自分磨き

純粋な人になる
30の方法

7
7

純粋な人には
「本音で話す習慣」がある。

純粋な人には「本音で話す習慣」がある。 | 純粋な人になる30の方法

純粋な人になりたいなら「本音で話す習慣」が大切です。

本音で話していますか。

建前ばかりの会話をしていませんか。

きちんと本心でコミュニケーションをしているでしょうか。

もちろん本音が好ましくない場面はあるでしょう。

落ち込んでいる人に「情けないね」と言うわけにはいきません。

相手の服装が似合ってないとき、ストレートに「ダサい」と言い放てば、相手はショックを受けるかもしれません。

何でも思ったことをそのまま発言すると、相手を傷つけるかもしれません。

相手のコンプレックスを刺激して、不快にさせてしまうこともあるでしょう。

厳しい言葉は、オブラートに包む配慮が必要です。

相手の気持ちを配慮して、言葉を選びながら発言するのは、優しい心の現れといえます。

 

しかし、いくら言葉遣いに注意するとはいえ、本音を隠してばかりでは、スムーズなコミュニケーションを妨げます。

建前ばかりでは、相手はあなたをきちんと理解するのが大変になります。

本音が伝わらないとコミュニケーションがずれ、コミュニケーションがずれると人間関係もずれるのです。

 

本音で話す習慣を心がけましょう。

勇気を出して、本音で話してみてください。

思ったことや感じたことを、ありのまま伝えましょう。

建前を取り除いた言葉を発しましょう。

いいものは「良い」と答え、悪いものは「悪い」と答えます。

素晴らしいものは「素晴らしい」と答え、残念なものは「残念」と答えます。

すべて本音で話すのは難しくても、本音を増やすことならできるはずです。

最初は勇気が必要でも、本音で話すことを繰り返していくうちに慣れてきます。

 

 

本音が言いにくいなら、言い方を工夫する

 

「本音だから相手を傷つける」と思うのは誤解です。

本音が言いにくいなら、言い方を工夫しましょう。

表現を工夫すれば、本音を聞きやすい表現にできます。

言葉や表現を工夫すれば、本音を言いながら、柔らかい表現にできます。

 

たとえば「嫌い」という意味を伝える場面があるとします。

ストレートに「嫌い」と言うのではなく「好みではない」と言えばいいことです。

柔らかい表現に変わりますが、きちんと本音になっています。

 

相手に「やめたほうがいい」と諭したい場面があるとします。

ストレートに「やめなさい」と命令するより「私なら絶対やらない」という言い方にすれば、相手を傷つけないでしょう。

「自分ならこうする」という自分の立場に置き換えた言い方をすれば、本音であっても相手を傷つける心配がありません。

 

相手に「服が似合っていない」と伝える場面があるとします。

ストレートに「似合っていない」と言うのではなく「あなたらしくないね」と言えば、聞きやすいでしょう。

柔らかい表現に変わりましたが、きちんと本音で話しています。

 

§

 

純粋な人になりたいなら、できるだけ本音を心がけましょう。

相手はあなたのことを「純粋な人だな」と理解してくれます。

本音で話すからこそ、本当の人間関係を構築できます。

本音で話す人こそ、純粋な人なのです。

純粋な人になる方法(7)
  • できるだけ本音で話すようにする。
純粋な人は、ストレートに感情を表現する。

もくじ
純粋な人になる30の方法
純粋な人には「本音で話す習慣」がある。 | 純粋な人になる30の方法

  1. 純粋になるのではない。<br>純粋を取り戻すのだ。
    純粋になるのではない。
    純粋を取り戻すのだ。
  2. 無知だから純粋になれるわけではない。<br>博識だから純粋になれないわけでもない。<br>純粋と知識量は無関係。
    無知だから純粋になれるわけではない。
    博識だから純粋になれないわけでもない。
    純粋と知識量は無関係。
  3. 純粋な人になるためには、恥ずかしい気持ちを克服することが大切。
    純粋な人になるためには、恥ずかしい気持ちを克服することが大切。
  4. 反抗的な態度を取っていると、純粋な人になれない。<br>従順な態度を取っていると、純粋な人になれる。
    反抗的な態度を取っていると、純粋な人になれない。
    従順な態度を取っていると、純粋な人になれる。
  5. 疑う気持ちが強いと、純粋になれない。<br>信じる気持ちが強いと、純粋になれる。
    疑う気持ちが強いと、純粋になれない。
    信じる気持ちが強いと、純粋になれる。
  6. 飾った自分を見せるのではない。<br>ありのままの自分を見せるのだ。
    飾った自分を見せるのではない。
    ありのままの自分を見せるのだ。
  7. 純粋な人には「本音で話す習慣」がある。
    純粋な人には「本音で話す習慣」がある。
  8. 純粋な人は、ストレートに感情を表現する。
    純粋な人は、ストレートに感情を表現する。
  9. 違和感のある意見でも、すぐ否定しない。<br>まず受け入れよう。
    違和感のある意見でも、すぐ否定しない。
    まず受け入れよう。
  10. 愚痴や悪口を言う人に、純粋な人はいない。
    愚痴や悪口を言う人に、純粋な人はいない。
  11. 親の小言を逆らわず受け入れることも、純粋になるトレーニング。
    親の小言を逆らわず受け入れることも、純粋になるトレーニング。
  12. 正直で純粋な人はいても、嘘つきで純粋な人はいない。
    正直で純粋な人はいても、嘘つきで純粋な人はいない。
  13. 純粋な人だから、シンプルを心がけるのではない。<br>シンプルを心がけるから、純粋な人になれる。
    純粋な人だから、シンプルを心がけるのではない。
    シンプルを心がけるから、純粋な人になれる。
  14. 純粋な人には、打算や損得勘定がない。
    純粋な人には、打算や損得勘定がない。
  15. 人によって態度を変える人は、純粋な人とは言えない。
    人によって態度を変える人は、純粋な人とは言えない。
  16. 純粋な人は「心の声」を大切にしている。
    純粋な人は「心の声」を大切にしている。
  17. 駆け引きの名人になるな。<br>ストレートの名人になれ。
    駆け引きの名人になるな。
    ストレートの名人になれ。
  18. 自分が間違っていれば、余計な言い訳をせず、すぐ認める。
    自分が間違っていれば、余計な言い訳をせず、すぐ認める。
  19. 素直な人になると、成長が早くなる。
    素直な人になると、成長が早くなる。
  20. 純粋な人には「何事も真剣に取り組む習慣」がある。
    純粋な人には「何事も真剣に取り組む習慣」がある。
  21. 純粋な人は、直感を大切にする。
    純粋な人は、直感を大切にする。
  22. 純粋な人は、ロジカルよりフィーリングを大切にする。
    純粋な人は、ロジカルよりフィーリングを大切にする。
  23. 純粋な人になることは、素直な人になることでもある。
    純粋な人になることは、素直な人になることでもある。
  24. 純粋な人は、わからないことを質問する習慣がある。
    純粋な人は、わからないことを質問する習慣がある。
  25. 思い立ったら、すぐ行動する習慣をつける。
    思い立ったら、すぐ行動する習慣をつける。
  26. 純粋な人は、人目を気にせず、自分らしく振る舞っている。
    純粋な人は、人目を気にせず、自分らしく振る舞っている。
  27. 心を閉じていると、純粋になれない。<br>心を開くと、純粋になれる。
    心を閉じていると、純粋になれない。
    心を開くと、純粋になれる。
  28. 1人でまったり過ごす時間が、純粋な心を生み出していく。
    1人でまったり過ごす時間が、純粋な心を生み出していく。
  29. 純粋になっても、自己中心になってはいけない。
    純粋になっても、自己中心になってはいけない。
  30. 純粋な人は、理想とする目標があって、いちずに突き進んでいる。
    純粋な人は、理想とする目標があって、いちずに突き進んでいる。

同じカテゴリーの作品