自分磨き

爽やかな人になる
30の方法

3
11

爽やかさと姿勢の美しさは、
比例する。

爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。 | 爽やかな人になる30の方法

爽やかな印象を出すためには、姿勢を意識しましょう。

猫背になっていませんか。

前かがみの姿勢になっていませんか。

パソコンやスマートフォンが普及したせいで、姿勢の悪い人が増えています。

猫背や前かがみの姿勢は、お世辞にも爽やかな様子が出ません。

元気がなく、疲れている様子に見えます。

若い人でも、姿勢が悪いと、10歳老けて見えてしまいます。

悪い姿勢が長期的に続くと、腰痛や内臓圧迫の原因にもなります。

爽やかな俳優やモデルを思い出してください。

爽やかな俳優やモデルは、必ず姿勢がきれいです。

前を向き、背筋が伸び、堂々とした姿勢になっています。

背筋が伸びていると、自信と余裕があふれている様子に見えるので、いっそう爽やかに見えます。

爽やかな人を目指すなら、きれいな姿勢を心がけましょう。

姿勢に遺伝は関係ありません。

姿勢の良しあしは、あなたの心がけがすべてです。

病気や障害である場合を除けば、姿勢は、本人の努力で改善できます。

前を向き、肩の力を抜いて、背筋を伸ばす。

さらに少し顎を引けば、完璧です。

これだけで、美しい姿勢が実現できます。

足を組むのも、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

椅子に座るときも、できるだけ背もたれに寄りかからず、浅めに座り、背筋を伸ばした状態が理想です。

特にパソコンやスマートフォンを使うときは、姿勢が悪くなりやすいため注意が必要です。

パソコンやスマートフォンを使うときでも、できるだけきれいな姿勢を意識しましょう。

「背筋を伸ばすと疲れる」と思うのは、腰の筋肉を使って背筋を伸ばしているからです。

背筋を伸ばすのに、実は筋肉の力はさほど必要ありません。

背骨をまっすぐ安定させ、背骨の上に上半身を載せるようにしてみてください。

こうすると、ほとんど筋肉を使わないので、疲れにくく姿勢を維持できます。

コツをつかんで慣れてくると、実際はきれいな姿勢のほうが疲れにくいことに気づくはずです。

筋肉への負担も小さいため、血液の流れもよくなり、健康的です。

姿勢がよくなると、疲れにくいだけでなく、集中力も持続しやすいメリットもあります。

特に疲れているときは、自然と姿勢も悪くなりやすいため、注意してください。

仕方ない状況もありますが、できるだけ美しい姿勢を心がけましょう。

姿勢が美しいと、魅力的な様子に見えます。

体全身からポジティブな雰囲気が出てくるようになります。

爽やかだから、姿勢がよくなるのではありません。

姿勢がよいから、爽やかになれるのです。

爽やかさと姿勢の美しさは、比例するのです。

爽やかな人になる方法(11)
  • 背筋を伸ばして、美しい姿勢を心がける。
ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
自分も周りも、明るく照らす。

もくじ
爽やかな人になる30の方法
爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。 | 爽やかな人になる30の方法

  1. 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
    爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
  2. 爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。<br>爽やかな笑顔になる4つのポイント。
    爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
    爽やかな笑顔になる4つのポイント。
  3. 何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
    何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
  4. 歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
    歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
  5. 爽やかな人は、肌がきれい。
    爽やかな人は、肌がきれい。
  6. 清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
    清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
  7. 爽やかな印象の服装は、白系が一番。
    爽やかな印象の服装は、白系が一番。
  8. シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
    シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
  9. 爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
    爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
  10. はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
    はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
  11. 爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
    爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
  12. ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。<br>自分も周りも、明るく照らす。
    ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
    自分も周りも、明るく照らす。
  13. 愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
    愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
  14. 爽やかな人は、挨拶も爽やか。<br>爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
    爽やかな人は、挨拶も爽やか。
    爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
  15. 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
    無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
  16. 下を向いて、だらだら歩かない。<br>前を向いて、きびきび歩く。
    下を向いて、だらだら歩かない。
    前を向いて、きびきび歩く。
  17. きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
    きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
  18. トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
    トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
  19. 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。<br>素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
    見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
    素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
  20. 相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
    相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
  21. 疲れるのはいい。<br>大切なのは、疲れを見せないこと。
    疲れるのはいい。
    大切なのは、疲れを見せないこと。
  22. リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
    リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
  23. 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
    爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
  24. 爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
    爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
  25. 怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。<br>爽やかになるためには、優しい性格が大切。
    怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
    爽やかになるためには、優しい性格が大切。
  26. 嫌なことがあっても、引きずらない。<br>次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
    嫌なことがあっても、引きずらない。
    次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
  27. 過去を振り返ったところで仕方ない。<br>常に今を生きることで爽やかな人になれる。
    過去を振り返ったところで仕方ない。
    常に今を生きることで爽やかな人になれる。
  28. パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
    パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
  29. 年齢なんて気にしない。<br>挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
    年齢なんて気にしない。
    挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
  30. 生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。<br>夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。
    生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
    夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

同じカテゴリーの作品