執筆者:水口貴博

人生の生き方が上手になる
30の方法

20
8

10割を完璧にするのではない。
7割を完璧にする。

10割を完璧にするのではない。7割を完璧にする。 | 人生の生き方が上手になる30の方法

完璧主義とは何か。

完璧主義とは、妥協を許さず、完全完璧を目指す方針のことを言います。

完璧主義者の人は、何事もパーフェクトに仕上げようとします。

1つのミスも間違いも許さず、高い品質に強いこだわりを持ち、常に100点満点を目指そうとします。

そのため、仕事の結果はいつも高精度・高品質です。

一方で完璧主義は、疲れやすい性格ともいわれています。

何事も100点満点やパーフェクトを目指そうとするため、強い緊張とストレスがかかります。

完璧を目指すあまり、小さなミスにも動揺して、いらいらしやすくなるのです。

頭では「完璧主義はよくない」とわかっていても、性格の問題でなかなかうまくいかない。

気分転換やリフレッシュをしたくても、仕事のことが気になって、安心して落ち着けない。

「自分は完璧主義」という自覚がある人は、自分の性格を恨み、悩むことが多いのではないでしょうか。

しかし、完璧主義も大切な個性の1つ。

こだわりが強い性格は、時に大きな武器になることもあります。

自分の大事な性格を今さら変えたくない人もいるでしょう。

そもそも性格なので、簡単に変えるのは難しいのが現実です。

そんなとき、完璧主義であっても、心労から解放される、上手な折り合いの付け方があります。

10割を完璧にするのではありません。

7割を完璧にするのです。

10割も7割も、どちらも「完璧にする」という点は同じですが、難易度は変わります。

やはり7割を完璧にするほうが、10割より楽です。

10割を完璧にするのは非現実でも、7割を完璧にするなら現実的でしょう。

自分の中で「完璧主義」を維持したまま、上手に折り合いをつけられるようになります。

「残りの3割が不完全になる」と思いますが、もちろん放棄するわけではありません。

残りの3割は、また別の機会に回せばいいのです。

1回で10割を目指さなくても、仕事を2回や3回に分ければいいでしょう。

もしくは、得意な人にお願いする方法もあります。

3割が自分にとって不得意な範囲なら、得意な人にお願いしたほうがスムーズです。

自分の時間もできる上、仕事の質は高くなり、スピードも速くなります。

最初から10割を完璧にするのではなく、7割を完璧にすれば、心労が半減して仕事も長続きします。

完璧主義は、長所になる個性です。

ストレスを感じやすい完璧主義も、ちょっとした折り合いをつけることで、心労から解放されるのです。

人生の生き方が上手になる方法(20)
  • 完璧主義者は「10割を完璧」ではなく「7割を完璧」と考える。
落とし物を拾ったら、どうするか。

人生の生き方が上手になる30の方法
人生の生き方が上手になる30の方法

  1. 目先の快楽を求める人は、幸せになれない。<br>幸せになるためには、常に先を考えた行動が大切。
    目先の快楽を求める人は、幸せになれない。
    幸せになるためには、常に先を考えた行動が大切。
  2. 相手に好意を与える方法は簡単。<br>笑顔で挨拶をするだけでいい。
    相手に好意を与える方法は簡単。
    笑顔で挨拶をするだけでいい。
  3. 「迷惑をかけないで生きる」と考えるのではない。<br>「自分も迷惑をかけることがあるから、人の迷惑を受け入れよう」と考える。
    「迷惑をかけないで生きる」と考えるのではない。
    「自分も迷惑をかけることがあるから、人の迷惑を受け入れよう」と考える。
  4. 無意味な後回しは、余計なトラブルを招く習慣。
    無意味な後回しは、余計なトラブルを招く習慣。
  5. シンプルな生活を実現する基本ルール。<br>「1つ買ったら、1つ捨てる」
    シンプルな生活を実現する基本ルール。
    「1つ買ったら、1つ捨てる」
  6. 握手をするときは、手より目を見よう。
    握手をするときは、手より目を見よう。
  7. 失敗した後にすることは3つしかない。<br>「謝罪」「反省」「対策・改善」
    失敗した後にすることは3つしかない。
    「謝罪」「反省」「対策・改善」
  8. 本当に大事なこだわり以外は、潔く諦める心を持つ。
    本当に大事なこだわり以外は、潔く諦める心を持つ。
  9. 必要ないチャンスを得たとき、どうするか。
    必要ないチャンスを得たとき、どうするか。
  10. 嫌いな人を減らす生き方をしよう。<br>好きな人を増やす生き方をしよう。
    嫌いな人を減らす生き方をしよう。
    好きな人を増やす生き方をしよう。
  11. お酒で酔うのもいいが、お酒なしで酔えるほうが、もっといい。
    お酒で酔うのもいいが、お酒なしで酔えるほうが、もっといい。
  12. 1点を笑う人は、1点に泣く。<br>1円をばかにする人は、1円に落ち込む。
    1点を笑う人は、1点に泣く。
    1円をばかにする人は、1円に落ち込む。
  13. ちりやほこりが目立ってから掃除を始めるのは、遅すぎる。
    ちりやほこりが目立ってから掃除を始めるのは、遅すぎる。
  14. 大半の悩みは、誰かに聞いてもらっただけで、半分は解決する。
    大半の悩みは、誰かに聞いてもらっただけで、半分は解決する。
  15. 上手におごられるのも、社交術の1つ。<br>ただし、3回はお礼を言うこと。
    上手におごられるのも、社交術の1つ。
    ただし、3回はお礼を言うこと。
  16. 「値段が高ければ高いほどよい」という価値観を見直そう。
    「値段が高ければ高いほどよい」という価値観を見直そう。
  17. 人生の定期検査に役立つ、5つの質問。
    人生の定期検査に役立つ、5つの質問。
  18. 病院に行っただけで満足しない。<br>本を買っただけで満足しない。
    病院に行っただけで満足しない。
    本を買っただけで満足しない。
  19. 調子の悪いときの過ごし方。
    調子の悪いときの過ごし方。
  20. 10割を完璧にするのではない。<br>7割を完璧にする。
    10割を完璧にするのではない。
    7割を完璧にする。
  21. 落とし物を拾ったら、どうするか。
    落とし物を拾ったら、どうするか。
  22. 悩み事は、誰かに話すと軽くなる。<br>話し相手は、犬でも猫でも鳥でもいい。
    悩み事は、誰かに話すと軽くなる。
    話し相手は、犬でも猫でも鳥でもいい。
  23. 大きな音を立てると、運が逃げる。<br>静かな音を意識すると、運がやって来る。
    大きな音を立てると、運が逃げる。
    静かな音を意識すると、運がやって来る。
  24. 追い込まれたピンチの状況は、潜在的な能力を発揮できる機会。
    追い込まれたピンチの状況は、潜在的な能力を発揮できる機会。
  25. 仕事の準備を必要最低限にすると、スピードが出る。
    仕事の準備を必要最低限にすると、スピードが出る。
  26. あなたがメモを取る姿こそ、最高の感謝。
    あなたがメモを取る姿こそ、最高の感謝。
  27. 余裕があるように見えるポーズの取り方。
    余裕があるように見えるポーズの取り方。
  28. あなたの成功を妨げているのは、過去の成功体験。
    あなたの成功を妨げているのは、過去の成功体験。
  29. なまりのある英語を堂々と話す人が、かっこいい。
    なまりのある英語を堂々と話す人が、かっこいい。
  30. 「なりたい自分」は大切。<br>「ありのままの自分」はもっと大切。
    「なりたい自分」は大切。
    「ありのままの自分」はもっと大切。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION