執筆者:水口貴博

爽やかな人になる
30の方法

20
3

相手の気持ちを察することなくして、
爽やかな人にはなれない。

相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。 | 爽やかな人になる30の方法

爽やかな人には「爽やかな行為」があります。

明るく面白い話で相手を楽しませる。

悩みの相談に乗る。

相手に優しく接する。

爽やかな行為を心がければ、お互いが楽しめ、爽やかな印象にもつながっていきます。

では、爽やかな行為なら何でもいいかというと、それは違います。

爽やかな行為とはいえ、押し付けがましくなるのはよくありません。

たとえば、親切です。

親切に接するのはいいですが、無理に押し付けては、不快感を与える原因になります。

相手はリズムやペースを乱し、ストレスになるでしょう。

「喜べ」「感謝しろ」と言わんばかりの行為は、かえって悪印象。

必要としていない親切は、ありがた迷惑になる可能性もあります。

親切は、あくまで相手が必要としていることを行うことがポイントです。

相手が遠慮している様子なら、あえて控える勇気も大切です。

明らかに嫌がっているなら、やめておくのが得策です。

会話でも注意が必要です。

笑いの価値観は、人それぞれ。

自分には楽しく感じることが、相手も楽しく感じるとは限りません。

自分は「楽しい」「面白い」と感じることであっても、相手は「退屈」「つまらない」と感じることもあります。

自分は「愉快」「爽快」と感じることであっても、相手は「不愉快」「憂鬱」と感じることもあります。

相手の様子が不自然なら、何らかの事情が考えられます。

相手が退屈に感じている様子なら、話題を変えたほうがいいでしょう。

相手が急いでいる様子なら、早めに会話を切り上げたほうがいいかもしれません。

大切なのは「相手の気持ちを察する」ということです。

独りよがりや自意識過剰には注意しましょう。

相手の気持ちを察しながら、臨機応変な対応を心がけることが大切です。

相手の言葉・表情・態度はすべて、心を読み取る手がかりです。

心の中を見ることはできなくても、手がかりから推測することは可能です。

相手の気持ちを察してこそ、爽やかな行為も生きてくるのです。

爽やかな人になる方法(20)
  • 相手の気持ちを察して、臨機応変な対応を心がける。
疲れるのはいい。
大切なのは、疲れを見せないこと。

爽やかな人になる30の方法
爽やかな人になる30の方法

  1. 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
    爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
  2. 爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。<br>爽やかな笑顔になる4つのポイント。
    爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
    爽やかな笑顔になる4つのポイント。
  3. 何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
    何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
  4. 歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
    歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
  5. 爽やかな人は、肌がきれい。
    爽やかな人は、肌がきれい。
  6. 清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
    清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
  7. 爽やかな印象の服装は、白系が一番。
    爽やかな印象の服装は、白系が一番。
  8. シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
    シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
  9. 爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
    爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
  10. はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
    はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
  11. 爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
    爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
  12. ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。<br>自分も周りも、明るく照らす。
    ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
    自分も周りも、明るく照らす。
  13. 愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
    愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
  14. 爽やかな人は、挨拶も爽やか。<br>爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
    爽やかな人は、挨拶も爽やか。
    爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
  15. 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
    無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
  16. 下を向いて、だらだら歩かない。<br>前を向いて、きびきび歩く。
    下を向いて、だらだら歩かない。
    前を向いて、きびきび歩く。
  17. きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
    きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
  18. トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
    トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
  19. 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。<br>素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
    見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
    素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
  20. 相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
    相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
  21. 疲れるのはいい。<br>大切なのは、疲れを見せないこと。
    疲れるのはいい。
    大切なのは、疲れを見せないこと。
  22. リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
    リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
  23. 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
    爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
  24. 爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
    爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
  25. 怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。<br>爽やかになるためには、優しい性格が大切。
    怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
    爽やかになるためには、優しい性格が大切。
  26. 嫌なことがあっても、引きずらない。<br>次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
    嫌なことがあっても、引きずらない。
    次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
  27. 過去を振り返ったところで仕方ない。<br>常に今を生きることで爽やかな人になれる。
    過去を振り返ったところで仕方ない。
    常に今を生きることで爽やかな人になれる。
  28. パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
    パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
  29. 年齢なんて気にしない。<br>挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
    年齢なんて気にしない。
    挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
  30. 生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。<br>夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。
    生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
    夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION