いつもご機嫌でいるための
30の方法

5
3

1日の始まりに誰かを褒めると、
ご機嫌な1日が始まる。

1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。 | いつもご機嫌でいるための30の方法

ご機嫌な1日を始めるのはどうすればいいのでしょうか。

最初に思い浮かぶものといえば「挨拶」ではないでしょうか。

挨拶は人間関係の潤滑油です。

もちろん挨拶も効果的ですが「ご機嫌な1日」にしたいなら、さらに心がけたいポイントがあります。

1日の始まりに誰かを褒めよう

1日の始まりに誰かを褒めましょう。

褒める相手は誰でもかまいません。

友人でも知り合いでもかまいません。

近所のおじさん・おばさんでもかまいません。

もちろん行きつけのお店の店員さんでもOKです。

褒められると、誰でも嬉しく感じるもの。

自分を認められたと感じるので、笑顔になります。

相手の服装・髪型・持ち物などに注目してください。

相手の外見にきちんと注意を向け、褒められるところはないか探してみましょう。

普段と同じように感じても、何か1つくらい褒められるところが見つかるでしょう。

ちょっとした変化に気づけば、間を置かず、すぐ褒めることです。

「おはよう。今日も元気そうですね」

「おはよう。今日のネクタイが決まってるね」

「おはよう。今日のバッグは初めて見るね」

すると、相手はぱっと笑顔になってくれるでしょう。

小さなことでいいのです。

小さなことだからこそ、褒める価値があります。

「よくぞ気づいてくれましたね」と言わんばかりのリアクションを返してくれるでしょう。

「そんなところまで見てくれているのだね」と相手は驚き、喜んでくれ、自然と話の輪が広がっていきます。

相手がハッピーになってもらうことで、自分もハッピーになる

意識するのもいいですが、普段の習慣にしておくといいでしょう。

「挨拶と一緒に何かを褒める」という習慣を身につけましょう。

「挨拶すること」と「褒めること」をセットにしておくと、無意識のうちにできるようになります。

毎日ご機嫌な1日を始めることができるのです。

毎日の習慣にすることで、あなたの観察力もアップします。

相手がハッピーになってもらうことで、自分もハッピーになります。

だから「ご機嫌」なのです。

お互いが幸せな気持ちに包まれるなんて、なんて素晴らしいことなのでしょう。

晴れ晴れとした気持ちになって、心の中で音符マークが踊り始めます。

1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まるのです。

いつもご機嫌でいるための方法(5)
  • ご機嫌な1日を始めたいなら、1日の始まりに誰かを褒める。
ご機嫌だから、にこにこするのではない。
にこにこするから、ご機嫌になる。

いつもご機嫌でいるための30の方法
いつもご機嫌でいるための30の方法

  1. ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。
    ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。
  2. 余計な我慢は不機嫌の原因になる。<br>できるだけ我慢をなくしていこう。
    余計な我慢は不機嫌の原因になる。
    できるだけ我慢をなくしていこう。
  3. 朝目覚めたら、こう祈ろう。<br>「今日もいい1日になりますように」
    朝目覚めたら、こう祈ろう。
    「今日もいい1日になりますように」
  4. いいことが起こるのを待つのではない。<br>自分からいいことを起こして、ご機嫌になる。
    いいことが起こるのを待つのではない。
    自分からいいことを起こして、ご機嫌になる。
  5. 1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。
    1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。
  6. ご機嫌だから、にこにこするのではない。<br>にこにこするから、ご機嫌になる。
    ご機嫌だから、にこにこするのではない。
    にこにこするから、ご機嫌になる。
  7. 「自分らしさ」は、ご機嫌になるための必須条件。
    「自分らしさ」は、ご機嫌になるための必須条件。
  8. ご機嫌になるためのキーワードは「好きなこと」。
    ご機嫌になるためのキーワードは「好きなこと」。
  9. ご機嫌になるパターンは人それぞれ。<br>自分がご機嫌になるパターンを見つけ出そう。
    ご機嫌になるパターンは人それぞれ。
    自分がご機嫌になるパターンを見つけ出そう。
  10. ご機嫌な人と不機嫌な人の違いは、視野の広さ。
    ご機嫌な人と不機嫌な人の違いは、視野の広さ。
  11. ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。<br>おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。
    ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。
    おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。
  12. リズムが乱れていると、不機嫌になる。<br>リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。
    リズムが乱れていると、不機嫌になる。
    リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。
  13. 「すてき」「素晴らしい」を口癖にすると、すてきで素晴らしい人になる。
    「すてき」「素晴らしい」を口癖にすると、すてきで素晴らしい人になる。
  14. ご機嫌になるから褒めるのではない。<br>褒めるからご機嫌になる。
    ご機嫌になるから褒めるのではない。
    褒めるからご機嫌になる。
  15. スピード感を意識しよう。<br>てきぱき動くと、ご機嫌のスイッチが入る。
    スピード感を意識しよう。
    てきぱき動くと、ご機嫌のスイッチが入る。
  16. 楽しいことを見つけるのではない。<br>何でも楽しめる能力を身につけるのだ。
    楽しいことを見つけるのではない。
    何でも楽しめる能力を身につけるのだ。
  17. 目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。
    目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。
  18. ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。
    ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。
  19. 心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。<br>「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。
    心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。
    「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。
  20. きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。<br>体が喜ぶから、ご機嫌になれる。
    きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。
    体が喜ぶから、ご機嫌になれる。
  21. ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。<br>直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。
    ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。
    直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。
  22. 特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。<br>いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。
    特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。
    いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。
  23. あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。
    あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。
  24. 不機嫌な人とは距離を置く。<br>ご機嫌な人と関わる。
    不機嫌な人とは距離を置く。
    ご機嫌な人と関わる。
  25. 運が悪いときも、にこにこしよう。<br>笑顔になっていると、運気が舞い戻ってくる。
    運が悪いときも、にこにこしよう。
    笑顔になっていると、運気が舞い戻ってくる。
  26. 「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる言葉。
    「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる言葉。
  27. 「ご機嫌日記」を書くと、ご機嫌力がパワーアップする。
    「ご機嫌日記」を書くと、ご機嫌力がパワーアップする。
  28. むしゃくしゃしたら、大声で歌いに行こう。<br>単純なことで気分が変わる。
    むしゃくしゃしたら、大声で歌いに行こう。
    単純なことで気分が変わる。
  29. 「人生の終わり」と感じるトラブルがあっても、人生は終わらない。<br>「何とかなる」と考えれば、あっさり乗り越えられる。
    「人生の終わり」と感じるトラブルがあっても、人生は終わらない。
    「何とかなる」と考えれば、あっさり乗り越えられる。
  30. あなたがご機嫌でいることは、世のため人のためになる。
    あなたがご機嫌でいることは、世のため人のためになる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION