自分磨き

爽やかな人になる
30の方法

5
24

爽やかな人は、
人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。

爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。 | 爽やかな人になる30の方法

爽やかな人は、人の悪口や陰口を言いません。

愚痴も文句も言いません。

根拠のない誹謗ひぼう中傷をすることもありません。

ネガティブなことを言ったところで、相手を不快にさせるだけ。

生産性がないどころか、時間と労力の無駄になります。

笑いのネタとしても、中途半端であり、なにより下品です。

人を傷つけたり落ち込ませたりするのは、爽やかな人にふさわしくない態度です。

爽やかな人になりたいなら、爽やかな気持ちにさせることを心がけましょう。

爽やかな人は、本人が爽やかというだけでなく、人を爽やかな気持ちにさせることも上手です。

人を爽やかな気持ちにさせることで、爽やかにさせた本人も爽やかになれます。

 

たとえば、褒め言葉です。

相手によいところを見つけたら、すかさず褒めます。

褒められた相手は「自分が認められた」と感じて、爽やかな気持ちに包まれるでしょう。

相手が落ち込んでいたときは、励ましの言葉です。

相手がつらいときこそ、あなたの出番。

元気づけたり勇気づけたりするだけでも、精神的に相手を救えます。

励ましの言葉に、回りくどいフレーズは不要です。

「大丈夫だよ」

「早く元気出して」

「きっとうまくいくよ」

励ましの言葉はシンプルでストレートな一言でも、十分相手を励ませます。

あなたの優しさに触れた相手は、だんだん明るい気持ちになり、笑顔を取り戻していくでしょう。

相手が悩んでいたときは、相談に乗りましょう。

真剣に話を聞きます。

アドバイスを求められているなら、真剣に考えて答えます。

話を聞いてもらえただけでも、喜んでくれるでしょう。

また、言葉や話題についても「選ぶ」という意識が大切です。

「嫌い」「汚い」「暗い」「つまらない」といったネガティブな言葉は避けます。

「好き」「きれい」「明るい」「面白い」といったポジティブな言葉を選びましょう。

話題についても、できるだけ明るいテーマを選ぶほうが爽やかです。

不幸な話より、幸せな話を選ぶ。

つまらなかった話より、楽しかった話を選ぶ。

ネガティブなテーマは避け、ポジティブなテーマを選ぶ。

明るい話題なら、会話も明るく盛り上がりやすくなり、相手を爽やかにさせることができます。

完璧を目指す必要はありませんが、習慣として身につけておくことは大切です。

ポジティブな言葉が登場する会話のほうが、相手を爽やかな気持ちにさせることができます。

「人を爽やかな気持ちにさせるのが趣味」というくらい、普段の習慣として心がけておくといいでしょう。

爽やかな人になる方法(24)
  • 人を爽やかな気持ちにさせる習慣を身につける。
怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
爽やかになるためには、優しい性格が大切。

もくじ
爽やかな人になる30の方法
爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。 | 爽やかな人になる30の方法

  1. 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
    爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
  2. 爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。<br>爽やかな笑顔になる4つのポイント。
    爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
    爽やかな笑顔になる4つのポイント。
  3. 何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
    何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
  4. 歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
    歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
  5. 爽やかな人は、肌がきれい。
    爽やかな人は、肌がきれい。
  6. 清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
    清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
  7. 爽やかな印象の服装は、白系が一番。
    爽やかな印象の服装は、白系が一番。
  8. シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
    シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
  9. 爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
    爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
  10. はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
    はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
  11. 爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
    爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
  12. ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。<br>自分も周りも、明るく照らす。
    ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
    自分も周りも、明るく照らす。
  13. 愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
    愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
  14. 爽やかな人は、挨拶も爽やか。<br>爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
    爽やかな人は、挨拶も爽やか。
    爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
  15. 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
    無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
  16. 下を向いて、だらだら歩かない。<br>前を向いて、きびきび歩く。
    下を向いて、だらだら歩かない。
    前を向いて、きびきび歩く。
  17. きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
    きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
  18. トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
    トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
  19. 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。<br>素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
    見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
    素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
  20. 相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
    相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
  21. 疲れるのはいい。<br>大切なのは、疲れを見せないこと。
    疲れるのはいい。
    大切なのは、疲れを見せないこと。
  22. リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
    リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
  23. 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
    爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
  24. 爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
    爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
  25. 怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。<br>爽やかになるためには、優しい性格が大切。
    怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
    爽やかになるためには、優しい性格が大切。
  26. 嫌なことがあっても、引きずらない。<br>次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
    嫌なことがあっても、引きずらない。
    次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
  27. 過去を振り返ったところで仕方ない。<br>常に今を生きることで爽やかな人になれる。
    過去を振り返ったところで仕方ない。
    常に今を生きることで爽やかな人になれる。
  28. パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
    パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
  29. 年齢なんて気にしない。<br>挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
    年齢なんて気にしない。
    挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
  30. 生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。<br>夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。
    生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
    夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

同じカテゴリーの作品