いつもご機嫌でいるための
30の方法

22
6

特定の価値観にこだわっていると、
不機嫌になる。
いろんな価値観を受け入れると、
ご機嫌になる。

特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。 | いつもご機嫌でいるための30の方法

あなたには、あなたなりの価値観があるでしょう。

もちろんそれは素晴らしいことですが、ご機嫌になりたいなら、特定の価値観にこだわらないよう注意してください。

特定の価値観にこだわっていると、視野が狭くなって、不機嫌をもたらすからです。

「これは正しい。これは間違っている」

「これは筋が通っている。これは筋が通っていない」

「この考え方には賛成。その考え方には反対」

裁判官のごとく、価値観を評価していませんか。

特定の価値観にこだわっていると、視野が狭くなり、柔軟な考え方ができなくなります。

そのため違和感のある価値観に触れたとき、摩擦が生じます。

「それはおかしい」「理にかなっていない」「納得できない」と、いらいらする。

ストレスを感じる機会が増え、気分が悪くなり、不機嫌になってしまうのです。

ましてや相手に自分の価値観を押し付けるのはよくありません。

自分の価値観のほうが正しくて優れているとはいえ、押し付ける権利はありません。

相手はむっとして、不機嫌になるでしょう。

相手と摩擦が生まれ、トラブルを招く可能性が高まるでしょう。

いらいらすることが増えるだけで、いいことはありません。

不機嫌になったところで、自分がしんどいだけです。

特に正義感の強い人は、価値観にこだわりやすい傾向があるため、注意が必要です。

価値観にこだわらない

ご機嫌でいたいなら、価値観にこだわらないようにしてください。

価値観に正解も不正解もありません。

価値観は、人の数だけ存在します。

価値観を評価せず、ありのままを受け入れるようにしましょう。

心の器を大きくして、さまざまな価値観を受け入れるようにしましょう。

いろんな価値観を受け入れれば、いらいらすることがなくなるだけでなく、新鮮な価値観を楽しめるようになります。

自分とは違った価値観と触れたときは「そういう考え方もあるね」と言えばいい。

受け入れる姿勢があれば、いらいらすることがなくなります。

そうすれば、いらいらする機会が減ります。

心が安定して、いつも明るく楽しい気分でいられるのです。

どうしても納得できない価値観なら「ユニークですね」「面白い考え方ですね」「すごい世界観ですね」と言えばOKです。

正義に反していて裁きが必要であれば、専門の人に任せましょう。

価値観にこだわらなければ、いつもご機嫌でいられるのです。

いつもご機嫌でいるための方法(22)
  • 価値観にこだわらず、どんな価値観も受け入れるようにする。
あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。

いつもご機嫌でいるための30の方法
いつもご機嫌でいるための30の方法

  1. ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。
    ご機嫌になる基本は、不機嫌になることを避けること。
  2. 余計な我慢は不機嫌の原因になる。<br>できるだけ我慢をなくしていこう。
    余計な我慢は不機嫌の原因になる。
    できるだけ我慢をなくしていこう。
  3. 朝目覚めたら、こう祈ろう。<br>「今日もいい1日になりますように」
    朝目覚めたら、こう祈ろう。
    「今日もいい1日になりますように」
  4. いいことが起こるのを待つのではない。<br>自分からいいことを起こして、ご機嫌になる。
    いいことが起こるのを待つのではない。
    自分からいいことを起こして、ご機嫌になる。
  5. 1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。
    1日の始まりに誰かを褒めると、ご機嫌な1日が始まる。
  6. ご機嫌だから、にこにこするのではない。<br>にこにこするから、ご機嫌になる。
    ご機嫌だから、にこにこするのではない。
    にこにこするから、ご機嫌になる。
  7. 「自分らしさ」は、ご機嫌になるための必須条件。
    「自分らしさ」は、ご機嫌になるための必須条件。
  8. ご機嫌になるためのキーワードは「好きなこと」。
    ご機嫌になるためのキーワードは「好きなこと」。
  9. ご機嫌になるパターンは人それぞれ。<br>自分がご機嫌になるパターンを見つけ出そう。
    ご機嫌になるパターンは人それぞれ。
    自分がご機嫌になるパターンを見つけ出そう。
  10. ご機嫌な人と不機嫌な人の違いは、視野の広さ。
    ご機嫌な人と不機嫌な人の違いは、視野の広さ。
  11. ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。<br>おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。
    ご機嫌になりたいなら、おいしいものを食べよう。
    おいしい食べ物は、元気の源であり、幸せの源。
  12. リズムが乱れていると、不機嫌になる。<br>リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。
    リズムが乱れていると、不機嫌になる。
    リズムが規則正しいと、ご機嫌になる。
  13. 「すてき」「素晴らしい」を口癖にすると、すてきで素晴らしい人になる。
    「すてき」「素晴らしい」を口癖にすると、すてきで素晴らしい人になる。
  14. ご機嫌になるから褒めるのではない。<br>褒めるからご機嫌になる。
    ご機嫌になるから褒めるのではない。
    褒めるからご機嫌になる。
  15. スピード感を意識しよう。<br>てきぱき動くと、ご機嫌のスイッチが入る。
    スピード感を意識しよう。
    てきぱき動くと、ご機嫌のスイッチが入る。
  16. 楽しいことを見つけるのではない。<br>何でも楽しめる能力を身につけるのだ。
    楽しいことを見つけるのではない。
    何でも楽しめる能力を身につけるのだ。
  17. 目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。
    目の前にあることを楽しむ習慣は、ご機嫌になる習慣。
  18. ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。
    ご機嫌体質の人は、普段からよく「ありがとう」と言っている。
  19. 心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。<br>「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。
    心に余裕があるから「たまにはいいよね」と言うのではない。
    「たまにはいいよね」と言うから、心に余裕が生まれる。
  20. きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。<br>体が喜ぶから、ご機嫌になれる。
    きちんと体をケアすれば、体も喜ぶ。
    体が喜ぶから、ご機嫌になれる。
  21. ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。<br>直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。
    ご機嫌になりたいなら、直感を大切にしよう。
    直感で生きると、運とチャンスに恵まれる。
  22. 特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。<br>いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。
    特定の価値観にこだわっていると、不機嫌になる。
    いろんな価値観を受け入れると、ご機嫌になる。
  23. あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。
    あなたの日常には「幸せを噛みしめる時間」がありますか。
  24. 不機嫌な人とは距離を置く。<br>ご機嫌な人と関わる。
    不機嫌な人とは距離を置く。
    ご機嫌な人と関わる。
  25. 運が悪いときも、にこにこしよう。<br>笑顔になっていると、運気が舞い戻ってくる。
    運が悪いときも、にこにこしよう。
    笑顔になっていると、運気が舞い戻ってくる。
  26. 「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる言葉。
    「大丈夫、大丈夫」は、心の安定力を上げる言葉。
  27. 「ご機嫌日記」を書くと、ご機嫌力がパワーアップする。
    「ご機嫌日記」を書くと、ご機嫌力がパワーアップする。
  28. むしゃくしゃしたら、大声で歌いに行こう。<br>単純なことで気分が変わる。
    むしゃくしゃしたら、大声で歌いに行こう。
    単純なことで気分が変わる。
  29. 「人生の終わり」と感じるトラブルがあっても、人生は終わらない。<br>「何とかなる」と考えれば、あっさり乗り越えられる。
    「人生の終わり」と感じるトラブルがあっても、人生は終わらない。
    「何とかなる」と考えれば、あっさり乗り越えられる。
  30. あなたがご機嫌でいることは、世のため人のためになる。
    あなたがご機嫌でいることは、世のため人のためになる。

同じカテゴリーの作品

3:23

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION