食の可能性を広げる
30の言葉

16
0

外食ができないのは、
お金がないのではなく、
勇気がないだけ。

外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。 | 食の可能性を広げる30の言葉

外食ができないのは、本当にお金が原因なのか

なぜあなたは外食をためらうのか。

一番の理由は「お金」ではないでしょうか。

「外食はお金がかかるから」

「金欠で外食ができない」

「外食するほどの余裕はない」

たしかに外食はお金がかかります。

節約中の人にとっては贅沢なことに感じるでしょう。

ぎりぎりまで切り詰めた生活を送っているなら「外食なんて言語道断」と思うはず。

外食をするとバチが当たると思っている人もいるかもしれません。

しかし、本当にお金が原因なのでしょうか。

いいえ、違います。

お金がないというのは、都合のいい言い訳にすぎません。

では、本当の理由は何か。

勇気がないのです。

外食ができない本当の理由は、勇気がないこと

外食ができない本当の理由は、お金がないことではなく、勇気がないことです。

外食は、お金がなくても勇気さえあれば、簡単にできます。

臆病な自分を奮い立たせてください。

ぐっと気合を入れて、レストランに入ろうではありませんか。

弱虫・臆病者のままでいたくないなら、勇気を出すことです。

私たちはもともと、食べるために仕事をしている

お金がないといってもゼロではないでしょう。

「ちょっと余裕がないね」という程度でしょう。

その日暮らしの状態なら別ですが、そうでなければ大丈夫です。

お金を使っても、後から稼げばいいだけです。

私たちはもともと、食べるために仕事をしています。

夢や成長のために仕事をしている人もいるでしょうが、最初の目的としては食べるために仕事をしているはずです。

仕事で稼いだお金でおいしいものを食べるのは当然の行為であり、本来の目的を果たしていることになります。

何も悪いことではありません。

外食をしてもバチは当たりません。

勝手に悪い妄想を膨らませて、罪悪感に悩まないでください。

お金は、あります

貯金ばかりしていても仕方ありません。

お金は使わないと意味がありません。

「外食しようかな、どうしようかな」とためらうのではありません。

「稼いだお金でおいしいものを食べる!」と堂々としましょう。

いま一度、自分を奮い立たせ、勇気を出してください。

お金は、あります。

お金がないと感じるのは幻想です。

勇気さえあれば、あなたは今すぐ外食ができます。

外食を無駄遣いと思わないでください。

食べることは生きることです。

「パワーの充電」「心の充電」「健康への投資」であり、価値のある行為です。

未来につながることなのですから、ポジティブに考え、しっかり楽しみましょう。

勇気を出せば、あなたは動けます。

心に火をつけ、一歩踏み出してください。

勇気があれば、外食ができるのです。

食の可能性を広げる言葉(16)
  • 勇気を出して、外食を楽しむ。
大成功をしたら、外食しよう。
大失敗をしたときも、外食しよう。

食の可能性を広げる30の言葉
食の可能性を広げる30の言葉

  1. 食の可能性を広げるパワーフレーズ。<br>「今日も1日おいしく食べよう」
    食の可能性を広げるパワーフレーズ。
    「今日も1日おいしく食べよう」
  2. 食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
    食べたことがないものを見つけたら、とりあえず食べてみよう。
  3. 安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
    安いネタだからといって、食べ方・味わい方が適当になっていないか。
  4. 最近「食の話題」を楽しんでいますか。
    最近「食の話題」を楽しんでいますか。
  5. 食欲の季節を、秋に限定しない。
    食欲の季節を、秋に限定しない。
  6. プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
    プレゼンの様子を客観的にチェックするなら、食事の様子を客観的にチェックすることもあっていいはずだ。
  7. 食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
    食の可能性は、デパートの試食コーナーにある。
  8. どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
    どんなに素晴らしい料理も、ぼろぼろの食器では台無し。
  9. ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
    ミーハーな人を否定することは、食の可能性の制限につながる。
  10. 仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
    仕事ができる人は、必ずいい食事を取っている。
  11. 「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
    「ゆっくり食べる」と「だらだら食べる」は、似て非なるもの。
  12. 目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。<br>食事にも同じことがいえる。
    目の前に集中する習慣は、仕事や勉強に限ったことではない。
    食事にも同じことがいえる。
  13. スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
    スランプから抜け出したいなら、きちんと食事を取ること。
  14. あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
    あなたは自分の大好物を、きちんと把握できていますか。
  15. お金持ちだからゆっくり食べるのではない。<br>ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
    お金持ちだからゆっくり食べるのではない。
    ゆっくり食べるからお金持ちになるのだ。
  16. 外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
    外食ができないのは、お金がないのではなく、勇気がないだけ。
  17. 大成功をしたら、外食しよう。<br>大失敗をしたときも、外食しよう。
    大成功をしたら、外食しよう。
    大失敗をしたときも、外食しよう。
  18. 腹が立ったら食事のことを考えよう。<br>あっという間に落ち着く。
    腹が立ったら食事のことを考えよう。
    あっという間に落ち着く。
  19. 食費を削っても、削りすぎるな。
    食費を削っても、削りすぎるな。
  20. 一目惚れをしている自分に気づいてください。
    一目惚れをしている自分に気づいてください。
  21. 「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
    「落としたあめは捨てるしかない」と考えていないか。
  22. 普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
    普段食べないような高級菓子を贈ると、普段食べないような高級菓子を贈られる。
  23. ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
    ダイエットには、スローテンポの音楽が効果的。
  24. 食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
    食の可能性は「おいしくもないがまずくもない」という食べ物にある。
  25. 食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
    食べすぎた罪悪感は、運動で晴らそう。
  26. 食わず嫌いは、食の機会損失。<br>食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
    食わず嫌いは、食の機会損失。
    食べたこともないのに「食べられない」と決めつけない。
  27. 「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
    「おなかがすいた」と言う人は、そう言うことで空腹感を紛らわせようとしている。
  28. 言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
    言葉を失うほどおいしいものを食べた経験はあるか。
  29. 何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
    何でもないときに豪華な外食をするのも、1つのライフスタイル。
  30. 今日の食事のことを日記に書こう。<br>日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。
    今日の食事のことを日記に書こう。
    日々の食事も、素晴らしい日記ネタ。

同じカテゴリーの作品

4:07

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION