食の可能性を広げる
30の言葉

11
0

「ゆっくり食べる」と
「だらだら食べる」は、
似て非なるもの。

「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。 | 食の可能性を広げる30の言葉

ゆっくり食べるつもりが、だらだらした食べ方になっていないか

「ゆっくり食べましょう」

「よく噛んで食べましょう」

「早食いは避け、時間をかけて食べましょう」

こうした話を聞くやいなや「時間さえかければいい」と考え、だらだら食べる人がいます。

ながら食いをしたり、時間を決めずに食べ続けたりです。

これは違うのです。

たしかに時間をかけて食べるのはいいのですが、だからといってだらだらした食べ方になるのはよくありません。

だらだらした食べ方をすると、食の素晴らしさも半減です。

「ゆっくり食べる」はOK「だらだら食べる」はNG。

「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は違います。

それぞれ似て非なるものです。

そっくりの意味に思えますが、厳密には異なります。

ゆっくりには集中があって、だらだらには集中がありません。

ゆっくりには感謝があって、だらだらには感謝がありません。

だらだら食べていると、きちんと味わえません。

味に集中できず、一口一口が中途半端になります。

おいしい味も普通の味に感じてしまいます。

くちゃくちゃした食べ方になり、不快な音が出てしまいます。

食の感謝がなければ、食の感動も半減です。

忘れがちなのは、歯への悪影響です。

だらだら食べていると、口の中にずっと食べ物がある状態になります。

口の中が酸性に傾いてしまい、虫歯や歯周病といったデンタルトラブルを招く原因になります。

どんなにおいしい料理も、だらだらした食べ方になっていては台無しです。

ゆっくり食べるのはOKですが、だらだら食べるのはNGです。

だらだら食べるのではなく、ゆっくり食べる

だらだら食べるのではなく、ゆっくり食べてください。

毎日決まった時間に食事をしましょう。

一口一口を大切にしつつ、しっかり集中しましょう。

ゆっくり食べつつも味覚は研ぎ澄まして、しっかり味に集中することです。

味に集中するから、味がよく感じられます。

おいしいという感動が心に広がります。

ゆっくりした食べ方をすれば、きちんと味わえ、おいしさを120パーセント引き出せます。

口の中のペーハーも安定するため、虫歯や歯周病も減って歯の健康にもつながります。

「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるものです。

今まで混同していたなら、今後は区別しておきましょう。

この違いがわかるだけでも、食生活は変わります。

食の可能性を広げる言葉(11)
  • 「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」を区別する。
目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。
食事にも同じことがいえる。

食の可能性を広げる30の言葉
食の可能性を広げる30の言葉

  1. 食の可能性を広げるパワーフレーズ。<br>「今日も1日おいしく食べよう」
    食の可能性を広げるパワーフレーズ。
    「今日も1日おいしく食べよう」
  2. 食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
    食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
  3. 安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
    安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
  4. 最近「食の話題」を楽しんでいますか。
    最近「食の話題」を楽しんでいますか。
  5. 食欲の季節を、秋に限定しない。
    食欲の季節を、秋に限定しない。
  6. プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
    プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
  7. 食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
    食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
  8. どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
    どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
  9. ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
    ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
  10. 仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
    仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
  11. 「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
    「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
  12. 目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。<br>食事にも同じことがいえる。
    目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。
    食事にも同じことがいえる。
  13. スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
    スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
  14. あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
    あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
  15. お金持ちだからゆっくり食べるのではない。<br>ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
    お金持ちだからゆっくり食べるのではない。
    ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
  16. 外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
    外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
  17. 大成功をしたら、外食しよう。<br>大失敗をしたときも、外食しよう。
    大成功をしたら、外食しよう。
    大失敗をしたときも、外食しよう。
  18. 腹が立ったら食事のことを考えよう。<br>あっという間に落ち着く。
    腹が立ったら食事のことを考えよう。
    あっという間に落ち着く。
  19. 食費を削っても、削りすぎるな。
    食費を削っても、削りすぎるな。
  20. 一目惚れをしている自分に気づいてください。
    一目惚れをしている自分に気づいてください。
  21. 「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
    「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
  22. 普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
    普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
  23. ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
    ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
  24. 食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
    食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
  25. 食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
    食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
  26. 食わず嫌いは、食の機会損失。<br>食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
    食わず嫌いは、食の機会損失。
    食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
  27. 「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
    「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
  28. 言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
    言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
  29. 何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
    何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
  30. 今日の食事のことを日記に書こう。<br>日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。
    今日の食事のことを日記に書こう。
    日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。

同じカテゴリーの作品

3:37

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION