自分磨き

爽やかな人になる
30の方法

1
9

爽やかな香水をつけたから、
爽やかな印象が出るとは限らない。

爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。 | 爽やかな人になる30の方法

「そうだ。香水を使えば、爽やかな印象を出しやすくなるのではないか」

香水は、よい香りがするので、爽やかな印象が出やすいと考える人もいるでしょう。

香水は、見えないアクセサリーです。

見ることも触れることもできませんが、おしゃれの1つとして有効です。

 

たしかに世の中には、爽やかな印象をテーマにした香水も存在します。

 

たとえば、シトラス系の香水です。

レモン・オレンジ・グレープフルーツ。

新鮮で澄み切った印象があるため、爽やかな印象も出やすくなるでしょう。

また、ソープ系の香りも爽やかな印象として定評です。

清潔感のある香りには、爽快ですっきりした印象が出るでしょう。

そのほか、メーカー独自で開発した香りもあります。

バラやハーブに似た香りには、爽やかな印象だけでなく、ほんのりした色気も感じさせます。

爽やかな印象を与える香水なら、積極的に使っていきたいと思う人も多いかもしれません。

もちろん香水の利用も選択肢の1つですが、安易な利用には注意してください。

香水の難しいところは「人によって好みがわかれる」という点です。

自分では「爽やかな香り」と思っていても、相手にとっては「苦手な香り」と感じるかもしれません。

香りの好みは、人それぞれ。

残念ながら、すべての人に好かれる香りはありません。

爽やかな香りとしてはシトラス系が代表的ですが、世の中には、シトラス系の香りさえ苦手とする人がいます。

爽やかな印象アップとして、香水の利用も1つの選択肢ですが、無理に使わなければいけないものではありません。

つまり、爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らないのです。

たとえ相手が好む香りだとしても、つけすぎると悪臭に変わります。

臭覚は、においに慣れやすい特徴があります。

最初は少量でも、何度か使っているうちにだんだん量が多くなる場合があります。

爽やかな人になるつもりが、かえって悪臭の目立つ人になっては笑えません。

香水を利用するのもいいですが、付け方には注意したほうがいいでしょう。

香水をつけるなら、目安は、ほのかに香る程度です。

直接体に吹き付けるのは避けます。

天井に向けて香水を拭きかけ、落ちてくる霧の中をくぐるのがいいでしょう。

香水をつけるべきか迷ったら、つけないのが無難です。

無臭を嫌う人はいません。

香りがないのは、刺激がなくてつまらなく感じますが、最も無難です。

爽やかな人になる方法(9)
  • 清潔感を出すために香水を使うなら、量や場面で注意する。
  • 迷ったら無臭にする。
はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。

もくじ
爽やかな人になる30の方法
爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。 | 爽やかな人になる30の方法

  1. 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
    爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
  2. 爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。<br>爽やかな笑顔になる4つのポイント。
    爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
    爽やかな笑顔になる4つのポイント。
  3. 何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
    何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
  4. 歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
    歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
  5. 爽やかな人は、肌がきれい。
    爽やかな人は、肌がきれい。
  6. 清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
    清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
  7. 爽やかな印象の服装は、白系が一番。
    爽やかな印象の服装は、白系が一番。
  8. シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
    シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
  9. 爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
    爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
  10. はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
    はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
  11. 爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
    爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
  12. ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。<br>自分も周りも、明るく照らす。
    ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
    自分も周りも、明るく照らす。
  13. 愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
    愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
  14. 爽やかな人は、挨拶も爽やか。<br>爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
    爽やかな人は、挨拶も爽やか。
    爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
  15. 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
    無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
  16. 下を向いて、だらだら歩かない。<br>前を向いて、きびきび歩く。
    下を向いて、だらだら歩かない。
    前を向いて、きびきび歩く。
  17. きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
    きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
  18. トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
    トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
  19. 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。<br>素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
    見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
    素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
  20. 相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
    相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
  21. 疲れるのはいい。<br>大切なのは、疲れを見せないこと。
    疲れるのはいい。
    大切なのは、疲れを見せないこと。
  22. リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
    リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
  23. 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
    爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
  24. 爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
    爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
  25. 怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。<br>爽やかになるためには、優しい性格が大切。
    怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
    爽やかになるためには、優しい性格が大切。
  26. 嫌なことがあっても、引きずらない。<br>次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
    嫌なことがあっても、引きずらない。
    次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
  27. 過去を振り返ったところで仕方ない。<br>常に今を生きることで爽やかな人になれる。
    過去を振り返ったところで仕方ない。
    常に今を生きることで爽やかな人になれる。
  28. パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
    パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
  29. 年齢なんて気にしない。<br>挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
    年齢なんて気にしない。
    挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
  30. 生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。<br>夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。
    生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
    夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

同じカテゴリーの作品