食の可能性を広げる
30の言葉

25
1

食べすぎた罪悪感は、
運動で晴らそう。

食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。 | 食の可能性を広げる30の言葉

つい食べすぎてしまうことがある

「食べすぎた」と悔やむときがあります。

がつがつ早食いをしていると、勢いあまって腹八分目を超えてしまうことがあるでしょう。

気がついたときには満腹状態。

おなかが膨れてぱんぱんということがあるものです。

飲み屋で仲間たちとおしゃべりしながら飲み食いしているときも、話に夢中で食べすぎることがあるでしょう。

ながら食いは、食べすぎてしまいやすい状況の1つです。

別のことに注意が向いていると、食べる量の調整が緩くなり、食べすぎてしまう傾向があります。

「ああ、しまった。食べすぎてしまった……」

済んでしまったことは仕方ありません。

後悔したところで、食べて胃の中に入ってしまったものはどうしようもありません。

食べすぎてしまったときは、ちょっとした罪悪感があるものです。

おなかがふっくらしていて「これは太るな」ということが自分でもわかります。

罪悪感があるものの、食べてしまったものはどうしようもありません。

「食べてしまったものは仕方ない」と諦め、普通に寝るのもいいですが、それでは脂肪の塊になります。

食べすぎはカロリーの取り過ぎです。

肥満体に向かって一直線。

食べてしまったものはどうしようもないように思えますが、まだ敗者復活戦が残っています。

「運動」なのです。

食べすぎてしまった罪悪感は、運動で晴らしましょう。

食べすぎた罪悪感は、運動で晴らす

「体に悪いことをしてしまった」

「自分が情けない、恥ずかしい」

申し訳ないことをした気持ちになりますが、まだ救いの希望は残っています。

食べすぎてしまっても今ならまだ間に合います。

食べすぎた罪悪感は、運動するモチベーションに変えてください。

罪悪感が大きければ大きいほど、強いモチベーションに変わります。

「申し訳ない、申し訳ない」と歯を食いしばりながら、体を動かしましょう。

体中が温かくなってきて、額に汗がにじんできます。

さらに体を動かし続ければ、全身から汗が噴き出してきます。

運動で苦しくても、食べすぎた罪を晴らしていると思えば、ぐっと踏ん張れるもの。

食べすぎた罪悪感は、建設的な行動に転化することで昇華させましょう。

ストレス解消にもなって一石二鳥です。

軽い運動で十分

激しい運動である必要はなく、軽い運動でかまいません。

満腹のときに激しい運動をすると、気分が悪くなることがあるため、軽い運動で十分です。

たとえば、軽い筋トレやウォーキングです。

糖が脂肪に変わる前に運動でカロリーを消費すれば、その日に食べすぎたカロリー分が差し引かれ、リセットできます。

食べすぎた罪悪感が大きければ大きいほど、運動のモチベーションに変えようではありませんか。

食べすぎた罪悪感は、運動で晴らすのが健全です。

食の可能性を広げる言葉(25)
  • 食べすぎた罪悪感は、運動で晴らす。
食わず嫌いは、食の機会損失。
食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。

食の可能性を広げる30の言葉
食の可能性を広げる30の言葉

  1. 食の可能性を広げるパワーフレーズ。<br>「今日も1日おいしく食べよう」
    食の可能性を広げるパワーフレーズ。
    「今日も1日おいしく食べよう」
  2. 食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
    食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
  3. 安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
    安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
  4. 最近「食の話題」を楽しんでいますか。
    最近「食の話題」を楽しんでいますか。
  5. 食欲の季節を、秋に限定しない。
    食欲の季節を、秋に限定しない。
  6. プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
    プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
  7. 食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
    食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
  8. どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
    どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
  9. ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
    ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
  10. 仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
    仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
  11. 「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
    「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
  12. 目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。<br>食事にも同じことがいえる。
    目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。
    食事にも同じことがいえる。
  13. スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
    スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
  14. あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
    あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
  15. お金持ちだからゆっくり食べるのではない。<br>ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
    お金持ちだからゆっくり食べるのではない。
    ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
  16. 外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
    外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
  17. 大成功をしたら、外食しよう。<br>大失敗をしたときも、外食しよう。
    大成功をしたら、外食しよう。
    大失敗をしたときも、外食しよう。
  18. 腹が立ったら食事のことを考えよう。<br>あっという間に落ち着く。
    腹が立ったら食事のことを考えよう。
    あっという間に落ち着く。
  19. 食費を削っても、削りすぎるな。
    食費を削っても、削りすぎるな。
  20. 一目惚れをしている自分に気づいてください。
    一目惚れをしている自分に気づいてください。
  21. 「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
    「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
  22. 普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
    普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
  23. ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
    ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
  24. 食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
    食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
  25. 食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
    食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
  26. 食わず嫌いは、食の機会損失。<br>食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
    食わず嫌いは、食の機会損失。
    食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
  27. 「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
    「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
  28. 言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
    言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
  29. 何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
    何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
  30. 今日の食事のことを日記に書こう。<br>日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。
    今日の食事のことを日記に書こう。
    日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。

同じカテゴリーの作品

3:57

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION