執筆者:水口貴博

食の可能性を広げる
30の言葉

19
0

食費を削っても、
削りすぎるな。

食費を削っても、削りすぎるな。 | 食の可能性を広げる30の言葉

食費を削ることがあるでしょう。

「最近、食費が多いかな」と思えば、日々の支出を見直し、食費を削ることがあるはずです。

もちろん適度の範囲で食費を削るのはいいのです。

「節約」という意味で、食費を削ることがあるでしょう。

毎日贅沢ぜいたくな食事ばかりもしていられません。

贅沢な食事ばかりでは、食費が大変なことになって、家計が火の車になります。

食費は変動費です。

削ろうと思えば、大きく削ることが可能です。

努力次第によっては、1カ月の1人あたりの食費を1万円以下に抑えることができるでしょう。

場合によっては5000円以下に抑えることも不可能ではありません。

自炊をしたり残り物をうまく活用したりスーパーの安売りセールを利用したりです。

節約や貯金のため、適度の範囲で食費を削ることがあるのは素晴らしい心がけです。

しかし、食費を削るのはいいですが、削りすぎはよくありません。

理由は単純です。

食費を削りすぎると、かえって健康に悪影響を及ぼすからです。

やみくもに食費を削るのは健康によくない

やみくもに食費を削るのは健康によくありません。

炭水化物に偏った食事ばかりになってしまい、必要な栄養が不足してしまいます。

食費を削りすぎると健康を害してしまい、今度は医療費が増えることになります。

苦労して食費を削っても、後から医療費がかかることになっては意味がありません。

節約どころか、かえって出費が増えることになってしまうでしょう。

食費を削ると、いい仕事もできません。

パワー不足になって、行動力が低下して、根気や集中力も出ません。

空腹を我慢するのは、ストレスの原因にもなります。

心や精神への悪影響も見逃せません。

食事を削りすぎると、質素な食事になるでしょう。

餌のような食事になることが少なくありません。

急に自分がみすぼらしく感じられます。

惨めで哀れな気持ちになり、精神面でネガティブになってしまいます。

生きる力が不足して、人生が暗く感じてしまいます。

食費を削るのはいいですが、削りすぎないでください。

節約にも限度があります。

適度に食費を削るのはプラスに働きますが、削りすぎはプラスよりマイナスに働きます。

削りすぎるつもりはなくても、次第に熱が入ってエスカレートしていき、気づけば削りすぎになっていることがあります。

食費を削るなら、適度の範囲が一番

食費を削ってばかりではよくありません。

たまには贅沢な食事も楽しみましょう。

食事は、人生の質に直結する要素です。

おいしい食事を取れば、元気やパワーが出てきて、幸せを感じるでしょう。

人生の質を保つためにも、ある程度の食費は必要経費としてかけておきたい。

食は、力の源であり、元気の源であり、笑顔の源です。

人生の幸福感を高めるためにも、食費の削りすぎには注意してください。

食費を削るなら、適度の範囲が一番です。

「土台をきちんと固める」というイメージを持って、食事には最低限の気を使いましょう。

食の可能性を広げる言葉(19)
  • 食費を削っても、削りすぎないように注意する。
一目惚れをしている自分に気づいてください。

食の可能性を広げる30の言葉
食の可能性を広げる30の言葉

  1. 食の可能性を広げるパワーフレーズ。<br>「今日も1日おいしく食べよう」
    食の可能性を広げるパワーフレーズ。
    「今日も1日おいしく食べよう」
  2. 食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
    食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
  3. 安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
    安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
  4. 最近「食の話題」を楽しんでいますか。
    最近「食の話題」を楽しんでいますか。
  5. 食欲の季節を、秋に限定しない。
    食欲の季節を、秋に限定しない。
  6. プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
    プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
  7. 食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
    食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
  8. どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
    どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
  9. ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
    ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
  10. 仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
    仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
  11. 「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
    「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
  12. 目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。<br>食事にも同じことがいえる。
    目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。
    食事にも同じことがいえる。
  13. スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
    スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
  14. あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
    あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
  15. お金持ちだからゆっくり食べるのではない。<br>ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
    お金持ちだからゆっくり食べるのではない。
    ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
  16. 外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
    外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
  17. 大成功をしたら、外食しよう。<br>大失敗をしたときも、外食しよう。
    大成功をしたら、外食しよう。
    大失敗をしたときも、外食しよう。
  18. 腹が立ったら食事のことを考えよう。<br>あっという間に落ち着く。
    腹が立ったら食事のことを考えよう。
    あっという間に落ち着く。
  19. 食費を削っても、削りすぎるな。
    食費を削っても、削りすぎるな。
  20. 一目惚れをしている自分に気づいてください。
    一目惚れをしている自分に気づいてください。
  21. 「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
    「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
  22. 普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
    普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
  23. ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
    ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
  24. 食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
    食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
  25. 食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
    食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
  26. 食わず嫌いは、食の機会損失。<br>食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
    食わず嫌いは、食の機会損失。
    食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
  27. 「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
    「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
  28. 言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
    言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
  29. 何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
    何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
  30. 今日の食事のことを日記に書こう。<br>日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。
    今日の食事のことを日記に書こう。
    日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION