人生の教科書



読み上げ動画・音声
ニート
元気だから笑顔になるのではない。
笑顔になるから元気が出る。
子育て
「できなかった話」の前に「できた話」をすること。
夫婦関係
仲直りの話し合いは、相手の腹を満たしたときがベストタイミング。
夫婦関係
仲直りは、ささいな日常会話から始めよう。
夫婦関係
まず会う回数を増やすことから始めよう。
夫婦関係
できるだけ普段と同じ態度で接して、緊張感を和らげる。

夫婦喧嘩仲直りをする
30方法

お気に入り0 読んだ
29

仲直りのがけたい2つのポイント
「明るい笑顔」
「明るい話題」

直りをしてしばらくは、不安定な状態が続きます。

2人の関係は修復できたものの、まだ微妙な空気が流れているでしょう。

人の心は、すぐ切り替えられるものではありません。

仲直りしたはずであっても、重い空気が流れたり、会話が不自然になったりすることは珍しくありません。

喧嘩の記憶が強いと、思い出したくなくても、思い出してしまいます。

表向きは仲直りができても、喧嘩の余韻をしばらく引きずっているはずです。

油断すると、何かの拍子で喧嘩が再発するかもしれません。

そこで、仲直りの後に心がけたいことが、2つあります。

 

「明るい話題」と「明るい笑顔」です。

 

明るい話題

できるだけ明るい話題を心がけましょう。

ネガティブな話題は避け、ポジティブな話題を選びましょう。

暗くて悲しい話より、楽しく面白い話のほうが盛り上がります。

相手にあった嬉しい出来事でもかまいません。

個人的にあった明るい出来事でもかまいません。

明るい話題を話せば、自然と笑顔も増え、楽しいひとときを過ごせます。

自然と雰囲気もよくなり、喧嘩の余韻が消えていくのです。

明るい笑顔

明るい笑顔も欠かせません。

明るい話題を楽しみながら、にこにこしましょう。

たとえ楽しいことがなくても、できるだけにこにこした笑顔を心がけます。

楽しいから、笑顔になるのではありません。

笑顔になるから、楽しくなるのです。

笑顔には、闇を消す力があります。

笑顔さえあれば、喧嘩の余韻も険悪な雰囲気も吹き飛ばせます。

笑顔を心がければ、喧嘩をしていたことなんて、すっかり忘れているでしょう。

夫婦喧嘩で仲直りをする方法 その29

  • 仲直りができてしばらくは
    「明るい話題」
    「明るい笑顔」がける

同じカテゴリーの作品