食の可能性を広げる
30の言葉

18
1

腹が立ったら食事のことを考えよう。
あっという間に落ち着く。

腹が立ったら食事のことを考えよう。あっという間に落ち着く。 | 食の可能性を広げる30の言葉

もし腹が立ったとき、すぐ感情を静める方法

「ああ、腹が立って仕方がない!」

思いどおりにいかないときは、いらいらするでしょう。

私たちの日常では、むっとしたり腹が立ったりすることがあるものです。

うるさい小言やうっとうしい説教を受けたときは、特にいらいらするものです。

もし腹が立ったら、すぐ感情を静める方法があります。

食事のことを考えてください。

少しでいいので食事のことを考えてみてください

おいしい食事ができることを考えましょう。

昼前なら昼食のことを考え、夕方前なら夕食のことを考えましょう。

中途半端な時間なら、おやつのことを考えてもOKです。

怒りの感情が強くて、食事のことを考えるどころではないかもしれません。

なかなかそんな気になれないかもしれませんが、少しでいいので食事のことを考えてみてください。

「あと1時間後には食事ができる」

「今日は何を食べようかな」

「早く食事の時間がやってこないかな」

食べたいものを頭に思い浮かべてください。

たった10秒でいいのです。

10秒すら難しいなら5秒でもかまいません。

食事をおいしく楽しんでいる自分もイメージしましょう。

するとどうでしょう。

どんどんいらいらが消えていき、気持ちが落ち着いてくるはずです。

小さなことに腹を立てている自分が滑稽に思えてくる。

気づけば、平静を取り戻しているはずです。

「あれ? 何にいらいらしていたのだったかな?」

何にいらいらしていたのか思い出せなくなっているでしょう。

腹が立っていることがどうでもよくなっているに違いありません。

食べることを考えると、怒りの感情から注意がそれる

食べることは、3大欲求の1つです。

基本的欲求はなによりも優先されます。

食べることを考えると、怒りの感情から注意がそれ、はっと我に返ります。

食べることは、人生で最も幸せな瞬間です。

「もう少し待てば、おいしい食事が食べられる」と思えば、いらいらが小さなことに思えてきます。

心に余裕が生まれ、感情が収まって、冷静な自分を取り戻せます。

どんなにいらいらしていても、食欲にはかないません。

イメージによっては、怒りが収まるだけでなく、幸せな気持ちにもなれるでしょう。

食の力とは、それほど偉大なのです。

上司に叱られている最中でも「このあとは何を食べようかな」と考えていればいいのです。

頭の中は見られませんから、ばれる心配はありません。

くれぐれも、にやけた顔にならないように要注意です。

腹が立ったら反射的に食事のことを考える癖をつけておきましょう。

食の可能性を広げる言葉(18)
  • 腹が立ったら、食事のことを考えて、気持ちを静める。
食費を削っても、削りすぎるな。

食の可能性を広げる30の言葉
食の可能性を広げる30の言葉

  1. 食の可能性を広げるパワーフレーズ。<br>「今日も1日おいしく食べよう」
    食の可能性を広げるパワーフレーズ。
    「今日も1日おいしく食べよう」
  2. 食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
    食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
  3. 安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
    安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
  4. 最近「食の話題」を楽しんでいますか。
    最近「食の話題」を楽しんでいますか。
  5. 食欲の季節を、秋に限定しない。
    食欲の季節を、秋に限定しない。
  6. プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
    プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
  7. 食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
    食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
  8. どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
    どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
  9. ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
    ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
  10. 仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
    仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
  11. 「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
    「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
  12. 目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。<br>食事にも同じことがいえる。
    目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。
    食事にも同じことがいえる。
  13. スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
    スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
  14. あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
    あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
  15. お金持ちだからゆっくり食べるのではない。<br>ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
    お金持ちだからゆっくり食べるのではない。
    ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
  16. 外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
    外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
  17. 大成功をしたら、外食しよう。<br>大失敗をしたときも、外食しよう。
    大成功をしたら、外食しよう。
    大失敗をしたときも、外食しよう。
  18. 腹が立ったら食事のことを考えよう。<br>あっという間に落ち着く。
    腹が立ったら食事のことを考えよう。
    あっという間に落ち着く。
  19. 食費を削っても、削りすぎるな。
    食費を削っても、削りすぎるな。
  20. 一目惚れをしている自分に気づいてください。
    一目惚れをしている自分に気づいてください。
  21. 「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
    「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
  22. 普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
    普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
  23. ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
    ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
  24. 食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
    食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
  25. 食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
    食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
  26. 食わず嫌いは、食の機会損失。<br>食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
    食わず嫌いは、食の機会損失。
    食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
  27. 「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
    「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
  28. 言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
    言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
  29. 何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
    何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
  30. 今日の食事のことを日記に書こう。<br>日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。
    今日の食事のことを日記に書こう。
    日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。

同じカテゴリーの作品

3:54

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION