成功体質になる
30の方法

20
1

ときどき変化するから、
緊張する。
普段から変化すれば、
平気になる。

ときどき変化するから、緊張する。普段から変化すれば、平気になる。 | 成功体質になる30の方法

変化を恐れなくするためには

変化が怖い人は「必要の有無」で考える傾向があります。

「必要があれば、変化をする」

「必要がなければ、変化しない」

変化するかどうか、必要の有無で決めようとします。

もちろん悪いことではありません。

「仕事で"必要"なので、新しい本を買った」

「学校を卒業して、引っ越しが"必要"になった」

「歓送迎会を開く"必要"があって、新しいお店に入ることになった」

必要に応じて変化するのもいいですが、ここに落とし穴があります。

必要があるときだけ変化しようとするとどうなるか。

変化に弱くなってしまうのです。

変化が必要な機会は、そうそうあるものではありません。

自然と変化の頻度や回数が減ります。

いざ変化が必要になったとき、特別なことに感じます。

普段しないことなので、異常に緊張します。

体が震え、足がすくみ、おどおどしてしまいます。

たまに変化しようとするから「怖い」「恐ろしい」と思います。

小さな変化でも、大きな事件に感じます。

「必要がないから変化もしない」という考え方には注意が必要です。

普段から変化していないと、だんだん心が硬直していきます。

いざというときスムーズに変化できないのです。

必要なくても変化する

大切なことがあります。

必要があったときだけ変化するのではありません。

必要がなくても変化しましょう。

変化は、ときどきするものではなく、毎日するものです。

普段から変化を繰り返し、習慣にしましょう。

大きな変化である必要はありません。

小さな変化でいいのです。

昨日とは違うことに取り組むだけでOK。

昨日とは違うことなら、小さなことでも変化は変化です。

1ミリでも変われば、変化したことになります。

  • 新しい本を買って読んでみる
  • いつもとは違った散歩道を歩いてみる
  • 初めてのレストランに入ってみる
  • 食べたことのない料理を食べてみる
  • 知らない人に話しかけてみる
  • 新しい仕事に挑戦してみる
  • ルーチンワークに新しい改善を加えてみる

どれも簡単なことですね。

変化をすることで、時には損することもあるでしょう。

「こんなはずではなかった」

「思っていたのと違っていた」

「今回は失敗だったね」

残念な結果で終わることもあるでしょうが、落ち込むことはありません。

少なくとも「変化すること」ができました。

新鮮な刺激が得られ、勇気や度胸を鍛えるきっかけにもなりました。

残念な結果で終わっても、得られたことがあるのですから無意味ではありません。

変化のシャワーを浴びて、変化のあふれる日常にしよう

ときどき変化するのではありません。

毎日変化しましょう。

必要があってもなくても変化しましょう。

1日につき最低でも1つは何か変化したい。

毎日変化すれば、変化をするのが当たり前の習慣になります。

習慣になれば、怖いものなしです。

変化に対する免疫力がつくことで、物事に動じなくなり、行動力がつきます。

不慣れに対する動揺が減って、不安や恐怖に慣れて、変化に強くなるのです。

結局のところ「慣れ」です。

ときどき変化するから緊張します。

毎日変化すれば、平気になります。

これだけのことです。

変化のシャワーを浴びましょう。

変化のあふれる日常にしましょう。

変化に強くなればなるほど、勇気と度胸が身につきます。

変化の先にあるのは、成功なのです。

成功体質になる方法(20)
  • 必要のあるなしにかかわらず、毎日何かにチャレンジして、変化することを習慣にする。
社交性がなくても、成功できる。

成功体質になる30の方法
成功体質になる30の方法

  1. 人より先に失敗する人が、人より先に成功する。
    人より先に失敗する人が、人より先に成功する。
  2. 形のないものにお金を使う人が、成功する。
    形のないものにお金を使う人が、成功する。
  3. 間違った選択は、神様からのお導き。
    間違った選択は、神様からのお導き。
  4. 仕事の質を高めたいなら、マルチタスクよりシングルタスク。
    仕事の質を高めたいなら、マルチタスクよりシングルタスク。
  5. 仕事は、やらされるものではなく、するものだ。
    仕事は、やらされるものではなく、するものだ。
  6. 健康は、成功体質に欠かせない要素。
    健康は、成功体質に欠かせない要素。
  7. その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない。
    その道のプロになりたければ、勉強代を惜しんではいけない。
  8. 同じことをするのではない。<br>少しずつ改善を加えながら同じことをする。
    同じことをするのではない。
    少しずつ改善を加えながら同じことをする。
  9. 向いていることは、才能のタネ。<br>適性は、神様からのプレゼント。
    向いていることは、才能のタネ。
    適性は、神様からのプレゼント。
  10. 賛同できない忠告に対する、ベストの答え方。
    賛同できない忠告に対する、ベストの答え方。
  11. 「明日からやります」は禁句。
    「明日からやります」は禁句。
  12. 清掃員も会社で一緒に働くパートナー。<br>1人でいいから、清掃員と仲良くなっておこう。
    清掃員も会社で一緒に働くパートナー。
    1人でいいから、清掃員と仲良くなっておこう。
  13. 熱くなってはいけない。<br>仕事を長く続けたいなら、淡々と取り組むこと。
    熱くなってはいけない。
    仕事を長く続けたいなら、淡々と取り組むこと。
  14. 落ち込みから立ち直っただけで、成功したことになる。
    落ち込みから立ち直っただけで、成功したことになる。
  15. ビジネスシーンの服装は、敬意を払う意味がある。
    ビジネスシーンの服装は、敬意を払う意味がある。
  16. 恥を覚悟の上、下方修正することも、時には必要。<br>大切なのは挫折を回避すること。
    恥を覚悟の上、下方修正することも、時には必要。
    大切なのは挫折を回避すること。
  17. 成功するために大切なのは「実力」より「諦めない力」。
    成功するために大切なのは「実力」より「諦めない力」。
  18. 初心者は、初心を思い出させてくれる先生。
    初心者は、初心を思い出させてくれる先生。
  19. やる気に頼る人は成功できない。<br>習慣に頼る人が成功する。
    やる気に頼る人は成功できない。
    習慣に頼る人が成功する。
  20. ときどき変化するから、緊張する。<br>普段から変化すれば、平気になる。
    ときどき変化するから、緊張する。
    普段から変化すれば、平気になる。
  21. 社交性がなくても、成功できる。
    社交性がなくても、成功できる。
  22. 肩書は、実力がつく前に名乗っていい。
    肩書は、実力がつく前に名乗っていい。
  23. 10年後の成功した自分をイメージするだけで、成功に近づく。
    10年後の成功した自分をイメージするだけで、成功に近づく。
  24. 言い訳をしない人が成功する。
    言い訳をしない人が成功する。
  25. 仕事だけ楽しむのではない。<br>準備と後片付けも楽しもう。
    仕事だけ楽しむのではない。
    準備と後片付けも楽しもう。
  26. スランプになれるのは、上位3割。<br>残りの7割は、スランプ前に脱落する。
    スランプになれるのは、上位3割。
    残りの7割は、スランプ前に脱落する。
  27. 負け惜しみを言うと、ますますかっこ悪くなる。<br>素直に負けを認めたほうが、かっこいい。
    負け惜しみを言うと、ますますかっこ悪くなる。
    素直に負けを認めたほうが、かっこいい。
  28. 「人脈、人脈」と言ってはいけない。<br>騒ぎ立てるにつれて、孤立を深めていく。
    「人脈、人脈」と言ってはいけない。
    騒ぎ立てるにつれて、孤立を深めていく。
  29. 説明が長くなるのは、きちんと理解できていない証拠。<br>本当に理解できているなら、一言で説明できる。
    説明が長くなるのは、きちんと理解できていない証拠。
    本当に理解できているなら、一言で説明できる。
  30. 知識より知恵を学ぶ人が、成功する。
    知識より知恵を学ぶ人が、成功する。

同じカテゴリーの作品

5:10

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION