読み上げ動画・音声

夫婦喧嘩仲直りをする
30方法

お気に入り0 読んだ
その23

必要であることをえる言葉ほど、
台詞はない

必要な人であることを伝える言葉ほど、心に響く台詞はない。 | 夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法

直りの際、心に響く台詞があるとスムーズです。

シンプルに「仲直りをしたい」とだけ伝えるのもいいですが、できればもっと心に響く台詞にしたい。

では、どんな言葉にすれば、相手の心に響きやすくなるのか。

それは「必要」を伝えるに尽きます。

自分の人生になくてはならない存在であり、大きな存在価値があることを伝えます。

支えられてもらっていることを思い出し、自分にとっていかに重要な人であるか、しっかり伝えましょう。

  • 「○○は私の人生に必要な人」

  • 「喧嘩をしてから、○○の支えに気づいた」

  • 「○○がいないと生きていけない」

  • 「○○からいつも助けられていることに気づいた」

  • 「○○のいない人生なんて考えられない」

こうした台詞を言われると、誰でも嬉しく感じるでしょう。

相手の存在価値を認められて嬉しくない人はいません。

自分が心から必要とされていることが実感できると、胸がじんと熱くなるでしょう。

思っているだけでは伝わりません。

きちんと言葉に出すことで、しっかり相手に伝わります。

必要な人であることを伝えるとき、台詞に相手の名前を含めると、さらに効果的です。

自分の名前を含まれると、自分に向かって言われている印象が強くなり、ますます心に響きやすくなります。

少し恥ずかしい台詞で言いにくいかもしれませんが、勇気を持って伝えましょう。

台詞に磨きがかかって、忘れられない一言になるでしょう。

必要な人であることを伝える言葉ほど、心に響く台詞はないのです。

夫婦喧嘩で仲直りをする方法 その23

  • 必要であることを、
    たっぷりえる

【→次の記事】

喧嘩中だからこそ、大切な記念日を祝う価値がある。

もくじ
(夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法)

同じカテゴリーの作品