生き方

幸せのタネをまく
30の方法

3
12

自分の機嫌は、
自分でとる。

自分の機嫌は、自分でとる。 | 幸せのタネをまく30の方法

元気が出ないときは、自分で自分の機嫌をとろう

 

「誰かに機嫌をとってもらいたい」と思うときがあります。

なかなか元気が出ないときは、誰かに嬉しいことを言われ、明るい気持ちにさせてもらいたいもの。

嘘でもお世辞でもいいから嬉しいことを言われると、暗い気持ちが吹き飛んで、ぱっと明るい気持ちになるでしょう。

「誰か私の機嫌をとって!」と待っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、ここで意識を変えたい。

待つ必要はないのです。

受け身の姿勢は悪い癖です。

自分の機嫌は、自分でとりましょう。

 

自分で自分の機嫌をとることも、自己管理の1つ

 

「自分で自分の機嫌をとるのはおかしいのではないか」

それは思い込みです。

常識にとらわれる必要はなし。

自分で自分の機嫌をとってはいけないというルールはありません。

自分の努力や頑張りは、自分が一番よく知っています。

「自分で自分の機嫌をとる」ということは「自分で自分を元気にする」ということです。

自分で自分を元気にするのは、変なことでも悪いことでもなく、ごく普通のことです。

自分で自分の機嫌をとることも、自己管理の1つです。

罪悪感も自己嫌悪も不要なのです。

 

自分に大げさなお世辞を言おう

 

ためらうことなく、自分で自分の機嫌をとりましょう。

「自分はダメ人間だ」と思っても、何か1つくらい取り柄があるはずです。

一人旅をした経験があるなら、こう考えましょう。

「一人旅をした経験がある。あらためて考えるとすごいことだよね」

健康な体しか取り柄がないなら、こう考えましょう。

「健康な体があるから、まだまだ可能性はたっぷりあるよね」

毎日自宅と会社の往復でうんざりしているなら、次の言葉はいかがでしょうか。

「真面目に仕事を頑張っているよね。もうすぐいいことがあるはず!」

自分で自分に明るい言葉をかけて機嫌をとりましょう。

少しくらい大げさな表現でもいいのです。

自分で自分に言うお世辞ですから、大げさなお世辞でも大丈夫です。

「うふふ」と笑みを浮かべるのもよし。

変な人と思われる心配はありません。

頭の中で思っていることなので、誰かに迷惑をかける心配はありません。

 

 

自分で自分の機嫌をとるには、自分の理解を深めることにも役立つ

 

一言で足りないなら、二言でも三言でも、あれこれ自分の機嫌をとってください。

自分で自分の機嫌をとるには、さまざまな視点から自分を客観視する必要があるため、自分の理解を深めることにも役立ちます。

「自分にはこんな取り柄があったのだね」とわかれば、自信につながります。

また、自分で自分の機嫌をとっているうちに観察力と表現力が磨かれ、人を褒めるのも上手になります。

幸せのタネをまく方法(12)
  • 自分で自分の機嫌をとって、元気を出す。
これからの自分に期待しよう。
期待するから、人生をわくわく生きられる。

もくじ
幸せのタネをまく30の方法
自分の機嫌は、自分でとる。 | 幸せのタネをまく30の方法

  1. ためらうことなく幸せになろう。<br>あなたが幸せになることは、社会貢献になる。
    ためらうことなく幸せになろう。
    あなたが幸せになることは、社会貢献になる。
  2. 私たちは、人生を楽しむ勉強が不足している。
    私たちは、人生を楽しむ勉強が不足している。
  3. 大好物をもっとおいしく食べるおまじない。<br>「大好物を食べることができて幸せ!」
    大好物をもっとおいしく食べるおまじない。
    「大好物を食べることができて幸せ!」
  4. 高価なプレゼントをもらったとき、そのまま放置していませんか。
    高価なプレゼントをもらったとき、そのまま放置していませんか。
  5. 嫌なものや汚いものは見なければいい。<br>これだけで心はずいぶん安定する。
    嫌なものや汚いものは見なければいい。
    これだけで心はずいぶん安定する。
  6. 誕生日を覚えているだけでも、祝ったことになる。<br>祝いの言葉も、れっきとしたプレゼントの1つ。
    誕生日を覚えているだけでも、祝ったことになる。
    祝いの言葉も、れっきとしたプレゼントの1つ。
  7. リズムは、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
    リズムは、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
  8. 体の成長には限界がある。<br>心の成長には限界がない。
    体の成長には限界がある。
    心の成長には限界がない。
  9. 「怒らない人になる」と誓いを立てることで、理性のレベルがワンランク上がる。
    「怒らない人になる」と誓いを立てることで、理性のレベルがワンランク上がる。
  10. スマートに自慢をする方法は「相手からの許可」にある。
    スマートに自慢をする方法は「相手からの許可」にある。
  11. うっかり同じ本を買ってしまったら、プレゼントのチャンスができたということ。
    うっかり同じ本を買ってしまったら、プレゼントのチャンスができたということ。
  12. 自分の機嫌は、自分でとる。
    自分の機嫌は、自分でとる。
  13. これからの自分に期待しよう。<br>期待するから、人生をわくわく生きられる。
    これからの自分に期待しよう。
    期待するから、人生をわくわく生きられる。
  14. 好きなことをするために、大切なことを犠牲にする必要はない。
    好きなことをするために、大切なことを犠牲にする必要はない。
  15. ないものを見る癖をやめろ。<br>あるものを見る癖をつけろ。
    ないものを見る癖をやめろ。
    あるものを見る癖をつけろ。
  16. 身に起こる不幸は、幸せのタネ。
    身に起こる不幸は、幸せのタネ。
  17. 立派な人にならなくていい。<br>普通の人になれれば十分。
    立派な人にならなくていい。
    普通の人になれれば十分。
  18. いいことがあったら、人に話そう。<br>その人にとって「いいこと」になる。
    いいことがあったら、人に話そう。
    その人にとって「いいこと」になる。
  19. けなす人は、いずれけなされるようになる。<br>認める人は、いずれ認められるようになる。
    けなす人は、いずれけなされるようになる。
    認める人は、いずれ認められるようになる。
  20. 連れの急なキャンセルは、1人で行動するチャンス。
    連れの急なキャンセルは、1人で行動するチャンス。
  21. 興味のある情報を探すのではない。<br>興味と結びつける力をつけるのだ。
    興味のある情報を探すのではない。
    興味と結びつける力をつけるのだ。
  22. 挨拶を返してくれないときむっとする、本当の理由とは。
    挨拶を返してくれないときむっとする、本当の理由とは。
  23. 目的のない人生が悪いとは限らない。<br>目的のない人生には「自由」がある。
    目的のない人生が悪いとは限らない。
    目的のない人生には「自由」がある。
  24. 余裕のない人は「これが最後」という言い方をする。<br>余裕のある人は「次がある」という言い方をする。
    余裕のない人は「これが最後」という言い方をする。
    余裕のある人は「次がある」という言い方をする。
  25. 念じただけで、相手の幸せを願ったことになる。
    念じただけで、相手の幸せを願ったことになる。
  26. 人のために何かをすることで、生きる力が得られる。
    人のために何かをすることで、生きる力が得られる。
  27. プレゼントは、贈る側も主役。<br>贈る喜びは、もらう喜びと同じくらい大きい。
    プレゼントは、贈る側も主役。
    贈る喜びは、もらう喜びと同じくらい大きい。
  28. 収納は、心を映し出した鏡。<br>余裕のある人になりたいなら「詰め込む癖」をやめること。
    収納は、心を映し出した鏡。
    余裕のある人になりたいなら「詰め込む癖」をやめること。
  29. 意外な日にもらう意外なプレゼントほど、嬉しいプレゼントはない。
    意外な日にもらう意外なプレゼントほど、嬉しいプレゼントはない。
  30. 人生で大切なのは、独占より共有。
    人生で大切なのは、独占より共有。

同じカテゴリーの作品