夫婦関係

夫婦喧嘩で仲直りをする
30の方法

お気に入り0 読んだ
19

仲直りの話し合いは、
相手の腹を満たしたときがベストタイミング。

仲直りの話し合いは、相手の腹を満たしたときがベストタイミング。 | 夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法

仲直りの話し合いは、タイミングが大切です。

まず相手が空腹のときは避けたほうがいいでしょう。

空腹のとき、いらいらしたことはありませんか。

嫌な出来事があったわけでもないのに、空腹というだけで、自然と機嫌まで悪くなった経験があるのではないでしょうか。

空腹のときは、力も元気も気力も湧いてきません。

人は、腹が減っているだけで、いらいらしやすくなる性質があります。

脳のエネルギー源は、ブドウ糖です。

空腹になると、血液に含まれるブドウ糖が不足するため、脳の働きも悪くなります。

気合や集中力が低下するばかりか、不機嫌も生じてくるのです。

逆のパターンもあります。

食事の後、嬉しい出来事があったわけでもないのに、自然と明るい気持ちになった経験はありませんか。

おいしい料理を食べた後は、おなかだけでなく、心を満たされた気持ちになれます。

しっかり食事をした後は、ブドウ糖が補給されるため、脳の回転も向上して、機嫌もよくなります。

そのため、仲直りの話し合いは、空腹を満たしたタイミングを狙うのがポイントです。

 

たとえば、食後です。

おいしい料理を食べて空腹を満たした後なら、相手は腹も心も満足して、機嫌がよくなっているでしょう。

そのときに仲直りの話し合いをすれば、いつもよりスムーズに話が進められます。

腹を満たした直後なら、頑固な人も素直になりやすい。

口数の少ない人も、たくさん話しやすい。

言いにくかった一言も、言いやすくなるでしょう。

気持ちが明るくなって、どんな話も肯定的に受け止めやすくなります。

仲直りの話し合いは、相手の腹を満たしたときがベストタイミングです。

まとめ

夫婦喧嘩で仲直りをする方法 その19
  • 仲直りの話し合いは、相手の腹を満たしたタイミングを狙う。
スキンシップを取り入れると、仲直りしやすくなる。

もくじ
夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法
仲直りの話し合いは、相手の腹を満たしたときがベストタイミング。 | 夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法

  1. 喧嘩がヒートアップしても、してはいけない5つの行為。
  2. 喧嘩をしたときの6つの逃げ場。
  3. まず会う回数を増やすことから始めよう。
  4. 仲直りは、ささいな日常会話から始めよう。
  5. 相手のよいところを思い出して、抵抗感を和らげる。
  6. 大事に残しておいたラブレターが、2人の危機を救うお守りになる。
  7. できるだけ普段と同じ態度で接して、緊張感を和らげる。
  8. 同じ行動をすることは、仲直りのチャンスを作ることになる。
  9. 一言の返事では会話が続かない。
    喧嘩の後こそ、長めの返事を意識する。
  10. 毎日作る弁当や料理に、仲直りのチャンスがある。
  11. パートナーの機嫌がよくなるポイントを刺激しよう。
  12. 相手を他人と割り切って考えると、心も視野も広くなる。
  13. 喧嘩でひびが入ったとしても、一緒に寝れば、修復も早くなる。
  14. 相手が喜ぶプレゼントを贈って、仲直りのきっかけにする。
  15. 家事のストライキ作戦で、仲直りを促す。
  16. わざとすねた様子を見せて、相手の同情を誘う。
  17. 時には演技も必要。
    家から出て行くふりで、相手を動揺させる。
  18. たっぷり気持ちをつづった手紙を送ってみる。
  19. 仲直りの話し合いは、相手の腹を満たしたときがベストタイミング。
  20. スキンシップを取り入れると、仲直りしやすくなる。
  21. 生理前・生理中の仲直りは、注意しておく。
  22. 仲直りに、過失割合の話を持ち込まない。
  23. 必要な人であることを伝える言葉ほど、心に響くセリフはない。
  24. 喧嘩中だからこそ、大切な記念日を祝う価値がある。
  25. 仲直りをしない夫婦なら、仲直りをしない子供に育つ。
    仲直りをする夫婦なら、仲直りをする子供に育つ。
  26. 家を出て行った相手と仲直りをする、3つのポイント。
  27. 浮気をしたパートナーと、上手に仲直りをする5つのポイント。
  28. 2人で解決できないなら、第三者に入ってもらうのもあり。
  29. 仲直りの後に心がけたい2つのポイント。
    「明るい笑顔」と「明るい話題」。
  30. 喧嘩の余韻は、仲直りのお祝いで吹き飛ばそう。

同じカテゴリーの作品