自分磨き

爽やかな人になる
30の方法

5
21

疲れるのはいい。
大切なのは、
疲れを見せないこと。

疲れるのはいい。大切なのは、疲れを見せないこと。 | 爽やかな人になる30の方法

疲れたとき、あなたはどんな態度になりますか。

声が小さくなる。

動きが遅くなる。

表情が悪くなる。

疲れたときは、元気のない様子になることが多いのではないでしょうか。

心身に疲労がたまると、パフォーマンスが悪くなるのも当然です。

疲れた様子だけでなく、中には態度や言葉遣いまで悪くなる人もいるかもしれません。

疲れないように生活したいところですが、勉強や仕事があると、どうしても疲れもたまってしまうでしょう。

「疲れは防ぎようがない」と思う人もいるかもしれません。

ここに大切なポイントがあります。

疲れるのはいいのです。

大切なのは、疲れを見せないこと。

演技でもいい。

虚勢でもいい。

空元気でもいい。

表情が引きつっていて、相手にばれるかもしれませんが、努力だけはしたいところ。

できるだけ疲れを見せない努力をしましょう。

元気がなくても、気合を入れて、元気なふりをする。

体はだるくても、しっかり前を向いて、きびきび動く。

心や体はへとへとでも、一踏ん張りして、表情はにこにこを心がける。

不機嫌であっても、表を繕って、機嫌がいいふりをする。

落ち込み気味でも、気持ちを引き締めて、明るいふりをする。

そうすれば、明るくて爽やかな印象を出せます。

爽やかでいるために、できるだけ疲れを見せない努力をすることが大切です。

疲れていても、できるだけ表を繕って、疲れていない様子を見せましょう。

疲れないことが素晴らしいのではありません。

疲れを見せないことが素晴らしいのです。

疲れを見せないのは、優しさの表れです。

表向きだけでも、元気を繕うことが大切です。

元気なふりをしていると、心身が引き締まり、だんだん本当に元気が出てくるようになるでしょう。

爽やかな人になる方法(21)
  • できるだけ疲れを見せない努力をする。
リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。

もくじ
爽やかな人になる30の方法
疲れるのはいい。大切なのは、疲れを見せないこと。 | 爽やかな人になる30の方法

  1. 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
    爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
  2. 爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。<br>爽やかな笑顔になる4つのポイント。
    爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
    爽やかな笑顔になる4つのポイント。
  3. 何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
    何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
  4. 歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
    歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
  5. 爽やかな人は、肌がきれい。
    爽やかな人は、肌がきれい。
  6. 清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
    清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
  7. 爽やかな印象の服装は、白系が一番。
    爽やかな印象の服装は、白系が一番。
  8. シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
    シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
  9. 爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
    爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
  10. はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
    はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
  11. 爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
    爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
  12. ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。<br>自分も周りも、明るく照らす。
    ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
    自分も周りも、明るく照らす。
  13. 愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
    愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
  14. 爽やかな人は、挨拶も爽やか。<br>爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
    爽やかな人は、挨拶も爽やか。
    爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
  15. 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
    無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
  16. 下を向いて、だらだら歩かない。<br>前を向いて、きびきび歩く。
    下を向いて、だらだら歩かない。
    前を向いて、きびきび歩く。
  17. きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
    きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
  18. トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
    トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
  19. 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。<br>素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
    見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
    素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
  20. 相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
    相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
  21. 疲れるのはいい。<br>大切なのは、疲れを見せないこと。
    疲れるのはいい。
    大切なのは、疲れを見せないこと。
  22. リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
    リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
  23. 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
    爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
  24. 爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
    爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
  25. 怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。<br>爽やかになるためには、優しい性格が大切。
    怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
    爽やかになるためには、優しい性格が大切。
  26. 嫌なことがあっても、引きずらない。<br>次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
    嫌なことがあっても、引きずらない。
    次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
  27. 過去を振り返ったところで仕方ない。<br>常に今を生きることで爽やかな人になれる。
    過去を振り返ったところで仕方ない。
    常に今を生きることで爽やかな人になれる。
  28. パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
    パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
  29. 年齢なんて気にしない。<br>挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
    年齢なんて気にしない。
    挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
  30. 生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。<br>夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。
    生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
    夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

同じカテゴリーの作品