ストレス対策

疲れを取るシンプルな
30の方法

読んだ お気に入り6
12

おしゃれをやめれば、
疲れも取れる。

おしゃれをやめれば、疲れも取れる。 | 疲れを取るシンプルな30の方法

おしゃれをすることは、疲れます。

もちろんおしゃれを否定しているわけではありません。

ただ、おしゃれは体にストレスを与えるという事実をまず知っていただきたい。

ハイヒールは、つま先立ちになるため、足が疲れやすくなります。

大きなイヤリングをすると耳に負担がかかり、腕時計も手首に負担をかけます。

ウエストを細くした、スタイリッシュな洋服ほど、腰やおなかにストレスがかかります。

お化粧は、肌の呼吸を邪魔してしまい、お肌に悪い影響を与えます。

パーマをかけすぎてしまうと、髪を傷めてしまいます。

男性から見れば、普通におしゃれをしている女性は魅力的ですが、おしゃれをしすぎている女性は、ちょっと引いてしまいます。

気合が入りすぎているおしゃれは、外面は整っていても、顔に哀愁が漂っています。

おしゃれに気を使いすぎて、疲れが表情に出ているからです。

「絶対にモテたい。男性から注目を集めたい」という気持ちが、化粧やおしゃれに出すぎていて、ちょっと怖いです。

モテるためにしたおしゃれのせいで、モテなくなるのでは本末転倒です。

おしゃれを完全にやめようとは言いません。

せめて少し軽くしてはいかがでしょうか。

 

たとえば、ヒールの高さが少し変わるだけでも、疲れ具合は全然違います。

イヤリングの大きさも、少し小さいサイズに変えるだけで、耳への負担は変わります。

ブームに乗って、毎年違う洋服を買うのでは、お金もかかることでしょう。

 

しかし、自分らしいスタイルを確立して、同じものを長く使い続けるようにすれば、お金の負担も減り、個性の表現になります。

節約できたお金をデートに使うほうが、より効果的です。

お化粧も、厚化粧より薄化粧のほうが、肌への負担が減るので、肌の調子がよくなり、逆に美しくなります。

まとめ

疲れを取るシンプルな方法 その12
  • おしゃれを、少し軽くする。
アクアセラピーで、心も体も浄化する。

もくじ
疲れを取るシンプルな30の方法
おしゃれをやめれば、疲れも取れる。 | 疲れを取るシンプルな30の方法

  1. 体力がなくても「疲れを取る方法」を知っていれば大丈夫。
  2. 目からくる疲れは、大きい。
  3. ペットの犬を飼って、癒しと健康の両方を手に入れよう。
  4. 一駅手前で電車を降りて歩いて帰れば、心身共に向上する。
  5. 寝る前に水を飲みすぎると、尿意のため、睡眠を妨げられる。
  6. ほんのわずかな待ち時間を、休憩時間に変える。
  7. 疲れる人間関係とは、たまには距離を置いてもいい。
  8. 浅い関係の友達がたくさんいると疲れる。
    深い関係の友達がいれば癒される。
  9. 喉が渇く前に、水を飲む。
  10. 同じ姿勢をずっと続けない。
  11. 痩せ我慢しない人のほうが、ストレスが小さい。
  12. おしゃれをやめれば、疲れも取れる。
  13. アクアセラピーで、心も体も浄化する。
  14. 昔は、お笑いのビデオを借りて笑った。
    今は、インターネットで検索して笑う時代。
  15. カバンは、交互の手を使って持つ。
  16. 姿勢が悪いと、疲れやすい。
  17. 足組みは万病のもと。
  18. 熱すぎるお風呂に入らない。
  19. 冷たいものには、癒しがある。
  20. 部屋のカーテンとじゅうたんは、落ち着いたカラーにする。
  21. 肌触りのいいものは、触れているだけで癒される。
  22. 緑を部屋に置けば、疲れが取れる。
  23. 食事の回数を減らすと、逆に太りやすくなることがある。
  24. いらいらする気持ちは、ガムを噛んで吐き出す。
  25. スローテンポの癒しのミュージックを聴く。
  26. たまには友達に愚痴を聞いてもらう。
  27. 疲れた体には、マッサージが一番。
  28. アロマセラピーで疲れを取ろう。
  29. 不足した睡眠は、週末に寝まくって補えばいい。
  30. 背伸びをして疲れたら、背伸びをして疲れを取る。

同じカテゴリーの作品