自分磨き

爽やかな人になる
30の方法

2
5

爽やかな人は、
肌がきれい。

爽やかな人は、肌がきれい。 | 爽やかな人になる30の方法

爽やかな人には、きれいな肌が特徴です。

透明感のある肌。

つるつるとした肌。

しっとり柔らかな肌。

きれいな肌は、爽やかなシンボルの1つです。

活躍している俳優やモデルはみんな、うっとりするほどきれいな肌です。

肌が美しいだけで、自然と爽やかに映ります。

もちろんにきびや吹き出物があるからといって、悪いわけではありません。

思春期なら、にきびができるのは普通のこと。

皮脂の分泌が活発になる時期なら、肌が荒れることもあるでしょう。

大人であっても、仕事で頑張っていると、ストレスや睡眠不足が原因で肌の調子が悪くなることもあります。

悩みもストレスもない生活を送りたいところですが、現代社会ではなかなか難しいのが現実です。

 

しかし、仕方ない状況とはいえ、放置するのはよくありません。

にきびや吹き出物でいっぱいの肌は、爽やかさを妨げてしまう要因の1つです。

肌が荒れているよりきれいであるほうが、好印象なのは間違いありません。

爽やかな人を目指すなら、きれいな肌になるよう心がけましょう。

きれいな肌のほうが、見た目も雰囲気も爽やかになれます。

 

スキンケア

 

まず大切なのは、スキンケアです。

きちんと洗顔料や化粧品を使って、肌を清潔な状態に保ちます。

肌が乾燥すると、肌荒れだけでなく、しわの原因にもつながります。

肌が乾燥しないよう、保湿を心がけましょう。

乾燥肌の人は、入念な保湿を心がけ、潤いのある肌を保ちましょう。

脂性肌の人は、小まめな洗顔を心がけ、余計な皮脂や角質を取り除きます。

にきびや吹き出物に悩んでいるなら、専用の洗顔料や化粧品を使うといいでしょう。

お金や手間暇はかかりますが「肌への投資」として考えると、十分な価値はあるはずです。

日焼け対策・紫外線対策も、年間を通して心がけたい。

紫外線は、遺伝子を傷つけるため、肌の老化だけでなく、しみやそばかすの原因にもなります。

また紫外線は、にきびの原因になることも知られています。

にきびの原因であるアクネ菌は、紫外線を感知すると「ポルフィリン」という毒素が発生します。

紫外線は、活性酸素の発生も促すため、にきびの悪化につながります。

日光に当たることが多いときは、きちんと日焼け止めを塗っておきましょう。

 

食事と睡眠

 

見落としがちなのは、食事と睡眠です。

スキンケアさえ重視すれば、肌がきれいになると思うのは誤解です。

肌の表面をきれいにするなら、スキンケアが有効ですが、肌を内側からきれいにするなら、食事と睡眠が重要です。

肌は、食事から作られます。

栄養バランスの取れた食事をして、肌にたっぷり栄養を与えましょう。

成長ホルモンの大半は、睡眠中に分泌されます。

また肌の新陳代謝の大半は、睡眠中に行われます。

しっかり睡眠を取れば、成長ホルモンも分泌され、肌の新陳代謝も促されます。

質のよい食事と睡眠は、質のよい肌を作る土台です。

スキンケアだけでなく、食事と睡眠も重要課題として取り組みましょう。

 

ストレス対策

 

勉強や仕事など、私たちの生活はストレスに満ちています。

ストレスとは切っても切れない関係ですが、大切なのはストレスとの付き合い方です。

できるだけストレスを減らす生活を心がけましょう。

また、ストレスがあっても、ためすぎないことも大切です。

ストレスをためると、ホルモンバランスが崩れる原因になるため、肌に影響します。

ストレスをため込まないよう、定期的にストレスを発散させていきましょう。

趣味を楽しむのもよし。

運動を楽しむのもよし。

温泉やマッサージなどリラックスを楽しむのもよし。

睡眠不足なら、時間があるときに、とにかく寝るのもいいでしょう。

平日は忙しくても、週末や休暇にたっぷり寝るのも、上手な過ごし方です。

スキンケアだけでなく、食事・睡眠・ストレス解消を心がけることで、肌の調子も整っていきます。

 

 

にきびは病気の一種

 

意外と知られていないことですが、にきびや吹き出物は、れっきとした皮膚の病気です。

正式な病名は「尋常性挫創(じんじょうせい・ざそう)」と呼ばれます。

アクネ菌が増殖して、肌に炎症を起こす症状です。

放置しておくと、症状が長期化して、陥没の跡が残ることもあります。

陥没の跡は、一度できると、なかなか改善が難しいため厄介です。

「思春期だから直せない」「大人の吹き出物は仕方ない」と諦めないでください。

思春期のにきびであれ、大人のにきびであれ、なかなか治りにくいかもしれませんが、治せる病気です。

なかなか肌荒れが治らなくて困っているなら、早めに病院で診てもらうといいでしょう。

爽やかな人になる方法(5)
  • 少しでもきれいな肌になるよう、スキンケア・食事・睡眠・ストレス対策を心がける。
清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。

もくじ
爽やかな人になる30の方法
爽やかな人は、肌がきれい。 | 爽やかな人になる30の方法

  1. 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
    爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
  2. 爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。<br>爽やかな笑顔になる4つのポイント。
    爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
    爽やかな笑顔になる4つのポイント。
  3. 何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
    何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
  4. 歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
    歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
  5. 爽やかな人は、肌がきれい。
    爽やかな人は、肌がきれい。
  6. 清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
    清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
  7. 爽やかな印象の服装は、白系が一番。
    爽やかな印象の服装は、白系が一番。
  8. シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
    シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
  9. 爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
    爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
  10. はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
    はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
  11. 爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
    爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
  12. ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。<br>自分も周りも、明るく照らす。
    ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
    自分も周りも、明るく照らす。
  13. 愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
    愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
  14. 爽やかな人は、挨拶も爽やか。<br>爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
    爽やかな人は、挨拶も爽やか。
    爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
  15. 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
    無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
  16. 下を向いて、だらだら歩かない。<br>前を向いて、きびきび歩く。
    下を向いて、だらだら歩かない。
    前を向いて、きびきび歩く。
  17. きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
    きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
  18. トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
    トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
  19. 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。<br>素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
    見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
    素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
  20. 相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
    相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
  21. 疲れるのはいい。<br>大切なのは、疲れを見せないこと。
    疲れるのはいい。
    大切なのは、疲れを見せないこと。
  22. リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
    リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
  23. 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
    爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
  24. 爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
    爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
  25. 怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。<br>爽やかになるためには、優しい性格が大切。
    怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
    爽やかになるためには、優しい性格が大切。
  26. 嫌なことがあっても、引きずらない。<br>次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
    嫌なことがあっても、引きずらない。
    次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
  27. 過去を振り返ったところで仕方ない。<br>常に今を生きることで爽やかな人になれる。
    過去を振り返ったところで仕方ない。
    常に今を生きることで爽やかな人になれる。
  28. パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
    パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
  29. 年齢なんて気にしない。<br>挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
    年齢なんて気にしない。
    挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
  30. 生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。<br>夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。
    生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
    夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

同じカテゴリーの作品