執筆者:水口貴博

爽やかな人になる
30の方法

3
9

何でもないときでも、
にこにこした表情を心がける。

何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。 | 爽やかな人になる30の方法

無表情になっていませんか。

仏頂面になっていませんか。

どちらも普通の表情と思うかもしれませんが、注意が必要です。

無表情も仏頂面も、普通の表情ではあるものの、不機嫌に見えやすい特徴があります。

機嫌は悪くないにもかかわらず、不機嫌のように見られるのは損でしょう。

感情や気持ちが感じられないため、周りの人から見て、何を考えているのかわかりにくい雰囲気が出ます。

なにより「華」がありません。

無表情も仏頂面も、普通の表情であるゆえに、ポジティブな印象がありません。

人を寄せ付ける魅力が少ないため、人から話しかけられにくくなります。

そこで心がけたいのが、笑顔です。

最も爽やかな表情は、にこにこした笑顔です。

面白いことがあって笑うときは、白い歯を見せて笑いましょう。

笑うときには、しっかり笑うこと。

笑いじわができても、歯茎が見えても、気にしない。

声を出して笑うことも大切です。

しっかり声を出して笑うほうが、明るく楽しく爽やかな印象も出やすくなります。

また、笑うときだけでなく、普段からにこにこした表情を心がけたい。

つまり、何でもないときでも、にこにこした表情を心がけるということです。

「面白いことがないのに笑えない」と思うのは考えすぎです。

大げさに笑うわけではなく、ほほ笑む程度でいいのです。

ほほ笑むくらいなら、今すぐできるはずです。

たとえば、広角を少し上げてみてください。

口角を少し上げてみるだけで、にっこりほほ笑んだ表情の出来上がりです。

少しだけ口角に力を入れるだけですが、全体的な表情はずいぶん変わります。

普段から口角を上げた口元を意識していれば、明るくて爽やかな印象が出やすくなります。

不思議なことに、笑顔を心がけていると、だんだん明るい気持ちになっていくでしょう。

爽やかな俳優やモデルを思い浮かべてください。

爽やかな人は、話しているときににこにこしているのはもちろん、黙っているときもにこにこしています。

むすっとした表情は見せず、いつもにこにこした表情です。

だからいつも表情に華があり、明るく爽やかな雰囲気が出てきます。

「自分には無理だ」と思わないでください。

笑顔は、すべての人に与えられた素晴らしい能力です。

笑顔、笑顔、また笑顔。

ぜひ、笑顔の似合う人になってください。

優れた話術がなくても、にこにこしているだけで、明るい雰囲気を出せます。

にこにこした表情が普段の表情になれば、自然と爽やかな人になれるのです。

爽やかな人になる方法(3)
  • 普段からにこにこした笑顔を心がける。
歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。

爽やかな人になる30の方法
爽やかな人になる30の方法

  1. 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
    爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
  2. 爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。<br>爽やかな笑顔になる4つのポイント。
    爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
    爽やかな笑顔になる4つのポイント。
  3. 何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
    何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
  4. 歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
    歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
  5. 爽やかな人は、肌がきれい。
    爽やかな人は、肌がきれい。
  6. 清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
    清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
  7. 爽やかな印象の服装は、白系が一番。
    爽やかな印象の服装は、白系が一番。
  8. シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
    シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
  9. 爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
    爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
  10. はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
    はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
  11. 爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
    爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
  12. ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。<br>自分も周りも、明るく照らす。
    ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
    自分も周りも、明るく照らす。
  13. 愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
    愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
  14. 爽やかな人は、挨拶も爽やか。<br>爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
    爽やかな人は、挨拶も爽やか。
    爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
  15. 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
    無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
  16. 下を向いて、だらだら歩かない。<br>前を向いて、きびきび歩く。
    下を向いて、だらだら歩かない。
    前を向いて、きびきび歩く。
  17. きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
    きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
  18. トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
    トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
  19. 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。<br>素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
    見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
    素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
  20. 相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
    相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
  21. 疲れるのはいい。<br>大切なのは、疲れを見せないこと。
    疲れるのはいい。
    大切なのは、疲れを見せないこと。
  22. リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
    リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
  23. 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
    爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
  24. 爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
    爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
  25. 怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。<br>爽やかになるためには、優しい性格が大切。
    怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
    爽やかになるためには、優しい性格が大切。
  26. 嫌なことがあっても、引きずらない。<br>次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
    嫌なことがあっても、引きずらない。
    次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
  27. 過去を振り返ったところで仕方ない。<br>常に今を生きることで爽やかな人になれる。
    過去を振り返ったところで仕方ない。
    常に今を生きることで爽やかな人になれる。
  28. パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
    パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
  29. 年齢なんて気にしない。<br>挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
    年齢なんて気にしない。
    挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
  30. 生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。<br>夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。
    生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
    夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION