いつもご機嫌でいるための
30の方法

17
9

目の前にあることを楽しむ習慣は、
ご機嫌になる習慣。

目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。 | いつもご機嫌でいるための30の方法

ご機嫌になるために心がけたい習慣があります。

それは「目の前にあることを楽しむ習慣」です。

目の前にあることを無視して、ほかのところに注意を向けていませんか。

それはよくありません。

無視も目移りも、人生に対するマナー違反です。

ほかのところに注意が向いていると、目の前のことがおろそかになります。

どんなに楽しいことも、注意がそれると、楽しみが半減します。

どんなに素晴らしいことも、無視すれば、ないも同然になります。

目の前にあることを無視して、ほかのことに注意を向けるのは、浮気と同じです。

人生に対する浮気行為は、罪深いこと。

人生は怒って、あなたから運やチャンスを奪っていくでしょう。

注意がほかのところに向いているかぎり、本当に現実を楽しむことはできないのです。

目の前にあることを、しっかり楽しむ

まず目の前にあることを楽しみましょう。

ただ集中するのではなく、集中しつつ楽しむことがポイントです。

目の前にあることこそ、今あなたが最も集中して取り組むべき存在です。

目の前にあるのが物でも人でも仕事でも何でも、心がけは同じです。

「目の前にあるだけ」と思うかもしれませんが、軽く考えるのはよくありません。

それは運命の出会いです。

運命の出会いですから、しっかり集中して、思いきり楽しむのがマナーです。

目の前に仕事があれば、与えられた任務を楽しみます。

目の前に友人がいれば、コミュニケーションを楽しみます。

レストランで目の前に料理が運ばれてきたら、味わうことを楽しみます。

目の前にあることに楽しめば、集中力を発揮できるため、その可能性をしっかり引き出せるようになります。

120パーセント、150パーセント、時には200パーセントを引き出せることもあります。

たとえ嫌いだったり興味関心がなかったりしても、目の前にあるからには楽しむのがマナーです。

時間を忘れるくらい楽しむことに集中すれば、必ずご機嫌になれます。

当たり前のことです。

当たり前のことですが、おろそかになっている人が少なくありません。

「自分はできている」と思っている人でも、油断は禁物です。

思い込みかもしれません。

できていると言う人に限って、意外とできていないパターンが少なくありません。

目の前のことに集中しましょう。

全神経を研ぎ澄ませ、全力を注ぎましょう。

そして存分に楽しみましょう。

目の前にあることを楽しむ習慣があれば、必ずあなたはご機嫌になれます。

いつもご機嫌でいるための方法(17)
  • 目の前にあることを楽しむ。
ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。

いつもご機嫌でいるための30の方法
いつもご機嫌でいるための30の方法

  1. ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。
    ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。
  2. 余計な我慢は不機嫌の原因になる。<br>できるだけ我慢をなくしていこう。
    余計な我慢は不機嫌の原因になる。
    できるだけ我慢をなくしていこう。
  3. 朝目覚めたら、こう祈ろう。<br>「今日もいい1日になりますように」
    朝目覚めたら、こう祈ろう。
    「今日もいい1日になりますように」
  4. いいことが起こるのを待つのではない。<br>自分からいいことを起こして、ご機嫌になる。
    いいことが起こるのを待つのではない。
    自分からいいことを起こして、ご機嫌になる。
  5. 1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。
    1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。
  6. ご機嫌だから、にこにこするのではない。<br>にこにこするから、ご機嫌になる。
    ご機嫌だから、にこにこするのではない。
    にこにこするから、ご機嫌になる。
  7. 「自分らしさ」は、ご機嫌になるための必須条件。
    「自分らしさ」は、ご機嫌になるための必須条件。
  8. ご機嫌になるためのキーワードは「好きなこと」。
    ご機嫌になるためのキーワードは「好きなこと」。
  9. ご機嫌になるパターンは人それぞれ。<br>自分がご機嫌になるパターンを見つけ出そう。
    ご機嫌になるパターンは人それぞれ。
    自分がご機嫌になるパターンを見つけ出そう。
  10. ご機嫌な人と不機嫌な人の違いは、視野の広さ。
    ご機嫌な人と不機嫌な人の違いは、視野の広さ。
  11. ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。<br>おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。
    ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。
    おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。
  12. リズムが乱れていると、不機嫌になる。<br>リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。
    リズムが乱れていると、不機嫌になる。
    リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。
  13. 「すてき」「素晴らしい」を口癖にすると、すてきで素晴らしい人になる。
    「すてき」「素晴らしい」を口癖にすると、すてきで素晴らしい人になる。
  14. ご機嫌になるから褒めるのではない。<br>褒めるからご機嫌になる。
    ご機嫌になるから褒めるのではない。
    褒めるからご機嫌になる。
  15. スピード感を意識しよう。<br>てきぱき動くと、ご機嫌のスイッチが入る。
    スピード感を意識しよう。
    てきぱき動くと、ご機嫌のスイッチが入る。
  16. 楽しいことを見つけるのではない。<br>何でも楽しめる能力を身につけるのだ。
    楽しいことを見つけるのではない。
    何でも楽しめる能力を身につけるのだ。
  17. 目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。
    目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。
  18. ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。
    ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。
  19. 心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。<br>「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。
    心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。
    「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。
  20. きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。<br>体が喜ぶから、ご機嫌になれる。
    きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。
    体が喜ぶから、ご機嫌になれる。
  21. ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。<br>直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。
    ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。
    直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。
  22. 特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。<br>いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。
    特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。
    いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。
  23. あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。
    あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。
  24. 不機嫌な人とは距離を置く。<br>ご機嫌な人と関わる。
    不機嫌な人とは距離を置く。
    ご機嫌な人と関わる。
  25. 運が悪いときも、にこにこしよう。<br>笑顔になっていると、運気が舞い戻ってくる。
    運が悪いときも、にこにこしよう。
    笑顔になっていると、運気が舞い戻ってくる。
  26. 「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる言葉。
    「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる言葉。
  27. 「ご機嫌日記」を書くと、ご機嫌力がパワーアップする。
    「ご機嫌日記」を書くと、ご機嫌力がパワーアップする。
  28. むしゃくしゃしたら、大声で歌いに行こう。<br>単純なことで気分が変わる。
    むしゃくしゃしたら、大声で歌いに行こう。
    単純なことで気分が変わる。
  29. 「人生の終わり」と感じるトラブルがあっても、人生は終わらない。<br>「何とかなる」と考えれば、あっさり乗り越えられる。
    「人生の終わり」と感じるトラブルがあっても、人生は終わらない。
    「何とかなる」と考えれば、あっさり乗り越えられる。
  30. あなたがご機嫌でいることは、世のため人のためになる。
    あなたがご機嫌でいることは、世のため人のためになる。

同じカテゴリーの作品

3:30

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION