ストレス対策

疲れを取るシンプルな
30の方法

6
4

一駅手前で電車を降りて歩いて帰れば、
心身ともに向上する。

一駅手前で電車を降りて歩いて帰れば、心身ともに向上する。 | 疲れを取るシンプルな30の方法

疲れないためには体を動かさない、と連想してしまいます。

 

しかし、体を動かさない方法はよくありません。

どんどん筋力が衰えてしまうため、逆に疲れやすい体質へと変わってしまいます。

むしろ体を動かします。

激しい運動は除き、適度な運動をすることは、疲れを取る効果があります。

なぜ体を動かすことで、逆に疲れが取れるのでしょうか。

疲れの正体は、血中にある「乳酸」が原因です。

乳酸とは、食事を食べた結果できる物質です。

体内のエネルギー代謝によってできる物質のため、人が生きているかぎり、乳酸の生成を防ぐことはできません。

乳酸が血中にたまり始めると、体が疲れを感じるようになります。

この乳酸を取り除けば、すなわち疲れも取れます。

最も手軽な方法は「散歩」「ジョギング」といった適度な運動です。

体を動かすことで適度に汗をかき、汗とともに乳酸を体外に排出するので、逆に疲れが取れてしまいます。

また体中の血液の循環がよくなるので、尿とともに排出されやすくなります。

そのうえ、体を動かすことで精神的なストレスの解消にもつながるため、相乗効果が生まれます。

 

では、毎日適度な運動を続けるための取り組みやすい方法ですが、おすすめは「一駅前で下車して、歩いて帰ること」です。

社会人なら通勤で電車に毎日乗りますので、この習慣に乗じて、散歩も習慣にすればいい。

英語を勉強していればリスニングをしたり、オーディオブックを聞いたりして歩けば、勉強にも運動にもストレス発散になります。

さらに電車に乗る距離が短くなるので、節約も実現できます。

いいことばかりですから、都合が合えば、ぜひ取り入れてみませんか。

「一駅前で下車して、歩いて帰る」は、シンプルなコツですが、効果は抜群です。

疲れを取るシンプルな方法(4)
  • 一駅前で下車して、歩いて帰る。
寝る前に水を飲みすぎると、尿意のため、睡眠を妨げられる。

もくじ
疲れを取るシンプルな30の方法
一駅手前で電車を降りて歩いて帰れば、心身ともに向上する。 | 疲れを取るシンプルな30の方法

  1. 体力がなくても「疲れを取る方法」を知っていれば大丈夫。
    体力がなくても「疲れを取る方法」を知っていれば大丈夫。
  2. 目からくる疲れは、大きい。
    目からくる疲れは、大きい。
  3. ペットの犬を飼って、癒しと健康の両方を手に入れよう。
    ペットの犬を飼って、癒しと健康の両方を手に入れよう。
  4. 一駅手前で電車を降りて歩いて帰れば、心身ともに向上する。
    一駅手前で電車を降りて歩いて帰れば、心身ともに向上する。
  5. 寝る前に水を飲みすぎると、尿意のため、睡眠を妨げられる。
    寝る前に水を飲みすぎると、尿意のため、睡眠を妨げられる。
  6. ほんのわずかな待ち時間を、休憩時間に変える。
    ほんのわずかな待ち時間を、休憩時間に変える。
  7. 疲れる人間関係とは、たまには距離を置いてもいい。
    疲れる人間関係とは、たまには距離を置いてもいい。
  8. 浅い関係の友達がたくさんいると疲れる。<br>深い関係の友達がいれば癒される。
    浅い関係の友達がたくさんいると疲れる。
    深い関係の友達がいれば癒される。
  9. 喉が渇く前に、水を飲む。
    喉が渇く前に、水を飲む。
  10. 同じ姿勢をずっと続けない。
    同じ姿勢をずっと続けない。
  11. 痩せ我慢しない人のほうが、ストレスが小さい。
    痩せ我慢しない人のほうが、ストレスが小さい。
  12. おしゃれをやめれば、疲れも取れる。
    おしゃれをやめれば、疲れも取れる。
  13. アクアセラピーで、心も体も浄化する。
    アクアセラピーで、心も体も浄化する。
  14. 昔は、お笑いのビデオを借りて笑った。<br>今は、インターネットで検索して笑う時代。
    昔は、お笑いのビデオを借りて笑った。
    今は、インターネットで検索して笑う時代。
  15. カバンは、交互の手を使って持つ。
    カバンは、交互の手を使って持つ。
  16. 姿勢が悪いと、疲れやすい。
    姿勢が悪いと、疲れやすい。
  17. 足組みは万病のもと。
    足組みは万病のもと。
  18. 熱すぎるお風呂に入らない。
    熱すぎるお風呂に入らない。
  19. 冷たいものには、癒しがある。
    冷たいものには、癒しがある。
  20. 部屋のカーテンとじゅうたんは、落ち着いたカラーにする。
    部屋のカーテンとじゅうたんは、落ち着いたカラーにする。
  21. 肌触りのいいものは、触れているだけで癒される。
    肌触りのいいものは、触れているだけで癒される。
  22. 緑を部屋に置けば、疲れが取れる。
    緑を部屋に置けば、疲れが取れる。
  23. 食事の回数を減らすと、逆に太りやすくなることがある。
    食事の回数を減らすと、逆に太りやすくなることがある。
  24. いらいらする気持ちは、ガムを噛んで吐き出す。
    いらいらする気持ちは、ガムを噛んで吐き出す。
  25. スローテンポの癒しのミュージックを聴く。
    スローテンポの癒しのミュージックを聴く。
  26. たまには友達に愚痴を聞いてもらう。
    たまには友達に愚痴を聞いてもらう。
  27. 疲れた体には、マッサージが一番。
    疲れた体には、マッサージが一番。
  28. アロマセラピーで疲れを取ろう。
    アロマセラピーで疲れを取ろう。
  29. 不足した睡眠は、週末に寝まくって補えばいい。
    不足した睡眠は、週末に寝まくって補えばいい。
  30. 背伸びをして疲れたら、背伸びをして疲れを取る。
    背伸びをして疲れたら、背伸びをして疲れを取る。

同じカテゴリーの作品