人生の教科書



読み上げ動画・音声

夫婦喧嘩仲直りをする
30方法

お気に入り0 読んだ
19

仲直りのいは、
相手たしたときがベストタイミング

直りの話し合いは、タイミングが大切です。

まず相手が空腹のときは避けたほうがいいでしょう。

空腹のとき、いらいらしたことはありませんか。

嫌な出来事があったわけでもないのに、空腹というだけで、自然と機嫌まで悪くなった経験があるのではないでしょうか。

空腹のときは、力も元気も気力も湧いてきません。

人は、腹が減っているだけで、いらいらしやすくなる性質があります。

脳のエネルギー源は、ブドウ糖です。

空腹になると、血液に含まれるブドウ糖が不足するため、脳の働きも悪くなります。

気合や集中力が低下するばかりか、不機嫌も生じてくるのです。

逆のパターンもあります。

食事の後、嬉しい出来事があったわけでもないのに、自然と明るい気持ちになった経験はありませんか。

おいしい料理を食べた後は、おなかだけでなく、心を満たされた気持ちになれます。

しっかり食事をした後は、ブドウ糖が補給されるため、脳の回転も向上して、機嫌もよくなります。

そのため、仲直りの話し合いは、空腹を満たしたタイミングを狙うのがポイントです。

 

たとえば、食後です。

おいしい料理を食べて空腹を満たした後なら、相手は腹も心も満足して、機嫌がよくなっているでしょう。

そのときに仲直りの話し合いをすれば、いつもよりスムーズに話が進められます。

腹を満たした直後なら、頑固な人も素直になりやすい。

口数の少ない人も、たくさん話しやすい。

言いにくかった一言も、言いやすくなるでしょう。

気持ちが明るくなって、どんな話も肯定的に受け止めやすくなります。

仲直りの話し合いは、相手の腹を満たしたときがベストタイミングです。

夫婦喧嘩で仲直りをする方法 その19

  • 仲直りのいは、
    相手たしたタイミング
スキンシップを取り入れると、仲直りしやすくなる。

もくじ
(夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法)

同じカテゴリーの作品