執筆者:水口貴博

人生の生き方が上手になる
30の方法

24
8

追い込まれたピンチの状況は、
潜在的な能力を発揮できる機会。

追い込まれたピンチの状況は、潜在的な能力を発揮できる機会。 | 人生の生き方が上手になる30の方法

私たちの日常では、追い込まれる瞬間があります。

大事な試験日が近づいているとき。

仕事の締め切りが間近に迫っているとき。

予定変更で急に余裕がなくなったとき。

追い込まれた状況になると、余裕がなくなり、慌てふためいてしまいます。

冷や汗が流れ、心拍数が上がり、興奮状態になります。

本来なら、普段から余裕を持った行動習慣が大切ですが、不運や悪条件が重なってやむを得ないときもあるでしょう。

追い込まれたときは仕方ない。

そういうときは、いっそのこと前向きに発想を切り替えましょう。

「潜在的な能力を発揮できる瞬間」と考えるのです。

追い込まれたときとは、自分に秘められた潜在的能力が呼び起こされる瞬間です。

追い込まれたとき、普段ならできないこともできるでしょう。

人は、窮地に追い込まれたとき、必死になります。

自分の中にあるストッパーが外れ、限界を超えた力を発揮できるようになります。

120パーセント、150パーセント、時には200パーセントの力を発揮できるようになります。

売れっ子の作家や漫画家は、締め切りに追われる生活を送っていますが、締め切りに追われる状況を生かしています。

大胆な発想や非常識なアイデアは、追い込まれたピンチのときこそ湧き出てきます。

「火事場のばか力」という言葉は、筋肉の力だけでなく、脳の力にも言えます。

「大変だ。もう時間がない」という緊張や焦燥感をプラスに転化する。

すると、普段では考えないようなことを考え始め、常識破りの発想や考え方ができるようになります。

もし追い込まれたピンチの状況になれば、逆に生かしてください。

「時間がないからダメだ」と諦めるのではありません。

「底力を発揮する条件が整った」とモチベーションの向上につなげるのです。

そして「必ずこの危機を乗り越えられる」と信じることです。

「乗り越えられる」と信じることで、ますます潜在的な能力を発揮しやすくなります。

「自分にはこんな力が眠っていたのか」と驚くでしょう。

あなたには、潜在的な能力が眠っています。

気力、体力、精神力。

創造力、発想力、思考力。

本当はすさまじい能力があるにもかかわらず、普段は使われていません。

追い込まれたピンチの状況は、生かすためにあります。

潜在的な能力を発揮できる機会なのです。

人生の生き方が上手になる方法(24)
  • 追い込まれたピンチの状況は、潜在的な能力を発揮できる機会として生かす。
仕事の準備を必要最低限にすると、スピードが出る。

人生の生き方が上手になる30の方法
人生の生き方が上手になる30の方法

  1. 目先の快楽を求める人は、幸せになれない。<br>幸せになるためには、常に先を考えた行動が大切。
    目先の快楽を求める人は、幸せになれない。
    幸せになるためには、常に先を考えた行動が大切。
  2. 相手に好意を与える方法は簡単。<br>笑顔で挨拶をするだけでいい。
    相手に好意を与える方法は簡単。
    笑顔で挨拶をするだけでいい。
  3. 「迷惑をかけないで生きる」と考えるのではない。<br>「自分も迷惑をかけることがあるから、人の迷惑を受け入れよう」と考える。
    「迷惑をかけないで生きる」と考えるのではない。
    「自分も迷惑をかけることがあるから、人の迷惑を受け入れよう」と考える。
  4. 無意味な後回しは、余計なトラブルを招く習慣。
    無意味な後回しは、余計なトラブルを招く習慣。
  5. シンプルな生活を実現する基本ルール。<br>「1つ買ったら、1つ捨てる」
    シンプルな生活を実現する基本ルール。
    「1つ買ったら、1つ捨てる」
  6. 握手をするときは、手より目を見よう。
    握手をするときは、手より目を見よう。
  7. 失敗した後にすることは3つしかない。<br>「謝罪」「反省」「対策・改善」
    失敗した後にすることは3つしかない。
    「謝罪」「反省」「対策・改善」
  8. 本当に大事なこだわり以外は、潔く諦める心を持つ。
    本当に大事なこだわり以外は、潔く諦める心を持つ。
  9. 必要ないチャンスを得たとき、どうするか。
    必要ないチャンスを得たとき、どうするか。
  10. 嫌いな人を減らす生き方をしよう。<br>好きな人を増やす生き方をしよう。
    嫌いな人を減らす生き方をしよう。
    好きな人を増やす生き方をしよう。
  11. お酒で酔うのもいいが、お酒なしで酔えるほうが、もっといい。
    お酒で酔うのもいいが、お酒なしで酔えるほうが、もっといい。
  12. 1点を笑う人は、1点に泣く。<br>1円をばかにする人は、1円に落ち込む。
    1点を笑う人は、1点に泣く。
    1円をばかにする人は、1円に落ち込む。
  13. ちりやほこりが目立ってから掃除を始めるのは、遅すぎる。
    ちりやほこりが目立ってから掃除を始めるのは、遅すぎる。
  14. 大半の悩みは、誰かに聞いてもらっただけで、半分は解決する。
    大半の悩みは、誰かに聞いてもらっただけで、半分は解決する。
  15. 上手におごられるのも、社交術の1つ。<br>ただし、3回はお礼を言うこと。
    上手におごられるのも、社交術の1つ。
    ただし、3回はお礼を言うこと。
  16. 「値段が高ければ高いほどよい」という価値観を見直そう。
    「値段が高ければ高いほどよい」という価値観を見直そう。
  17. 人生の定期検査に役立つ、5つの質問。
    人生の定期検査に役立つ、5つの質問。
  18. 病院に行っただけで満足しない。<br>本を買っただけで満足しない。
    病院に行っただけで満足しない。
    本を買っただけで満足しない。
  19. 調子の悪いときの過ごし方。
    調子の悪いときの過ごし方。
  20. 10割を完璧にするのではない。<br>7割を完璧にする。
    10割を完璧にするのではない。
    7割を完璧にする。
  21. 落とし物を拾ったら、どうするか。
    落とし物を拾ったら、どうするか。
  22. 悩み事は、誰かに話すと軽くなる。<br>話し相手は、犬でも猫でも鳥でもいい。
    悩み事は、誰かに話すと軽くなる。
    話し相手は、犬でも猫でも鳥でもいい。
  23. 大きな音を立てると、運が逃げる。<br>静かな音を意識すると、運がやって来る。
    大きな音を立てると、運が逃げる。
    静かな音を意識すると、運がやって来る。
  24. 追い込まれたピンチの状況は、潜在的な能力を発揮できる機会。
    追い込まれたピンチの状況は、潜在的な能力を発揮できる機会。
  25. 仕事の準備を必要最低限にすると、スピードが出る。
    仕事の準備を必要最低限にすると、スピードが出る。
  26. あなたがメモを取る姿こそ、最高の感謝。
    あなたがメモを取る姿こそ、最高の感謝。
  27. 余裕があるように見えるポーズの取り方。
    余裕があるように見えるポーズの取り方。
  28. あなたの成功を妨げているのは、過去の成功体験。
    あなたの成功を妨げているのは、過去の成功体験。
  29. なまりのある英語を堂々と話す人が、かっこいい。
    なまりのある英語を堂々と話す人が、かっこいい。
  30. 「なりたい自分」は大切。<br>「ありのままの自分」はもっと大切。
    「なりたい自分」は大切。
    「ありのままの自分」はもっと大切。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION