執筆者:水口貴博

爽やかな人になる
30の方法

8
7

シンプルな身だしなみから、
爽やかな印象が生まれる。

シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。 | 爽やかな人になる30の方法

爽やかを意識するとき、注意したい身だしなみがあります。

それは、派手な身だしなみです。

爽やかな印象を出したいとき、派手な身だしなみを考える人もいるかもしれません。

派手なアクセサリーを身につける。

しっかり化粧をする。

高級ブランド品を身につける。

「何もしないより、何かしたほうがいい」

「何も飾らないより、何か飾ったほうがいい」

そう思って、積極的なおしゃれをしたくなる人も多いのではないでしょうか。

たしかに身だしなみを整える意味では、素晴らしい心がけです。

不潔な身だしなみに比べれば、はるかに好印象。

清潔感があって、整った印象もあり、積極的な雰囲気もある。

「きちんとした自分を見せたい」という意欲も感じられます。

少なくとも不快な印象はないはずです。

しかし、爽やかな印象を出したいなら、派手な身だしなみは落とし穴です。

派手な身だしなみからは、承認欲求や自己顕示欲が感じられます。

アピールが強いと、自己中心と思われ、逆に興ざめをさせる恐れがあります。

強い主張や個性が感じられると、爽やかな印象を妨げてしまうでしょう。

大切なのは、あくまで清潔感。

派手にすることではないのです。

では、どんな身だしなみを心がけるべきか。

身だしなみは、シンプルを心がけましょう。

厚化粧は避け、薄化粧を心がけます。

派手なアクセサリーは避け、落ち着いたアクセサリーで十分です。

持ち物も、無理に高級ブランド品を持つ必要はなく、普通のブランドで十分です。

ロゴが目立つものは避け、無地か、控えめの柄がいいでしょう。

シンプルを恐れないでください。

地味で質素に思えるかもしれませんが誤解です。

シンプルな身だしなみは、基本の印象があるため、爽やかな雰囲気が出やすくなります。

シンプルな身だしなみをしていると、心も考え方もシンプルに見えます。

もし自分で判断しにくいなら、周りの人に身だしなみを確認してもらってもかまいません。

「派手すぎないかな?」と聞いてみると、客観的に評価してくれるでしょう。

シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれるのです。

爽やかな人になる方法(8)
  • 身だしなみは、派手ではなく、シンプルを心がける。
爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。

爽やかな人になる30の方法
爽やかな人になる30の方法

  1. 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
    爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
  2. 爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。<br>爽やかな笑顔になる4つのポイント。
    爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
    爽やかな笑顔になる4つのポイント。
  3. 何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
    何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
  4. 歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
    歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
  5. 爽やかな人は、肌がきれい。
    爽やかな人は、肌がきれい。
  6. 清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
    清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
  7. 爽やかな印象の服装は、白系が一番。
    爽やかな印象の服装は、白系が一番。
  8. シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
    シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
  9. 爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
    爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
  10. はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
    はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
  11. 爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
    爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
  12. ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。<br>自分も周りも、明るく照らす。
    ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
    自分も周りも、明るく照らす。
  13. 愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
    愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
  14. 爽やかな人は、挨拶も爽やか。<br>爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
    爽やかな人は、挨拶も爽やか。
    爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
  15. 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
    無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
  16. 下を向いて、だらだら歩かない。<br>前を向いて、きびきび歩く。
    下を向いて、だらだら歩かない。
    前を向いて、きびきび歩く。
  17. きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
    きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
  18. トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
    トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
  19. 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。<br>素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
    見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
    素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
  20. 相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
    相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
  21. 疲れるのはいい。<br>大切なのは、疲れを見せないこと。
    疲れるのはいい。
    大切なのは、疲れを見せないこと。
  22. リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
    リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
  23. 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
    爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
  24. 爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
    爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
  25. 怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。<br>爽やかになるためには、優しい性格が大切。
    怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
    爽やかになるためには、優しい性格が大切。
  26. 嫌なことがあっても、引きずらない。<br>次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
    嫌なことがあっても、引きずらない。
    次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
  27. 過去を振り返ったところで仕方ない。<br>常に今を生きることで爽やかな人になれる。
    過去を振り返ったところで仕方ない。
    常に今を生きることで爽やかな人になれる。
  28. パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
    パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
  29. 年齢なんて気にしない。<br>挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
    年齢なんて気にしない。
    挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
  30. 生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。<br>夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。
    生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
    夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION