いつもご機嫌でいるための
30の方法

18
3

ご機嫌体質の人は、
普段からよく
「ありがとう」と言っている。

ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。 | いつもご機嫌でいるための30の方法

ご機嫌になるために大切にしたい言葉があります。

「ありがとう」です。

人間関係の基本的な言葉ですが、ご機嫌になるためにも欠かせない言葉です。

なぜ「ありがとう」とお礼を言うことが、ご機嫌につながるのか。

「ありがとう」と声に出すことで「いいことがあった」と認識することになります。

心の中で温かい気持ちが広がり、自分の中で小さな幸福感が芽生えます。

そのため普段からよく「ありがとう」と言っている人は、いいことを認識する機会が増えるため、ご機嫌になりやすいのです。

好意や親切があれば、素直に「ありがとう」とお礼を言おう

あなたは好意や親切があったとき、きちんと「ありがとう」と言っていますか。

好意や親切があったとき、無言のままだったり無反応だったりするのはよくありません。

好意や親切があれば、素直に「ありがとう」とお礼を言うことです。

特別なことでなくても、普通のことにもお礼を言いましょう。

大きなことだけでなく、小さなことにもお礼を言いましょう。

心の中で思うだけでは不十分であり、きちんと声に出すことが大切です。

ありがとうと言おうか迷ったら、きちんと言うのが正解です。

ありがとうと言わなくてトラブルになることはあっても、言いすぎてトラブルになることはありません。

いつもご機嫌な人は、普段から「ありがとう」とお礼を言っています。

小さなことでも、すぐ感謝して、相手を笑顔にしています。

「そんなことまでお礼を言わなくていいのに」と思うことでも、きちんと丁寧にお礼を言います。

そのため、いつもご機嫌でいられるのです。

「ありがとう」が口癖の人は、ご機嫌体質になる

1日最低でも10回は「ありがとう」と言いたい。

「そんなに言う機会はない」と思っているのは、誤った思い込みです。

細かく日常に注意を向ければ、お礼を言える場面はたくさん存在しています。

レジで品物を受け取るとき「ありがとう」と言えるでしょう。

お店に入って陳列された商品を見て回った後、お店から出るときも「ありがとう」とお礼を言えるでしょう。

人から物を借りるときに「ありがとう」とお礼を言い、返すときも「ありがとう」とお礼を言います。

「ありがとう」は、基本的な感謝の言葉ですが、これほど大切な言葉はありません。

お互いにとって嬉しい言葉なのですから、遠慮せず、どんどん言うことです。

「ありがとう」が口癖の人は、ご機嫌体質になります。

いつもご機嫌でいるための方法(18)
  • 普段からよく「ありがとう」と言うようにする。
心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。
「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。

いつもご機嫌でいるための30の方法
いつもご機嫌でいるための30の方法

  1. ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。
    ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。
  2. 余計な我慢は不機嫌の原因になる。<br>できるだけ我慢をなくしていこう。
    余計な我慢は不機嫌の原因になる。
    できるだけ我慢をなくしていこう。
  3. 朝目覚めたら、こう祈ろう。<br>「今日もいい1日になりますように」
    朝目覚めたら、こう祈ろう。
    「今日もいい1日になりますように」
  4. いいことが起こるのを待つのではない。<br>自分からいいことを起こして、ご機嫌になる。
    いいことが起こるのを待つのではない。
    自分からいいことを起こして、ご機嫌になる。
  5. 1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。
    1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。
  6. ご機嫌だから、にこにこするのではない。<br>にこにこするから、ご機嫌になる。
    ご機嫌だから、にこにこするのではない。
    にこにこするから、ご機嫌になる。
  7. 「自分らしさ」は、ご機嫌になるための必須条件。
    「自分らしさ」は、ご機嫌になるための必須条件。
  8. ご機嫌になるためのキーワードは「好きなこと」。
    ご機嫌になるためのキーワードは「好きなこと」。
  9. ご機嫌になるパターンは人それぞれ。<br>自分がご機嫌になるパターンを見つけ出そう。
    ご機嫌になるパターンは人それぞれ。
    自分がご機嫌になるパターンを見つけ出そう。
  10. ご機嫌な人と不機嫌な人の違いは、視野の広さ。
    ご機嫌な人と不機嫌な人の違いは、視野の広さ。
  11. ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。<br>おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。
    ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。
    おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。
  12. リズムが乱れていると、不機嫌になる。<br>リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。
    リズムが乱れていると、不機嫌になる。
    リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。
  13. 「すてき」「素晴らしい」を口癖にすると、すてきで素晴らしい人になる。
    「すてき」「素晴らしい」を口癖にすると、すてきで素晴らしい人になる。
  14. ご機嫌になるから褒めるのではない。<br>褒めるからご機嫌になる。
    ご機嫌になるから褒めるのではない。
    褒めるからご機嫌になる。
  15. スピード感を意識しよう。<br>てきぱき動くと、ご機嫌のスイッチが入る。
    スピード感を意識しよう。
    てきぱき動くと、ご機嫌のスイッチが入る。
  16. 楽しいことを見つけるのではない。<br>何でも楽しめる能力を身につけるのだ。
    楽しいことを見つけるのではない。
    何でも楽しめる能力を身につけるのだ。
  17. 目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。
    目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。
  18. ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。
    ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。
  19. 心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。<br>「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。
    心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。
    「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。
  20. きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。<br>体が喜ぶから、ご機嫌になれる。
    きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。
    体が喜ぶから、ご機嫌になれる。
  21. ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。<br>直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。
    ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。
    直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。
  22. 特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。<br>いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。
    特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。
    いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。
  23. あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。
    あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。
  24. 不機嫌な人とは距離を置く。<br>ご機嫌な人と関わる。
    不機嫌な人とは距離を置く。
    ご機嫌な人と関わる。
  25. 運が悪いときも、にこにこしよう。<br>笑顔になっていると、運気が舞い戻ってくる。
    運が悪いときも、にこにこしよう。
    笑顔になっていると、運気が舞い戻ってくる。
  26. 「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる言葉。
    「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる言葉。
  27. 「ご機嫌日記」を書くと、ご機嫌力がパワーアップする。
    「ご機嫌日記」を書くと、ご機嫌力がパワーアップする。
  28. むしゃくしゃしたら、大声で歌いに行こう。<br>単純なことで気分が変わる。
    むしゃくしゃしたら、大声で歌いに行こう。
    単純なことで気分が変わる。
  29. 「人生の終わり」と感じるトラブルがあっても、人生は終わらない。<br>「何とかなる」と考えれば、あっさり乗り越えられる。
    「人生の終わり」と感じるトラブルがあっても、人生は終わらない。
    「何とかなる」と考えれば、あっさり乗り越えられる。
  30. あなたがご機嫌でいることは、世のため人のためになる。
    あなたがご機嫌でいることは、世のため人のためになる。

同じカテゴリーの作品

3:25

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION