執筆者:水口貴博

爽やかな人になる
30の方法

25
5

怒りっぽい性格では、
爽やかな印象も出ない。
爽やかになるためには、
優しい性格が大切。

怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。爽やかになるためには、優しい性格が大切。 | 爽やかな人になる30の方法

嫌なことがあったとき、すぐ腹を立てていませんか。

不快な出来事に遭遇したとき、すぐむっとしていませんか。

嫌なことがあると、すぐ態度に出る。

いらいらすると、すぐ言葉遣いが悪くなる。

「怒りっぽい性格」という自覚がある人は要注意です。

すぐに怒りっぽい性格は、人から嫌われる原因になります。

「接し方が難しい」と思われるため、人から避けられてしまいます。

モテる人のランキングで「怒りっぽい」が登場することはありません。

残念ながら、怒りっぽい性格は、男女に関係なく、すべての人から嫌われる性格です。

爽やかな印象を出したいなら、優しい人になりましょう。

爽やかな要素の1つに優しさが含まれているため、優しさを心がけると、爽やかな印象も出やすくなります。

どんなことがあっても怒らない。

嫌なことがあってもいらいらしない。

常に穏やかな気持ちを意識する。

いつも親切で、思いやりを心がける。

寛大な心があって、どんなことでも受け入れる。

いらいらする出来事があっても、むしろにこにこした笑顔をすることを心がけたい。

優しさを心がけると、自然と爽やかな印象も出やすくなります。

モテる人のランキングでも「優しい人」という条件は、常に上位です。

優しくなると、自然と人間関係がスムーズになるため、人付き合いも快適になります。

できるだけ優しい性格を心がけましょう。

心の器を大きくして、何でも受け入れようと意識するだけでも、心持ちは変わります。

性格は、遺伝として先天的な要因もありますが、意識をすれば、後から性格を変えていくことも可能です。

たとえば「優しくなろう」と意識するだけでも、心が大きくなって、気持ちが安定しやすくなるでしょう。

「どうせ性格は変えられない」と思うのではよくありません。

「優しい性格になろう」と前向きに心がけたほうが、実現しやすくなります。

いらいらすることがあっても、心の中で我慢して、表に出さないようにします。

日頃から丁寧な言葉遣いと柔和な態度を心がけます。

優しい人になるにつれて、爽やかな印象も出てくるようになるのです。

優しくなるためには、さまざまな経験を積むことも大切です。

楽しいことや嬉しいことだけでなく、つらいことや苦しいことも経験する。

成功体験だけでなく、失敗体験も大切です。

多種多様な経験を積むことで、さまざまな人の気持ちを理解できるようになります。

特につらい出来事は重要です。

そのときは大変で苦しくても、つらい分だけ優しさに変わります。

当事者の気持ちを理解できるようになるので、優しい気持ちも出てくるようになります。

爽やかな人になる方法(25)
  • 優しくなる。
嫌なことがあっても、引きずらない。
次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。

爽やかな人になる30の方法
爽やかな人になる30の方法

  1. 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
    爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
  2. 爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。<br>爽やかな笑顔になる4つのポイント。
    爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
    爽やかな笑顔になる4つのポイント。
  3. 何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
    何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
  4. 歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
    歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
  5. 爽やかな人は、肌がきれい。
    爽やかな人は、肌がきれい。
  6. 清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
    清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
  7. 爽やかな印象の服装は、白系が一番。
    爽やかな印象の服装は、白系が一番。
  8. シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
    シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
  9. 爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
    爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
  10. はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
    はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
  11. 爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
    爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
  12. ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。<br>自分も周りも、明るく照らす。
    ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
    自分も周りも、明るく照らす。
  13. 愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
    愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
  14. 爽やかな人は、挨拶も爽やか。<br>爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
    爽やかな人は、挨拶も爽やか。
    爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
  15. 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
    無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
  16. 下を向いて、だらだら歩かない。<br>前を向いて、きびきび歩く。
    下を向いて、だらだら歩かない。
    前を向いて、きびきび歩く。
  17. きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
    きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
  18. トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
    トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
  19. 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。<br>素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
    見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
    素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
  20. 相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
    相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
  21. 疲れるのはいい。<br>大切なのは、疲れを見せないこと。
    疲れるのはいい。
    大切なのは、疲れを見せないこと。
  22. リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
    リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
  23. 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
    爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
  24. 爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
    爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
  25. 怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。<br>爽やかになるためには、優しい性格が大切。
    怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
    爽やかになるためには、優しい性格が大切。
  26. 嫌なことがあっても、引きずらない。<br>次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
    嫌なことがあっても、引きずらない。
    次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
  27. 過去を振り返ったところで仕方ない。<br>常に今を生きることで爽やかな人になれる。
    過去を振り返ったところで仕方ない。
    常に今を生きることで爽やかな人になれる。
  28. パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
    パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
  29. 年齢なんて気にしない。<br>挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
    年齢なんて気にしない。
    挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
  30. 生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。<br>夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。
    生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
    夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION