食の可能性を広げる
30の言葉

12
0

目の前に集中する習慣は、
仕事や勉強に限ったことではない。
食事にも同じことがいえる。

目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。食事にも同じことがいえる。 | 食の可能性を広げる30の言葉

目の前に集中する習慣

人生を幸せに生きるなら「目の前に集中する習慣」が欠かせません。

目の前に仕事があるなら、仕事に集中します。

目の前に勉強があるなら、勉強に集中します。

限られたリソースであっても、虫メガネのように集中させることで、大きなパワーを発揮できます。

しっかり気合が入って、頭もフル回転します。

目の前のことに集中することは、本気で今を生きることになります。

人生とは、今の連続です。

目の前のことに集中することで、素晴らしい今の連続になり、素晴らしい人生を作っていけます。

ただし、目の前に集中する行為は、仕事や勉強に限ったことではありません。

食事にも同じことがいえます。

目の前に食事があれば、食べることに集中しよう

目の前に食事があれば、食べることに集中しましょう。

一口一口に集中しましょう。

しっかり舌で味わうことに集中しましょう。

余計なことはせず、「二度と同じ食事を味わえない」という気持ちで、目の前の食事に集中することです。

ながら食いはよくありません。

「テレビを見ながら」「スマホをいじりながら」といったながら食いは「腹さえ満たせば十分」という食べ方です。

別のことに注意を向けていると、食の味わいも楽しみも半減します。

食事の時間は、腹だけでなく心も満たす時間ですから、きちんと集中することが大切です。

忙しくて余裕がないときもありますが、なるべく普段から意識するようにしましょう。

食事の時間も、大事な人生の一部です。

目の前の食事に集中することで、しっかり今を生きることになります。

しっかり今を生きるから、素晴らしい人生を形作っていけます。

目の前にある食事に集中することで、至福の時間になる

食事のときは、目の前の食事に集中しましょう。

ながら食いは避け、目の前の食事を楽しむことに集中しましょう。

本を閉じて、テレビを消して、スマホ操作をやめ、ひたすら味わうことに集中しましょう。

友人と一緒にいて会話を楽しんでいるなら、ちょっとだけ中断です。

あるいは、目の前の食事に話を振って、食の話題を楽しむといいでしょう。

食べるときは、食べることに集中しましょう。

食に感謝しながら味わえば、なお良好です。

目の前にある食事に集中することで、至福の時間になります。

おやつタイムのときも、集中が大切

仕事中や勉強中、ちょっと小腹が空いて、おやつタイムにすることがあるでしょう。

おやつタイムのときも、集中が大切です。

目の前にあるお菓子に集中しましょう。

小さなお菓子とはいえ、れっきとした食べ物です。

おやつタイムの最中は、仕事や勉強のことは忘れ、目の前のおやつに集中しましょう。

小さなお菓子を一口ずつ楽しむことに集中すれば、至福のおやつタイムになります。

リラックスや気分転換がしっかりできて、仕事や勉強にもしっかり取りかかれます。

食の可能性を広げる言葉(12)
  • 「目の前に集中する習慣」は、仕事や勉強だけでなく、食事のときも心がける。
スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。

食の可能性を広げる30の言葉
食の可能性を広げる30の言葉

  1. 食の可能性を広げるパワーフレーズ。<br>「今日も1日おいしく食べよう」
    食の可能性を広げるパワーフレーズ。
    「今日も1日おいしく食べよう」
  2. 食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
    食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
  3. 安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
    安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
  4. 最近「食の話題」を楽しんでいますか。
    最近「食の話題」を楽しんでいますか。
  5. 食欲の季節を、秋に限定しない。
    食欲の季節を、秋に限定しない。
  6. プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
    プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
  7. 食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
    食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
  8. どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
    どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
  9. ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
    ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
  10. 仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
    仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
  11. 「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
    「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
  12. 目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。<br>食事にも同じことがいえる。
    目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。
    食事にも同じことがいえる。
  13. スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
    スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
  14. あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
    あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
  15. お金持ちだからゆっくり食べるのではない。<br>ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
    お金持ちだからゆっくり食べるのではない。
    ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
  16. 外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
    外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
  17. 大成功をしたら、外食しよう。<br>大失敗をしたときも、外食しよう。
    大成功をしたら、外食しよう。
    大失敗をしたときも、外食しよう。
  18. 腹が立ったら食事のことを考えよう。<br>あっという間に落ち着く。
    腹が立ったら食事のことを考えよう。
    あっという間に落ち着く。
  19. 食費を削っても、削りすぎるな。
    食費を削っても、削りすぎるな。
  20. 一目惚れをしている自分に気づいてください。
    一目惚れをしている自分に気づいてください。
  21. 「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
    「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
  22. 普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
    普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
  23. ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
    ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
  24. 食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
    食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
  25. 食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
    食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
  26. 食わず嫌いは、食の機会損失。<br>食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
    食わず嫌いは、食の機会損失。
    食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
  27. 「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
    「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
  28. 言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
    言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
  29. 何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
    何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
  30. 今日の食事のことを日記に書こう。<br>日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。
    今日の食事のことを日記に書こう。
    日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。

同じカテゴリーの作品

4:23

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION