いつもご機嫌でいるための
30の方法

11
4

ご機嫌になりたいなら、
おいしいものを食べよう。
おいしい食べ物は、
元気の源であり、
幸せの源。

ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。 | いつもご機嫌でいるための30の方法

空腹でご機嫌になるのは難しい

空腹のとき、自然と不機嫌になったことはありませんか。

特別嫌な出来事があったわけでもないのに、おなかがすいているだけで、いらいらしてくる。

空腹だと、元気が出ません。

元気が出ないと、ポジティブにもなれません。

空腹でご機嫌になるのは難しい。

ここにご機嫌になるヒントが隠されています。

ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう

ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べましょう。

食欲は、本能の1つです。

おいしいものを食べれば、心と食欲が満たされます。

エネルギーが充電されることで、パワーも出るようになります。

ご機嫌になりたいなら、心と食欲を満たすことです。

おいしいものを食べて心と食欲を満たせば、まさしく最高です。

おいしいものには、人を幸せにする力があります。

おいしいものを食べるだけで心に幸福感が広がり、ポジティブになれます。

食べることは、人類共通の幸せ

「簡単だな」「単純だな」と思ったあなた。

そうです、簡単で単純な話です。

ご機嫌になるのは、とても簡単で単純なこと。

人間は単純な生き物ですから、おいしいものを食べると、単純に元気が出ます。

心と食欲が満たされると、心に火がつき、パワーが出るようになります。

心のベクトルが、マイナス方向からプラス方向に変わり、それだけでポジティブになれます。

だから、やる気も元気も出るようになる。

おいしいものを食べることは、人生における幸せの1つです。

本当においしいものを食べると「生きていてよかった!」と思えます。

心と食欲が満たされるだけでなく、精神的にも満たされ、今すぐご機嫌になれるのです。

自分が「おいしい」と感じるなら何でもOKです。

牛丼、カツ丼、親子丼など、丼物でもOK。

パスタ、ラーメン、焼きそばなど、麺類でもOK。

ケーキ、お菓子、アイスクリームといった、甘いものでもかまいません。

カロリーが心配なら、量を調整すればいいだけです。

たくさん食べる必要はありません。

あくまでおいしいものを食べることが重要なのですから、量は少なくても、十分ご機嫌になれます。

おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源

今すぐご機嫌になりたいなら、今すぐおいしいものを食べに行きましょう。

遠慮は必要ありません。

遠慮していると、ご機嫌になるチャンスを失います。

自分で作るのが面倒であれば、外食で決まりです。

たまには外食も悪くありません。

「お金でご機嫌を買っている」と思えば安いもの。

おいしいものを食べるから、心に余裕が生まれます。

さあ、さっそく今からおいしいものを食べに行きましょう。

おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源なのです。

いつもご機嫌でいるための方法(11)
  • おいしいものを食べて、ご機嫌になる。
リズムが乱れていると、不機嫌になる。
リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。

いつもご機嫌でいるための30の方法
いつもご機嫌でいるための30の方法

  1. ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。
    ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。
  2. 余計な我慢は不機嫌の原因になる。<br>できるだけ我慢をなくしていこう。
    余計な我慢は不機嫌の原因になる。
    できるだけ我慢をなくしていこう。
  3. 朝目覚めたら、こう祈ろう。<br>「今日もいい1日になりますように」
    朝目覚めたら、こう祈ろう。
    「今日もいい1日になりますように」
  4. いいことが起こるのを待つのではない。<br>自分からいいことを起こして、ご機嫌になる。
    いいことが起こるのを待つのではない。
    自分からいいことを起こして、ご機嫌になる。
  5. 1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。
    1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。
  6. ご機嫌だから、にこにこするのではない。<br>にこにこするから、ご機嫌になる。
    ご機嫌だから、にこにこするのではない。
    にこにこするから、ご機嫌になる。
  7. 「自分らしさ」は、ご機嫌になるための必須条件。
    「自分らしさ」は、ご機嫌になるための必須条件。
  8. ご機嫌になるためのキーワードは「好きなこと」。
    ご機嫌になるためのキーワードは「好きなこと」。
  9. ご機嫌になるパターンは人それぞれ。<br>自分がご機嫌になるパターンを見つけ出そう。
    ご機嫌になるパターンは人それぞれ。
    自分がご機嫌になるパターンを見つけ出そう。
  10. ご機嫌な人と不機嫌な人の違いは、視野の広さ。
    ご機嫌な人と不機嫌な人の違いは、視野の広さ。
  11. ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。<br>おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。
    ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。
    おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。
  12. リズムが乱れていると、不機嫌になる。<br>リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。
    リズムが乱れていると、不機嫌になる。
    リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。
  13. 「すてき」「素晴らしい」を口癖にすると、すてきで素晴らしい人になる。
    「すてき」「素晴らしい」を口癖にすると、すてきで素晴らしい人になる。
  14. ご機嫌になるから褒めるのではない。<br>褒めるからご機嫌になる。
    ご機嫌になるから褒めるのではない。
    褒めるからご機嫌になる。
  15. スピード感を意識しよう。<br>てきぱき動くと、ご機嫌のスイッチが入る。
    スピード感を意識しよう。
    てきぱき動くと、ご機嫌のスイッチが入る。
  16. 楽しいことを見つけるのではない。<br>何でも楽しめる能力を身につけるのだ。
    楽しいことを見つけるのではない。
    何でも楽しめる能力を身につけるのだ。
  17. 目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。
    目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。
  18. ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。
    ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。
  19. 心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。<br>「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。
    心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。
    「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。
  20. きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。<br>体が喜ぶから、ご機嫌になれる。
    きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。
    体が喜ぶから、ご機嫌になれる。
  21. ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。<br>直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。
    ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。
    直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。
  22. 特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。<br>いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。
    特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。
    いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。
  23. あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。
    あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。
  24. 不機嫌な人とは距離を置く。<br>ご機嫌な人と関わる。
    不機嫌な人とは距離を置く。
    ご機嫌な人と関わる。
  25. 運が悪いときも、にこにこしよう。<br>笑顔になっていると、運気が舞い戻ってくる。
    運が悪いときも、にこにこしよう。
    笑顔になっていると、運気が舞い戻ってくる。
  26. 「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる言葉。
    「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる言葉。
  27. 「ご機嫌日記」を書くと、ご機嫌力がパワーアップする。
    「ご機嫌日記」を書くと、ご機嫌力がパワーアップする。
  28. むしゃくしゃしたら、大声で歌いに行こう。<br>単純なことで気分が変わる。
    むしゃくしゃしたら、大声で歌いに行こう。
    単純なことで気分が変わる。
  29. 「人生の終わり」と感じるトラブルがあっても、人生は終わらない。<br>「何とかなる」と考えれば、あっさり乗り越えられる。
    「人生の終わり」と感じるトラブルがあっても、人生は終わらない。
    「何とかなる」と考えれば、あっさり乗り越えられる。
  30. あなたがご機嫌でいることは、世のため人のためになる。
    あなたがご機嫌でいることは、世のため人のためになる。

同じカテゴリーの作品

4:13

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION