ストレス対策

疲れを取るシンプルな
30の方法

  • 体力がなくても
    「疲れを取る方法」を知っていれば大丈夫。
疲れを取るシンプルな30の方法

もくじ
  1. 体力がなくても「疲れを取る方法」を知っていれば大丈夫。

    あなたは体力があるほうですか。
    ないほうですか。
    体力があるならいいですが、体力がない人は疲れないように生活を心がけます。

  2. 目からくる疲れは、大きい。

    私は以前、視力が両目0.1でした。
    小学生のころは両目1.5でしたが、高校3年くらいからだんだん落ち始め、22歳ごろには両目0.1になってしまいました。
    たまたまなのか、遺伝なのか、当時は理由を深く考えていませんでした。

  3. ペットの犬を飼って、癒しと健康の両方を手に入れよう。

    疲れを取るための、意外な方法として「ペットを飼う」のはいかがでしょうか。
    ペットを飼って、癒されながら、疲れも取りましょう。
    ペットを飼うと、癒されるというのは本当です。

  4. 一駅手前で電車を降りて歩いて帰れば、心身共に向上する。

    疲れないためには体を動かさない、と連想してしまいます。
     
    しかし、体を動かさない方法はよくありません。

  5. 寝る前に水を飲みすぎると、尿意のため、睡眠を妨げられる。

    世間では、美容のため、寝る前にコップ1杯の水を飲もうという話があります。
    寝る前に水を飲めば、睡眠中、肌に水分が行き渡り、美容に有効と言われるからです。
    また眠っている間に汗で水分が失われますから、寝る前の水分の補給は悪くはありません。

  6. ほんのわずかな待ち時間を、休憩時間に変える。

    疲れを取るためには、ささいな時間を有効に使います。
    日常生活には、何気ない「待ち時間」が探せばあります。
    そのほんのわずかな待ち時間にぼうっとするのは、もったいない。

  7. 疲れる人間関係とは、たまには距離を置いてもいい。

    人間関係に疲れてきたら、一度、人間関係を見直してみましょう。
    その人間関係は、そもそもあなたに合っていない可能性が大です。
    人は、誰かと接しているときに、トラブルが起きないように相手の顔色や機嫌に応じて、接しています。

  8. 浅い関係の友達がたくさんいると疲れる。
    深い関係の友達がいれば癒される。

    あなたに質問があります。
    友達は、ただたくさんいればいいという先入観を持っていませんか。
    そもそも、浅い関係の友達を多く持ちすぎていませんか。

  9. 喉が渇く前に、水を飲む。

    疲れやすい体質は、水から始まります。
    疲れを取るためには、積極的に水を飲みましょう。
    喉が渇いてから飲むのではなく、渇く前に飲むのがポイントです。

  10. 同じ姿勢をずっと続けない。

    同じ姿勢を続けていると、疲れがだんだんたまってきます。
    動かないから疲れないのは、大間違いです。
    動かないときのほうが、むしろ体に大きな負担を与えている場合があります。

  11. 痩せ我慢しない人のほうが、ストレスが小さい。

    私は、痩せ我慢をしないタイプです。
    そもそも、痩せ我慢の意味を感じません。
    意味を感じるとすれば「かっこつけること」くらいです。

  12. おしゃれをやめれば、疲れも取れる。

    おしゃれをすることは、疲れます。
    もちろんおしゃれを否定しているわけではありません。
    ただ、おしゃれは体にストレスを与えるという事実をまず知っていただきたい。

  13. アクアセラピーで、心も体も浄化する。

    水に囲まれていると、だんだん疲れが取れます。
    人の起源は、海であり、水だからです。
    人は、水から生まれました。

  14. 昔は、お笑いのビデオを借りて笑った。
    今は、インターネットで検索して笑う時代。

    疲れを取るためには、難しいことではありません。
    大笑いをすればいい。
    お笑いのビデオを借りて、週末に思いきり大笑いします。

  15. カバンは、交互の手を使って持つ。

    私は会社に行くとき、片手でカバンを持って通勤しています。
    私は、右利きです。
    基本的には右手でカバンを持ちます。

  16. 姿勢が悪いと、疲れやすい。

    姿勢が悪いと、疲れやすくなります。
    疲れが取れない人は、そもそも姿勢の悪い人が多いです。
    疲れを取ろうとしても、疲れる姿勢をしているので、また疲れます。

  17. 足組みは万病のもと。

    足を組むのも、気をつけておきたい癖です。
    楽だからとはいえ足を組むのは、最初は楽に感じますが、実は問題です。
    片足に負担をかけてしまうので、筋肉のバランスが悪くなったり、骨が正しい位置からずれてしまったりします。

  18. 熱すぎるお風呂に入らない。

    「江戸っ子は熱い湯を好む」という言葉もあります。
    私は銭湯によく通っているので、実際にお客さんがそういう言葉を交わしているのを耳にすることがあります。
    江戸っ子は、もともと見栄を張る人が多いので、熱いお風呂に入ることで生きの良さを表現していました。

  19. 冷たいものには、癒しがある。

    体がほてっているときに「冷たいもの」に触れると、癒されます。
     
    たとえば、タオルを冷たい水で湿らせて、顔にあてます。

  20. 部屋のカーテンとじゅうたんは、落ち着いたカラーにする。

    あなたの部屋のカラーは、何色ですか。
    派手な色ですか。
    それとも落ち着いた色ですか。

  21. 肌触りのいいものは、触れているだけで癒される。

    私が今まで実践した疲れを取る方法で効果的な1つに「肌触りの効果」があります。
    これは効くので、おすすめです。
     

  22. 緑を部屋に置けば、疲れが取れる。

    あなたの部屋には、どのくらい「緑」がありますか。
    もともと、人は緑の中で草木に囲まれて暮らしていた生き物です。
    コンクリートのビルもなく、アスファルトの道路のない昔は、すべてが緑でした。

  23. 食事の回数を減らすと、逆に太りやすくなることがある。

    基本中の基本ですが、1日3食の食事は抜かさないことが大切です。
    食事は、元気の元です。
    元気の元を取らないのに、元気が出るはずがありません。

  24. いらいらする気持ちは、ガムを噛んで吐き出す。

    「むかつくなあ」
    いらいらして、ごみ箱をける人がいます。
    その気持ちは、分かります。

  25. スローテンポの癒しのミュージックを聴く。

    疲れたときには、音楽鑑賞です。
    音楽鑑賞のいいところは、取り組みやすいところです。
    ボタン1つで、後は聴くだけです。

  26. たまには友達に愚痴を聞いてもらう。

    友達に愚痴るのは、基本的にNGです。
    NGですが、たまになら、大丈夫です。
    疲れがたまって「誰かに聞いてもらいたい!」と爆発しそうなときには、友達に電話をして、愚痴を聞いてもらいましょう。

  27. 疲れた体には、マッサージが一番。

    疲れた体には、マッサージが一番です。
    マッサージをすると、血液の巡りがよくなるため、疲れが取れやすくなります。
    たまには贅沢にマッサージサロンへ行ってみるのはいかがでしょうか。

  28. アロマセラピーで疲れを取ろう。

    私は最初、アロマセラピーを体験する前は「単なる香りだけでしょ」と軽く考えていました。
    ほかの癒しとは違い、香りは見えるわけでも動くわけでもないので、効果も小さいように感じられます。
     

  29. 不足した睡眠は、週末に寝まくって補えばいい。

    私たちの人生は、忙しい毎日の連続です。
    受験生は勉強のせいで、毎日、睡眠不足です。
    社会人は、仕事が忙しくて残業が続き、平日はなかなか十分な睡眠が取れません。

  30. 背伸びをして疲れたら、背伸びをして疲れを取る。

    自分の成長のためには「背伸び」は大切です。
    大きな目標なら、目標達成は困難になり、挫折してしまいます。
    大きな目標を立ててしまうと、考えるだけでも気が滅入ってしまいますよね。

同じカテゴリーの作品