執筆者:水口貴博

爽やかな人になる
30の方法

26
6

嫌なことがあっても、
引きずらない。
次に向けて、
さっと気持ちを切り替えよう。

嫌なことがあっても、引きずらない。次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。 | 爽やかな人になる30の方法

私たちの日常では、時に嫌なことが発生します。

仕事でミスをしてしまった。

上司から叱られた。

人から嫌なことを言われた。

自分に不手際がある場合もあれば、仕方ない場合もあります。

嬉しい出来事ばかりであってほしいですが、なかなかそうはいきません。

生きているかぎり、嫌な出来事に遭遇するのは運命。

嫌な出来事があると、ネガティブな気持ちになってしまうでしょう。

悲しむ。

落ち込む。

悔しがる。

不満を感じて、ストレスをため込みます。

くよくよして引きずってしまいがちです。

しかし、嫌なことがあっても、引きずってはなかなか元気が出ません。

「しなければよかった」

「あのときにこうすればよかった」

「自分が情けない。恥ずかしい」

自分を責めすぎると、罪悪感や自己嫌悪が止めどなく出てきて、悩み続けてしまいます。

嫌なことを引きずっていると、出る元気も出なくなります。

つまらない妄想に取りつかれ、しなくてもいい苦労をしてしまいます。

なかなか元気が出ない。

出るのは、愚痴とため息ばかり。

ますますストレスがたまり、心が重くなってしまいます。

くよくよしていると、貴重な時間が失われるだけでなく、気力まで失われ、いいことはありません。

嫌なことを引きずっていると、いつまでも爽やかになれないのです。

こうしたとき、心がけたいことがあります。

「気持ちの切り替え」です。

嫌なことがあっても、引きずらない。

次に向けて、さっと気持ちを切り替えましょう。

私たちには「気持ちを切り替える」という素晴らしい能力があります。

地球上の生き物の中で「気持ちを切り替える」という能力が備わっているのは、人間だけ。

気持ちの切り替えを、運や偶然に任せるのではなく、意識的に行いましょう。

きちんと反省さえできれば、むやみに考える必要はありません。

「もう過ぎたこと。次に向けて進もう!」

この一言で、元気が出ます。

気持ちを切り替えた瞬間、悩みや苦しみから解放されます。

たとえ悲しい出来事があったとしても「考えても仕方ない。次に進もう」と気持ちを切り替える言葉をかけてください。

もう引きずることも落ち込むこともありません。

思うだけで効果が出なければ、声に出して言ってみてください。

声に出すと耳で聞こえるため、さらに自覚を促せます。

さっと気持ちの切り替えができると、すぐ元気で明るい自分を取り戻せます。

気持ちの切り替えのスピードこそ、爽やかな人になる条件です。

爽やかな人になる方法(26)
  • 嫌なことがあっても、くよくよ引きずらず、さっと気持ちを切り替える。
過去を振り返ったところで仕方ない。
常に今を生きることで爽やかな人になれる。

爽やかな人になる30の方法
爽やかな人になる30の方法

  1. 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
    爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。
  2. 爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。<br>爽やかな笑顔になる4つのポイント。
    爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
    爽やかな笑顔になる4つのポイント。
  3. 何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
    何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。
  4. 歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
    歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。
  5. 爽やかな人は、肌がきれい。
    爽やかな人は、肌がきれい。
  6. 清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
    清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。
  7. 爽やかな印象の服装は、白系が一番。
    爽やかな印象の服装は、白系が一番。
  8. シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
    シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。
  9. 爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
    爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。
  10. はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
    はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。
  11. 爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
    爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。
  12. ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。<br>自分も周りも、明るく照らす。
    ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
    自分も周りも、明るく照らす。
  13. 愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
    愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。
  14. 爽やかな人は、挨拶も爽やか。<br>爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
    爽やかな人は、挨拶も爽やか。
    爽やかな挨拶をするための3つのポイント。
  15. 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
    無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。
  16. 下を向いて、だらだら歩かない。<br>前を向いて、きびきび歩く。
    下を向いて、だらだら歩かない。
    前を向いて、きびきび歩く。
  17. きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
    きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。
  18. トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
    トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。
  19. 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。<br>素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
    見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
    素直な心を持った人こそ、爽やかな人。
  20. 相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
    相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。
  21. 疲れるのはいい。<br>大切なのは、疲れを見せないこと。
    疲れるのはいい。
    大切なのは、疲れを見せないこと。
  22. リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
    リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。
  23. 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
    爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。
  24. 爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
    爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。
  25. 怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。<br>爽やかになるためには、優しい性格が大切。
    怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
    爽やかになるためには、優しい性格が大切。
  26. 嫌なことがあっても、引きずらない。<br>次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
    嫌なことがあっても、引きずらない。
    次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。
  27. 過去を振り返ったところで仕方ない。<br>常に今を生きることで爽やかな人になれる。
    過去を振り返ったところで仕方ない。
    常に今を生きることで爽やかな人になれる。
  28. パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
    パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。
  29. 年齢なんて気にしない。<br>挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
    年齢なんて気にしない。
    挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。
  30. 生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。<br>夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。
    生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
    夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION