執筆者:水口貴博

爽やかな人になる
30の方法

2
4

爽やかな人には、
爽やかな笑顔がある。
爽やかな笑顔になる4つのポイント。

爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。爽やかな笑顔になる4つのポイント。 | 爽やかな人になる30の方法

爽やかな人の特徴の1つ。

それは、爽やかな顔です。

きらきら輝くような笑顔は、まさしく「爽やかの象徴」です。

爽やかな人になりたいなら、まず笑顔が欠かせません。

しかし、一言で「笑顔」と言っても、笑い方はさまざまです。

くすくすした笑い方。

大きな口を開けた笑い方。

はにかんだ笑い方。

ほほ笑むような笑い方。

こそこそした笑い方。

笑い方によって、印象や雰囲気はさまざまです。

上品に見える笑顔もあれば、そう見えにくい笑顔もあります。

何も意識しないで普通に笑うのもいいですが、できるだけ爽やかに見える笑い方を意識したほうが、爽やかな印象も向上します。

ポジティブな気持ちに任せて笑顔を作るのもいいですが、できるだけ爽やかな笑顔を意識してみてください。

爽やかな笑顔を作るには、次の4つがポイントです。

(ポイント1)
無理に笑いを我慢しない

しわができやすくなることを心配して、無理に笑いを我慢する人がいます。

中には笑いじわやほうれい線を気にして、わざと笑いを我慢する人もいるかもしれませんが、考えすぎです。

もちろん重要な会議やデリケートな話し合いなど、笑いを我慢すべき場面もあります。

しかし、無理に笑いを我慢すると、爽やかな印象が出ません。

あくまで私的な場面なら、どんどん笑っていくといいでしょう。

笑いじわにはポジティブな印象があるため、どんなにしわが多くなっても気になりません。

笑っている瞬間は、しみがあっても、目立たなくなります。

無理に笑顔を隠さず、積極的に笑うほうが好印象です。

(ポイント2)
歯を見せる

口を閉じたまま笑うのもいいですが、爽やかさを意識するなら、やはり歯を見せる笑い方のほうが好印象です。

白は、爽やかを象徴する色。

白い歯が見えると、爽やかな印象もアップします。

食後はきちんと歯を磨いておくと、ますます白い歯が引き立ちます。

口臭もきれいになって、一石二鳥です。

白い歯が見えると、ささいな笑顔であっても、明るく笑っているような雰囲気が出ます。

(ポイント3)
上の歯だけ見せる

爽やかさのためには、歯を見せた笑い方が大切ですが、とにかく歯を見せればいいわけではありません。

歯の見せ方にポイントがあります。

下の歯は見せず、上の歯だけ見せる笑顔のほうが、上品で爽やかに見えます。

笑顔との相性も抜群です。

(ポイント4)
手で口元を覆わない

笑うとき、手で口元を覆い隠す人がいます。

もちろん食事中、口の中の食べ物が見えないよう、手で口元を覆うときならいいのです。

食べ物を相手に見せるのは、不快な印象を与えてしまいます。

また、口元のしわを気にして、口元を手で覆い隠す人もいるかもしれません。

しかし、せっかくいい笑顔も、手で隠しては意味がありません。

笑顔になるときは、口元を手で覆わないこと。

「私の笑顔を見て」と言わんばかりに、堂々と笑顔を見せたほうが、爽やかな印象が出ます。

爽やかな人になる方法(2)
  • できるだけ爽やかな笑顔を心がける。
何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。

爽やかな人になる30の方法
爽やかな人になる30の方法

  1. 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
    爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
  2. 爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。<br>爽やかな笑顔になる4つのポイント。
    爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
    爽やかな笑顔になる4つのポイント。
  3. 何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
    何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
  4. 歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
    歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
  5. 爽やかな人は、肌がきれい。
    爽やかな人は、肌がきれい。
  6. 清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
    清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
  7. 爽やかな印象の服装は、白系が一番。
    爽やかな印象の服装は、白系が一番。
  8. シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
    シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
  9. 爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
    爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
  10. はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
    はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
  11. 爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
    爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
  12. ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。<br>自分も周りも、明るく照らす。
    ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
    自分も周りも、明るく照らす。
  13. 愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
    愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
  14. 爽やかな人は、挨拶も爽やか。<br>爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
    爽やかな人は、挨拶も爽やか。
    爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
  15. 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
    無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
  16. 下を向いて、だらだら歩かない。<br>前を向いて、きびきび歩く。
    下を向いて、だらだら歩かない。
    前を向いて、きびきび歩く。
  17. きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
    きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
  18. トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
    トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
  19. 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。<br>素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
    見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
    素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
  20. 相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
    相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
  21. 疲れるのはいい。<br>大切なのは、疲れを見せないこと。
    疲れるのはいい。
    大切なのは、疲れを見せないこと。
  22. リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
    リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
  23. 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
    爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
  24. 爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
    爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
  25. 怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。<br>爽やかになるためには、優しい性格が大切。
    怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
    爽やかになるためには、優しい性格が大切。
  26. 嫌なことがあっても、引きずらない。<br>次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
    嫌なことがあっても、引きずらない。
    次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
  27. 過去を振り返ったところで仕方ない。<br>常に今を生きることで爽やかな人になれる。
    過去を振り返ったところで仕方ない。
    常に今を生きることで爽やかな人になれる。
  28. パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
    パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
  29. 年齢なんて気にしない。<br>挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
    年齢なんて気にしない。
    挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
  30. 生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。<br>夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。
    生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
    夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION