いつもご機嫌でいるための
30の方法

20
6

きちんと体をケアすれば、
体も喜ぶ。
体が喜ぶから、
ご機嫌になれる。

きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。体が喜ぶから、ご機嫌になれる。 | いつもご機嫌でいるための30の方法

ご機嫌でいるために大切なのは「体のケア」です。

きちんと体のケアを心がけましょう。

「体のケア」というフレーズは、あまり聞き慣れないかもしれませんが、意味はシンプルです。

「良好な状態を保てるよう、きちんと体を手入れする」ということです。

優しい気遣いであり、愛情を注ぐことでもあります。

「体」という土台が整っているからこそ、ご機嫌になれる

体と心はつながっています。

体の調子が悪ければ、心の調子も悪くなります。

心の調子も悪ければ、精神状態も悪くなります。

精神状態が悪ければ、機嫌も悪くなる。

体の調子が悪い状態で、どうやってご機嫌になれるのでしょう。

体が不調であれば、不快感があるため、ご機嫌になるのは難しいのが現実です。

ご機嫌は気持ちの問題に思えますが、実は体の問題でもあります。

「体」という土台が整っているからこそ、ご機嫌になれるのです。

体のケアに取り組もう

さあ、体のケアに取り組みましょう。

疲れているときは、きちんと休憩します。

昼間に眠くなれば、きちんと仮眠を取りましょう。

おなかがすいているときは、きちんと食事を取ります。

腹を満たせば、心も満たされます。

睡眠不足のときは、十分な睡眠を心がけます。

1日7時間半から8時間が理想です。

最低でも、6時間は確保したい。

けがや病気をしているなら、きちんと休んで、治療に専念します。

寝込む時期があるかもしれませんが、けがや病気をしているなら、治療に専念するのが正解です。

慢性的な疲労がたまっているなら、温泉やマッサージに出かけるのも悪くありません。

筋トレや有酸素運動も、体のケアの一環です。

体を鍛えて丈夫にすれば、体力と持久力がつくので、ますますご機嫌になる条件が整います。

お金や時間を掛けてもいいので、きちんと体のケアに取り組むことです。

体の調子は、いつも「良好」の状態を目指したい

体とはいえ、消耗品です。

乱暴に扱えば消耗も早くなりますが、丁寧に扱えば長持ちします。

体の調子は、いつも「良好」の状態を目指したい。

不健康で困ることはあっても、健康で困ることはありません。

健康的な肉体があってこそ、明るい気持ちが広がってポジティブ思考になれます。

体の調子が悪くなってからケアに着手するのではなく、前もって予定に入れておくといいでしょう。

体のケアが行き届いていれば、すべてが快調になります。

きちんと体をケアすれば、体も喜びます。

体が喜ぶから、ご機嫌になれるのです。

いつもご機嫌でいるための方法(20)
  • 体の調子がいつも「良好」の状態になるよう、きちんと体のケアを行う。
ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。
直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。

いつもご機嫌でいるための30の方法
いつもご機嫌でいるための30の方法

  1. ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。
    ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。
  2. 余計な我慢は不機嫌の原因になる。<br>できるだけ我慢をなくしていこう。
    余計な我慢は不機嫌の原因になる。
    できるだけ我慢をなくしていこう。
  3. 朝目覚めたら、こう祈ろう。<br>「今日もいい1日になりますように」
    朝目覚めたら、こう祈ろう。
    「今日もいい1日になりますように」
  4. いいことが起こるのを待つのではない。<br>自分からいいことを起こして、ご機嫌になる。
    いいことが起こるのを待つのではない。
    自分からいいことを起こして、ご機嫌になる。
  5. 1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。
    1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。
  6. ご機嫌だから、にこにこするのではない。<br>にこにこするから、ご機嫌になる。
    ご機嫌だから、にこにこするのではない。
    にこにこするから、ご機嫌になる。
  7. 「自分らしさ」は、ご機嫌になるための必須条件。
    「自分らしさ」は、ご機嫌になるための必須条件。
  8. ご機嫌になるためのキーワードは「好きなこと」。
    ご機嫌になるためのキーワードは「好きなこと」。
  9. ご機嫌になるパターンは人それぞれ。<br>自分がご機嫌になるパターンを見つけ出そう。
    ご機嫌になるパターンは人それぞれ。
    自分がご機嫌になるパターンを見つけ出そう。
  10. ご機嫌な人と不機嫌な人の違いは、視野の広さ。
    ご機嫌な人と不機嫌な人の違いは、視野の広さ。
  11. ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。<br>おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。
    ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。
    おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。
  12. リズムが乱れていると、不機嫌になる。<br>リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。
    リズムが乱れていると、不機嫌になる。
    リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。
  13. 「すてき」「素晴らしい」を口癖にすると、すてきで素晴らしい人になる。
    「すてき」「素晴らしい」を口癖にすると、すてきで素晴らしい人になる。
  14. ご機嫌になるから褒めるのではない。<br>褒めるからご機嫌になる。
    ご機嫌になるから褒めるのではない。
    褒めるからご機嫌になる。
  15. スピード感を意識しよう。<br>てきぱき動くと、ご機嫌のスイッチが入る。
    スピード感を意識しよう。
    てきぱき動くと、ご機嫌のスイッチが入る。
  16. 楽しいことを見つけるのではない。<br>何でも楽しめる能力を身につけるのだ。
    楽しいことを見つけるのではない。
    何でも楽しめる能力を身につけるのだ。
  17. 目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。
    目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。
  18. ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。
    ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。
  19. 心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。<br>「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。
    心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。
    「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。
  20. きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。<br>体が喜ぶから、ご機嫌になれる。
    きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。
    体が喜ぶから、ご機嫌になれる。
  21. ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。<br>直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。
    ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。
    直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。
  22. 特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。<br>いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。
    特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。
    いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。
  23. あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。
    あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。
  24. 不機嫌な人とは距離を置く。<br>ご機嫌な人と関わる。
    不機嫌な人とは距離を置く。
    ご機嫌な人と関わる。
  25. 運が悪いときも、にこにこしよう。<br>笑顔になっていると、運気が舞い戻ってくる。
    運が悪いときも、にこにこしよう。
    笑顔になっていると、運気が舞い戻ってくる。
  26. 「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる言葉。
    「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる言葉。
  27. 「ご機嫌日記」を書くと、ご機嫌力がパワーアップする。
    「ご機嫌日記」を書くと、ご機嫌力がパワーアップする。
  28. むしゃくしゃしたら、大声で歌いに行こう。<br>単純なことで気分が変わる。
    むしゃくしゃしたら、大声で歌いに行こう。
    単純なことで気分が変わる。
  29. 「人生の終わり」と感じるトラブルがあっても、人生は終わらない。<br>「何とかなる」と考えれば、あっさり乗り越えられる。
    「人生の終わり」と感じるトラブルがあっても、人生は終わらない。
    「何とかなる」と考えれば、あっさり乗り越えられる。
  30. あなたがご機嫌でいることは、世のため人のためになる。
    あなたがご機嫌でいることは、世のため人のためになる。

同じカテゴリーの作品

4:01

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION