いつもご機嫌でいるための
30の方法

1
7

ご機嫌になる基本は、
不機嫌になることを避けること。

ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。 | いつもご機嫌でいるための30の方法

ご機嫌になりたいなら、まず心がけたい基本があります。

ご機嫌になることではありません。

不機嫌になることを避けることです。

つまり「機嫌を良くするより悪くしない」ということです。

「気持ちを上げるより下げない」と言い換えてもいいでしょう。

不機嫌になるとは、いわば感情の落とし穴に落ちること。

いったん落とし穴に落ちて気分を害してしまうと、なかなか厄介です。

気持ちが回復するまでに時間や労力が必要になるため、苦労することになります。

たとえご機嫌な状態であっても、1つでも不機嫌なことがあれば、すべて台無しです。

一瞬で地獄に突き落とされます。

そのため順番としては、ご機嫌になることより、まず不機嫌を避けることから始めたほうが、感情が安定するため賢明と言えます。

自分が不機嫌になるパターンを見つけ出そう

自分の生活を振り返って、不機嫌になるのはどんなときか見つけ出してください。

「たまたま」「成り行き次第」とはいえ、完全に不規則というわけではないはずです。

じっくり生活を振り返ってみると、ある特定のパターンのとき、不機嫌になっているのではないでしょうか。

  • 嫌いな人と会ったとき
  • からいものを食べたとき
  • うるさい場所にいるとき
  • 飲みすぎて二日酔いになったとき
  • 満員電車に乗っているとき
  • 寝不足で疲れが残っているとき

嫌なことがあったときとは限りません。

悪いことではないものの「何だか嫌な気持ちになる」「自然とストレスを感じる」という状況もあるでしょう。

  • 節約をしすぎたとき
  • 仕事で忙しくて余裕がないとき
  • ダイエットの食事制限で空腹を感じているとき

「こういうとき不機嫌になる」あるいは「こんな状況のとき不機嫌になりやすい」というパターンがあるでしょう。

自分の感情の変化に注意を向けると、自分が不機嫌になるパターンを見つけやすくなります。

不機嫌になることを避けていこう

不機嫌になるパターンが見つかれば、意識的に避けていきましょう。

物事から逃げているように感じるかもしれませんが、消極的な姿勢ではありません。

不機嫌を避けることは、あくまで自分の感情を守るための、積極的なアクションです。

不機嫌になることを避けることができれば、ご機嫌になる条件を半分クリアしたも同然です。

不機嫌になることを避ければ、ひとまず気分が安定します。

ひとまず気分が安定することで、ご機嫌になる最低条件が整うのです。

いつもご機嫌でいるための方法(1)
  • 不機嫌になるパターンを見つけ出し、積極的に避ける。
余計な我慢は不機嫌の原因になる。
できるだけ我慢をなくしていこう。

いつもご機嫌でいるための30の方法
いつもご機嫌でいるための30の方法

  1. ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。
    ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。
  2. 余計な我慢は不機嫌の原因になる。<br>できるだけ我慢をなくしていこう。
    余計な我慢は不機嫌の原因になる。
    できるだけ我慢をなくしていこう。
  3. 朝目覚めたら、こう祈ろう。<br>「今日もいい1日になりますように」
    朝目覚めたら、こう祈ろう。
    「今日もいい1日になりますように」
  4. いいことが起こるのを待つのではない。<br>自分からいいことを起こして、ご機嫌になる。
    いいことが起こるのを待つのではない。
    自分からいいことを起こして、ご機嫌になる。
  5. 1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。
    1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。
  6. ご機嫌だから、にこにこするのではない。<br>にこにこするから、ご機嫌になる。
    ご機嫌だから、にこにこするのではない。
    にこにこするから、ご機嫌になる。
  7. 「自分らしさ」は、ご機嫌になるための必須条件。
    「自分らしさ」は、ご機嫌になるための必須条件。
  8. ご機嫌になるためのキーワードは「好きなこと」。
    ご機嫌になるためのキーワードは「好きなこと」。
  9. ご機嫌になるパターンは人それぞれ。<br>自分がご機嫌になるパターンを見つけ出そう。
    ご機嫌になるパターンは人それぞれ。
    自分がご機嫌になるパターンを見つけ出そう。
  10. ご機嫌な人と不機嫌な人の違いは、視野の広さ。
    ご機嫌な人と不機嫌な人の違いは、視野の広さ。
  11. ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。<br>おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。
    ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。
    おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。
  12. リズムが乱れていると、不機嫌になる。<br>リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。
    リズムが乱れていると、不機嫌になる。
    リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。
  13. 「すてき」「素晴らしい」を口癖にすると、すてきで素晴らしい人になる。
    「すてき」「素晴らしい」を口癖にすると、すてきで素晴らしい人になる。
  14. ご機嫌になるから褒めるのではない。<br>褒めるからご機嫌になる。
    ご機嫌になるから褒めるのではない。
    褒めるからご機嫌になる。
  15. スピード感を意識しよう。<br>てきぱき動くと、ご機嫌のスイッチが入る。
    スピード感を意識しよう。
    てきぱき動くと、ご機嫌のスイッチが入る。
  16. 楽しいことを見つけるのではない。<br>何でも楽しめる能力を身につけるのだ。
    楽しいことを見つけるのではない。
    何でも楽しめる能力を身につけるのだ。
  17. 目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。
    目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。
  18. ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。
    ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。
  19. 心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。<br>「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。
    心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。
    「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。
  20. きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。<br>体が喜ぶから、ご機嫌になれる。
    きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。
    体が喜ぶから、ご機嫌になれる。
  21. ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。<br>直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。
    ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。
    直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。
  22. 特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。<br>いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。
    特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。
    いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。
  23. あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。
    あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。
  24. 不機嫌な人とは距離を置く。<br>ご機嫌な人と関わる。
    不機嫌な人とは距離を置く。
    ご機嫌な人と関わる。
  25. 運が悪いときも、にこにこしよう。<br>笑顔になっていると、運気が舞い戻ってくる。
    運が悪いときも、にこにこしよう。
    笑顔になっていると、運気が舞い戻ってくる。
  26. 「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる言葉。
    「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる言葉。
  27. 「ご機嫌日記」を書くと、ご機嫌力がパワーアップする。
    「ご機嫌日記」を書くと、ご機嫌力がパワーアップする。
  28. むしゃくしゃしたら、大声で歌いに行こう。<br>単純なことで気分が変わる。
    むしゃくしゃしたら、大声で歌いに行こう。
    単純なことで気分が変わる。
  29. 「人生の終わり」と感じるトラブルがあっても、人生は終わらない。<br>「何とかなる」と考えれば、あっさり乗り越えられる。
    「人生の終わり」と感じるトラブルがあっても、人生は終わらない。
    「何とかなる」と考えれば、あっさり乗り越えられる。
  30. あなたがご機嫌でいることは、世のため人のためになる。
    あなたがご機嫌でいることは、世のため人のためになる。

同じカテゴリーの作品

3:27

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION