自分磨き

爽やかな人になる
30の方法

2
16

下を向いて、
だらだら歩かない。
前を向いて、
きびきび歩く。

下を向いて、だらだら歩かない。前を向いて、きびきび歩く。 | 爽やかな人になる30の方法

自分の歩き方を振り返ってみましょう。

歩く行為は、平凡で日常的なので、意識することは少ないかもしれません。

勉強や努力をしなくても、誰でも普通にできること。

歩き方について、意識することは少ないのではないでしょうか。

 

しかし、歩き方も、爽やかな印象に影響するポイントの1つです。

歩き方によって、あなたの印象はずいぶん変わります。

まず気をつけたいのは、だらだらした歩き方です。

のろのろ歩く。

うつむきながら歩く。

足を引きずるように歩く。

けがや病気をしているわけでもないのに、だらだらした歩き方をしているのは、爽やかではありません。

疲れて気だるそうな様子があって、暗いイメージがあります。

やる気や元気がなくて、疲れている様子に見えます。

若い人が下を向きながらだらだら歩いていると、10歳年を取って見えるでしょう。

いくら清潔感があろうと笑顔がすてきであろうと、だらだらした歩き方をしていると、爽やかには見えないのです。

爽やかな人を目指すなら、きびきびした歩き方を心がけましょう。

前を向き、背筋を伸ばして、さっそうと歩きましょう。

わざわざ小走りをする必要はありませんが、スピード感のある歩き方は大切です。

歩き方にスピード感があると、動きが引き締まって、爽やかな印象が出やすくなります。

きびきびした歩き方からは、力強さとりりしさが感じられます。

目的を持って効率よく動いているような印象も出て、かっこいい。

少し大股になって歩くと、余裕のある印象も出やすくなるでしょう。

注意したいのは、疲れているときです。

疲れているときは、下を向いたり、すり足になったりして、歩き方が弱々しくなりやすい。

仕方ないときもありますが、できるだけきびきびした歩き方を心がけましょう。

歩き方を意識するだけで、今すぐあなたは爽やかになれます。

爽やかな人になる方法(16)
  • だらだらした歩き方より、きびきびした歩き方を心がける。
きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。

もくじ
爽やかな人になる30の方法
下を向いて、だらだら歩かない。前を向いて、きびきび歩く。 | 爽やかな人になる30の方法

  1. 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
    爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
  2. 爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。<br>爽やかな笑顔になる4つのポイント。
    爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
    爽やかな笑顔になる4つのポイント。
  3. 何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
    何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
  4. 歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
    歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
  5. 爽やかな人は、肌がきれい。
    爽やかな人は、肌がきれい。
  6. 清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
    清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
  7. 爽やかな印象の服装は、白系が一番。
    爽やかな印象の服装は、白系が一番。
  8. シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
    シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
  9. 爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
    爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
  10. はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
    はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
  11. 爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
    爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
  12. ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。<br>自分も周りも、明るく照らす。
    ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
    自分も周りも、明るく照らす。
  13. 愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
    愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
  14. 爽やかな人は、挨拶も爽やか。<br>爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
    爽やかな人は、挨拶も爽やか。
    爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
  15. 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
    無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
  16. 下を向いて、だらだら歩かない。<br>前を向いて、きびきび歩く。
    下を向いて、だらだら歩かない。
    前を向いて、きびきび歩く。
  17. きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
    きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
  18. トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
    トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
  19. 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。<br>素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
    見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
    素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
  20. 相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
    相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
  21. 疲れるのはいい。<br>大切なのは、疲れを見せないこと。
    疲れるのはいい。
    大切なのは、疲れを見せないこと。
  22. リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
    リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
  23. 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
    爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
  24. 爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
    爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
  25. 怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。<br>爽やかになるためには、優しい性格が大切。
    怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
    爽やかになるためには、優しい性格が大切。
  26. 嫌なことがあっても、引きずらない。<br>次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
    嫌なことがあっても、引きずらない。
    次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
  27. 過去を振り返ったところで仕方ない。<br>常に今を生きることで爽やかな人になれる。
    過去を振り返ったところで仕方ない。
    常に今を生きることで爽やかな人になれる。
  28. パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
    パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
  29. 年齢なんて気にしない。<br>挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
    年齢なんて気にしない。
    挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
  30. 生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。<br>夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。
    生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
    夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

同じカテゴリーの作品