執筆者:水口貴博

人生の生き方が上手になる
30の方法

7
8

失敗した後にすることは3つしかない。
「謝罪」
「反省」
「対策・改善」

失敗した後にすることは3つしかない。「謝罪」「反省」「対策・改善」 | 人生の生き方が上手になる30の方法

なぜ失敗が怖いのか。

その原因の1つは「失敗した後の行動が曖昧」であることです。

失敗した後の行動を整理できていないと、失敗が必要以上に怖く感じます。

何をすればいいかわからず、失敗をどこで区切ればいいかわからないと、恐怖感が倍増します。

妄想もエスカレートします。

「失敗した自分が許せない」と責めてしまい、自己嫌悪の無限ループに陥ってしまいます。

失敗の後にすることを整理しておくことは、失敗の恐怖感の半減に役立ちます。

では、失敗した後は何をすればいいのか。

することがたくさんあるように思えますが、実際はシンプルです。

失敗した後にすることは、3つしかありません。

「謝罪」「反省」「対策・改善」です。

(失敗した後にすること1)
謝罪

迷惑をかけた人がいるなら、すぐ謝罪しましょう。

謝罪を後回しにしたり省いたりするのはよくありません。

謝罪は最優先。

自分の失敗のせいで迷惑をかけたなら、恥ずかしがっている場合ではありません。

抵抗感や苦手意識があって言いにくいかもしれませんが、勇気を出して謝りましょう。

意地を張らず、プライドは捨て、素直に謝るのがマナーです。

自分が悪いことを素直に認めたほうが、トラブル解決も早くなります。

相手が怒っていても、素直に謝ることで、怒りが収まるのも早くなります。

もちろん迷惑をかけた人がいなければ、このステップは省略できます。

(失敗した後にすること2)
反省

謝罪の後は、反省です。

自分の言動を振り返って、間違いや問題点を洗い出しましょう。

どこが悪かったのか。

何が原因なのか。

どうすればよかったのか。

自分の失敗を思い出すのは、さぞ苦しいでしょう。

心の傷口を広げるような痛みがあるでしょう。

不快感や抵抗感があって、失敗を思い出したくないかもしれませんが、大切なステップです。

何もしないでいると、同じ過ちが繰り返されます。

二度と同じ失敗を繰り返さないためにも、きちんと自分の行動を振り返って反省することが欠かせません。

(失敗した後にすること3)
対策・改善

原因や問題点がわかるだけでは、不十分です。

いくら原因や問題点がわかっても、そのままにしているなら意味がありません。

同じ失敗が繰り返されないよう、具体的な対策を立てます。

見直すべき手順や手法があるなら、きちんと改善します。

失敗によるダメージがあって、改善できるところがあるなら改善します。

対策と改善がきちんとできれば、同じ失敗は起こりません。

対策と改善ができても、別の抜け穴から失敗が起こる可能性もありますが、少なくとも前向きであり建設的であり賢明です。

反省だけでなく、対策と改善までできれば、失敗の後の行動は一区切りです。

§

「謝罪」「反省」「対策・改善」の3つができれば、失敗は思い出さないようにします。

失敗を振り返りたくても、振り返らないこと。

むしろ積極的に忘れるくらいでかまいません。

忘れてしまえば、失敗のせいで気に病むこともなくなります。

さっと気持ちを切り替え、次の仕事に取りかかるのが得策です。

人生の生き方が上手になる方法(7)
  • 「謝罪」「反省」「対策・改善」が終われば、失敗はすっぱり忘れる。
本当に大事なこだわり以外は、潔く諦める心を持つ。

人生の生き方が上手になる30の方法
人生の生き方が上手になる30の方法

  1. 目先の快楽を求める人は、幸せになれない。<br>幸せになるためには、常に先を考えた行動が大切。
    目先の快楽を求める人は、幸せになれない。
    幸せになるためには、常に先を考えた行動が大切。
  2. 相手に好意を与える方法は簡単。<br>笑顔で挨拶をするだけでいい。
    相手に好意を与える方法は簡単。
    笑顔で挨拶をするだけでいい。
  3. 「迷惑をかけないで生きる」と考えるのではない。<br>「自分も迷惑をかけることがあるから、人の迷惑を受け入れよう」と考える。
    「迷惑をかけないで生きる」と考えるのではない。
    「自分も迷惑をかけることがあるから、人の迷惑を受け入れよう」と考える。
  4. 無意味な後回しは、余計なトラブルを招く習慣。
    無意味な後回しは、余計なトラブルを招く習慣。
  5. シンプルな生活を実現する基本ルール。<br>「1つ買ったら、1つ捨てる」
    シンプルな生活を実現する基本ルール。
    「1つ買ったら、1つ捨てる」
  6. 握手をするときは、手より目を見よう。
    握手をするときは、手より目を見よう。
  7. 失敗した後にすることは3つしかない。<br>「謝罪」「反省」「対策・改善」
    失敗した後にすることは3つしかない。
    「謝罪」「反省」「対策・改善」
  8. 本当に大事なこだわり以外は、潔く諦める心を持つ。
    本当に大事なこだわり以外は、潔く諦める心を持つ。
  9. 必要ないチャンスを得たとき、どうするか。
    必要ないチャンスを得たとき、どうするか。
  10. 嫌いな人を減らす生き方をしよう。<br>好きな人を増やす生き方をしよう。
    嫌いな人を減らす生き方をしよう。
    好きな人を増やす生き方をしよう。
  11. お酒で酔うのもいいが、お酒なしで酔えるほうが、もっといい。
    お酒で酔うのもいいが、お酒なしで酔えるほうが、もっといい。
  12. 1点を笑う人は、1点に泣く。<br>1円をばかにする人は、1円に落ち込む。
    1点を笑う人は、1点に泣く。
    1円をばかにする人は、1円に落ち込む。
  13. ちりやほこりが目立ってから掃除を始めるのは、遅すぎる。
    ちりやほこりが目立ってから掃除を始めるのは、遅すぎる。
  14. 大半の悩みは、誰かに聞いてもらっただけで、半分は解決する。
    大半の悩みは、誰かに聞いてもらっただけで、半分は解決する。
  15. 上手におごられるのも、社交術の1つ。<br>ただし、3回はお礼を言うこと。
    上手におごられるのも、社交術の1つ。
    ただし、3回はお礼を言うこと。
  16. 「値段が高ければ高いほどよい」という価値観を見直そう。
    「値段が高ければ高いほどよい」という価値観を見直そう。
  17. 人生の定期検査に役立つ、5つの質問。
    人生の定期検査に役立つ、5つの質問。
  18. 病院に行っただけで満足しない。<br>本を買っただけで満足しない。
    病院に行っただけで満足しない。
    本を買っただけで満足しない。
  19. 調子の悪いときの過ごし方。
    調子の悪いときの過ごし方。
  20. 10割を完璧にするのではない。<br>7割を完璧にする。
    10割を完璧にするのではない。
    7割を完璧にする。
  21. 落とし物を拾ったら、どうするか。
    落とし物を拾ったら、どうするか。
  22. 悩み事は、誰かに話すと軽くなる。<br>話し相手は、犬でも猫でも鳥でもいい。
    悩み事は、誰かに話すと軽くなる。
    話し相手は、犬でも猫でも鳥でもいい。
  23. 大きな音を立てると、運が逃げる。<br>静かな音を意識すると、運がやって来る。
    大きな音を立てると、運が逃げる。
    静かな音を意識すると、運がやって来る。
  24. 追い込まれたピンチの状況は、潜在的な能力を発揮できる機会。
    追い込まれたピンチの状況は、潜在的な能力を発揮できる機会。
  25. 仕事の準備を必要最低限にすると、スピードが出る。
    仕事の準備を必要最低限にすると、スピードが出る。
  26. あなたがメモを取る姿こそ、最高の感謝。
    あなたがメモを取る姿こそ、最高の感謝。
  27. 余裕があるように見えるポーズの取り方。
    余裕があるように見えるポーズの取り方。
  28. あなたの成功を妨げているのは、過去の成功体験。
    あなたの成功を妨げているのは、過去の成功体験。
  29. なまりのある英語を堂々と話す人が、かっこいい。
    なまりのある英語を堂々と話す人が、かっこいい。
  30. 「なりたい自分」は大切。<br>「ありのままの自分」はもっと大切。
    「なりたい自分」は大切。
    「ありのままの自分」はもっと大切。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION