食の可能性を広げる
30の言葉

26
0

食わず嫌いは、
食の機会損失。
食べたこともないのに
「食べられない」と決めつけない。

食わず嫌いは、食の機会損失。食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。 | 食の可能性を広げる30の言葉

食べたこともないのに「食べられない」と拒んでいないか

食べたこともないのに「食べられない」と拒んでいませんか。

いわゆる、食わず嫌いです。

過去に食べたことがあって拒否するならわかります。

不快な思いをした経験があれば、同じ苦しみを味わいたくありません。

口に合わないことがわかっているなら拒むのも当然です。

しかし、一度も食べたことがないのに「食べられない」と拒む人がいます。

そういう人は意外と少なくありません。

あなたもその1人かもしれません。

あらためて考えるとおかしなことです。

食べたことがないのに、なぜ「食べられない」と拒むのでしょう。

たいていの場合「見た目」と「雰囲気」なのです。

思い込みをしている自分に気づく

初めて見る食べ物があったとき、過去の記憶に検索をかけます。

見た目や雰囲気が嫌いな食べ物と似ていると「同じような味なのだろう」とイメージします。

食べる前から「食べられない」と決めつけてしまいます。

しかし、イメージはあくまでイメージです。

食べたことがなければ、実際のところはわかりません。

見た目や雰囲気で「食べられない」と思い込んでいることに気づくことです。

食べる前から食べられないと決めつけるのはよくありません。

食の楽しみを制限することになります。

自分の勝手な思い込みで、食の楽しみを制限することほど、もったいないことはありません。

食わず嫌いは、食の機会損失です。

見た目や先入観で決めつけない

見た目や先入観で決めつけないでください。

試しに食べてみましょう。

騙されたと思って食べてみてください。

見た目は悪いのに、実際に食べてみると、意外とおいしいと驚くのはよくあること。

一度も食べたことがないなら、なおさらチャレンジする価値があります。

食べられなければ、そのときは残せばいいだけです。

食べられるか不安なら「少量」から始めましょう。

口に合わなくても、ちょっと我慢して飲み込めばいいでしょう。

食べられなくて残すことになっても、少量であれば罪悪感が小さくて済みます。

おいしくなさそうな食べ物が、将来の大好物になる可能性もある

「食べられなかったらどうしよう」と不安になりますが、それでかまいません。

不安があるからこそチャレンジする価値があります。

チャレンジは、常にリスクを背負うものです。

「まさかこんなにおいしいとは思わなかった」という驚きの体験は、第一印象の悪い食べ物しかできません。

おいしくなさそうな食べ物が、将来の大好物になる可能性もゼロではありません。

食の可能性を広げる言葉(26)
  • 食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
  • 一度も食べたことがない食べ物は、試しに食べてみる。
「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。

食の可能性を広げる30の言葉
食の可能性を広げる30の言葉

  1. 食の可能性を広げるパワーフレーズ。<br>「今日も1日おいしく食べよう」
    食の可能性を広げるパワーフレーズ。
    「今日も1日おいしく食べよう」
  2. 食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
    食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
  3. 安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
    安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
  4. 最近「食の話題」を楽しんでいますか。
    最近「食の話題」を楽しんでいますか。
  5. 食欲の季節を、秋に限定しない。
    食欲の季節を、秋に限定しない。
  6. プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
    プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
  7. 食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
    食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
  8. どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
    どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
  9. ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
    ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
  10. 仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
    仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
  11. 「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
    「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
  12. 目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。<br>食事にも同じことがいえる。
    目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。
    食事にも同じことがいえる。
  13. スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
    スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
  14. あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
    あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
  15. お金持ちだからゆっくり食べるのではない。<br>ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
    お金持ちだからゆっくり食べるのではない。
    ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
  16. 外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
    外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
  17. 大成功をしたら、外食しよう。<br>大失敗をしたときも、外食しよう。
    大成功をしたら、外食しよう。
    大失敗をしたときも、外食しよう。
  18. 腹が立ったら食事のことを考えよう。<br>あっという間に落ち着く。
    腹が立ったら食事のことを考えよう。
    あっという間に落ち着く。
  19. 食費を削っても、削りすぎるな。
    食費を削っても、削りすぎるな。
  20. 一目惚れをしている自分に気づいてください。
    一目惚れをしている自分に気づいてください。
  21. 「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
    「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
  22. 普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
    普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
  23. ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
    ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
  24. 食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
    食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
  25. 食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
    食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
  26. 食わず嫌いは、食の機会損失。<br>食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
    食わず嫌いは、食の機会損失。
    食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
  27. 「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
    「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
  28. 言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
    言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
  29. 何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
    何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
  30. 今日の食事のことを日記に書こう。<br>日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。
    今日の食事のことを日記に書こう。
    日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。

同じカテゴリーの作品

3:54
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION