執筆者:水口貴博

爽やかな人になる
30の方法

6
2

清潔感なくして、
爽やかな人にはなれない。

清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。 | 爽やかな人になる30の方法

爽やかな印象に欠かせないのは、清潔感です。

どれだけ性格が明るくて、どんなに笑顔がすてきでも、不潔では台無しです。

不潔な状態で爽やかな人になるのは、不可能です。

爽やかを心がけるうえで清潔感は最重要の1つですから、しっかり意識する必要があります。

もちろん完璧な清潔感を心がける必要はありません。

清潔感はあればあるほどいいですが、相手に不快感を与えない程度で十分です。

清潔感は「ここだけすればいい」というものではありません。

清潔感は、全体的な雰囲気から総合的に判断されるものです。

次のことを、できる範囲から1つずつ心がけていくと、清潔感が出やすくなります。

服装

普段からきれいめの服装を意識しましょう。

靴・ズボン・Tシャツに注目してみてください。

客観的に身だしなみを見たとき、汚れが目立っていないでしょうか。

自分では問題ないつもりでも、いつの間にか汚れや黄ばみが目立ち、相手に不快感を与えることがあります。

節約精神も大事ですが、清潔感はもっと大事です。

同じ衣類を長く愛用するのもいいですが、汚れや黄ばみが目立ってきたら、新しく買い換えたほうがいいでしょう。

爪はきちんと短く切っておきましょう。

中には長く伸ばしたい人もいるかもしれませんが、爪が長いと、垢もたまりやすくなって不衛生です。

短く爪を切っておくほうが、指も動かしやすくなって快適です。

地味に見えるかもしれませんが、清潔感は最高です。

ふけ

ふけにも注意しましょう。

肩にふけが落ちていませんか。

頭皮にも新陳代謝があるので、誰でもふけはありますが、目立ちやすさには個人差があります。

ふけが目立つなら、ふけを防止するシャンプーやリンスがあるので、検討してみるといいでしょう。

食後は、きちんと歯磨きを心がけましょう。

きれいに歯を磨いて、食べかすを取り除きます。

食べかすが歯の隙間に挟まっているなら、歯間ブラシを使って取り除くといいでしょう。

白い歯を保つことができれば、笑顔にも自信がつきます。

きちんと歯磨き粉を使って歯を磨けば、息もきれいになって快適です。

ひげ

男性なら、ひげのケアも欠かせません。

ひげは、必ずらなければいけないわけではありません。

注意したいのは、無精ひげです。

ひげにこだわりがあるのもいいですが、無精ひげでは清潔感に乏しいと言えるでしょう。

おしゃれの一環としてひげを残したいなら、せめて形や長さを整えておくほうが好印象です。

ひげの処理に迷ったら、きちんと剃っておくのが無難です。

持ち物

見落としがちなのは、持ち物です。

持ち物も、身だしなみの1つと考えてください。

せっかく身だしなみはきれいでも、持ち物が不衛生では、爽やかな印象が出ません。

財布やバッグなど、汚れたり擦り切れたりしていると、かっこよくありません。

もし長く愛用しているものなら、メンテナンスが有効です。

裁縫や手芸が苦手なら、専門の業者に依頼するのも選択肢の1つです。

もし汚れや傷が目立って対処のしようがなければ、新しく買い換えるのも1つの選択肢です。

体臭

体臭にも気をつけてください。

香水の香りはOKでも、汗臭いにおいはNGです。

悪臭は目に見えませんが、不快感を与える力は絶大です。

何日もお風呂に入っていないと、だんだん汗臭いにおいが目立つようになります。

汗と垢が混ざってしばらく経つと、独特のアンモニア臭が漂い始めます。

たとえほのかににおう程度でも、大きな減点になります。

当然ですが、汗臭いにおいを、香水で消そうとするのは言語道断です。

においが上書きされそうですが、実際はにおいの分子がアンバランスに入り交じり、異臭になるだけです。

忙しいときもあるでしょうが、できるだけ毎日入浴を心がけるのが得策です。

§

清潔感は、総合的な心がけが大切です。

「爪だけ」「服装だけ」「持ち物だけ」と部分的に意識するのではなく、全体的に心がけることが大切です。

また、清潔感は、日々の生活習慣が大事です。

1回かぎりではなく、普段から習慣として心がけることで、爽やかな印象も定着します。

爽やかな人になる方法(6)
  • 清潔感が出るように意識する。
爽やかな印象の服装は、白系が一番。

爽やかな人になる30の方法
爽やかな人になる30の方法

  1. 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
    爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
  2. 爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。<br>爽やかな笑顔になる4つのポイント。
    爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
    爽やかな笑顔になる4つのポイント。
  3. 何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
    何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
  4. 歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
    歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
  5. 爽やかな人は、肌がきれい。
    爽やかな人は、肌がきれい。
  6. 清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
    清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
  7. 爽やかな印象の服装は、白系が一番。
    爽やかな印象の服装は、白系が一番。
  8. シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
    シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
  9. 爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
    爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
  10. はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
    はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
  11. 爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
    爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
  12. ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。<br>自分も周りも、明るく照らす。
    ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
    自分も周りも、明るく照らす。
  13. 愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
    愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
  14. 爽やかな人は、挨拶も爽やか。<br>爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
    爽やかな人は、挨拶も爽やか。
    爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
  15. 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
    無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
  16. 下を向いて、だらだら歩かない。<br>前を向いて、きびきび歩く。
    下を向いて、だらだら歩かない。
    前を向いて、きびきび歩く。
  17. きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
    きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
  18. トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
    トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
  19. 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。<br>素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
    見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
    素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
  20. 相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
    相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
  21. 疲れるのはいい。<br>大切なのは、疲れを見せないこと。
    疲れるのはいい。
    大切なのは、疲れを見せないこと。
  22. リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
    リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
  23. 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
    爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
  24. 爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
    爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
  25. 怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。<br>爽やかになるためには、優しい性格が大切。
    怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
    爽やかになるためには、優しい性格が大切。
  26. 嫌なことがあっても、引きずらない。<br>次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
    嫌なことがあっても、引きずらない。
    次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
  27. 過去を振り返ったところで仕方ない。<br>常に今を生きることで爽やかな人になれる。
    過去を振り返ったところで仕方ない。
    常に今を生きることで爽やかな人になれる。
  28. パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
    パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
  29. 年齢なんて気にしない。<br>挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
    年齢なんて気にしない。
    挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
  30. 生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。<br>夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。
    生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
    夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION