取るシンプルな30の方法

  1. 体力がなくても「疲れを取る方法」を知っていれば大丈夫。
  2. 目からくる疲れは、大きい。
  3. ペットの犬を飼って、癒しと健康の両方を手に入れよう。
  4. 一駅手前で電車を降りて歩いて帰れば、心身共に向上する。
  5. 寝る前に水を飲みすぎると、尿意のため、睡眠を妨げられる。
  6. ほんのわずかな待ち時間を、休憩時間に変える。
  7. 疲れる人間関係とは、たまには距離を置いてもいい。
  8. 浅い関係の友達がたくさんいると疲れる。
    深い関係の友達がいれば癒される。
  9. 喉が渇く前に、水を飲む。
  10. 同じ姿勢をずっと続けない。
  11. 痩せ我慢しない人のほうが、ストレスが小さい。
  12. おしゃれをやめれば、疲れも取れる。
  13. アクアセラピーで、心も体も浄化する。
  14. 昔は、お笑いのビデオを借りて笑った。
    今は、インターネットで検索して笑う時代。
  15. カバンは、交互の手を使って持つ。
  16. 姿勢が悪いと、疲れやすい。
  17. 足組みは万病のもと。
  18. 熱すぎるお風呂に入らない。
  19. 冷たいものには、癒しがある。
  20. 部屋のカーテンとじゅうたんは、落ち着いたカラーにする。
  21. 肌触りのいいものは、触れているだけで癒される。
  22. 緑を部屋に置けば、疲れが取れる。
  23. 食事の回数を減らすと、逆に太りやすくなることがある。
  24. いらいらする気持ちは、ガムを噛んで吐き出す。
  25. スローテンポの癒しのミュージックを聴く。
  26. たまには友達に愚痴を聞いてもらう。
  27. 疲れた体には、マッサージが一番。
  28. アロマセラピーで疲れを取ろう。
  29. 不足した睡眠は、週末に寝まくって補えばいい。
  30. 背伸びをして疲れたら、背伸びをして疲れを取る。

同じカテゴリーの作品