人生の教科書



就職活動
履歴書は、ラブレター。
恋愛がしたい
ラブレターが書ける時期は、限られている。
恋愛トラブル
わざと夜にラブレターを書くと、自分の新たな一面を発見できる。
夫婦関係
家事のストライキ作戦で、仲直りを促す。
夫婦関係

夫婦喧嘩で仲直りをする
30の方法

お気に入り1 読んだ
6

大事に残しておいたラブレターが、
2人の危機を救うお守りになる。

大事に残しておいたラブレターが、2人の危機を救うお守りになる。 | 夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法

昔もらったラブレターは、まだ残っていますか。

紙のラブレターに限らず、メールのラブレターでもかまいません。

人生でラブレターをもらう機会は数える程度でしょう。

特別なラブレターなら、大事に残している人も多いのではないでしょうか。

もし残っているなら、喧嘩をした後こそ、ぜひ読み返してください。

喧嘩の後で、まだ心は落ち着いていないかもしれませんが、とりあえず読み返すだけでかまいません。

ラブレターを読み返すことで、当時にタイムスリップできます。

付き合い始めた当時の記憶や感情がよみがえり、不思議な気持ちに包まれるでしょう。

  • 「懐かしい内容だな」

  • 「この頃は、すごく仲がよかったよね」

  • 「またこのときのような関係に戻りたい!」

ラブレターを読んでいるうちに、初心に戻れたり懐かしくなったり恥ずかしく感じたりするでしょう。

ラブレターには、愛がいっぱい封じ込められているので、心に余裕をもたらす力があります。

懐かしい感情に包まれると、いらいらしていた気持ちも収まっていくでしょう。

ラブレターを読み終わるころには、きっと仲直りをしたい気持ちが高まっているはずです。

大事に残しておいたラブレターが、2人の危機を救うお守りになるのです。

まとめ

夫婦喧嘩で仲直りをする方法 その6
  • 昔もらったラブレターを読み返して、
    仲直りをしたい気持ちを高める。
できるだけ普段と同じ態度で接して、緊張感を和らげる。

もくじ
(夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法)

同じカテゴリーの作品