人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

夫婦喧嘩仲直りをする
30方法

お気に入り1 読んだ
5

相手のよいところをして、
抵抗感らげる

相手のよいところを思い出して、抵抗感を和らげる。 | 夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法

ートナーのよいところを思い出しましょう。

喧嘩をした後は、相手が嫌いでたまらないでしょう。

そんなときこそ、パートナーのよいところを思い出してください。

短所や欠点は無視していい。

相手の悪いところは考えないようにして、よいところだけを思い出すようにします。

長所や美点だけ着目しましょう。

喧嘩の後は、相手の嫌なところしか見えないかもしれませんが、心を大きくして、相手のよいところを思い出してみてください。

じっくり考えると思い出せるはずです。

  • 「物事に博識」

  • 「性格が優しい」

  • 「行動力がある」

  • 「笑顔がすてき」

  • 「頭の回転が速い」

  • 「素直に家事を手伝ってくれる」

  • 「ささいなことでもしっかり受け止めてくれる」

長く付き合っている関係なら、相手のよいところがいくつか見つかるはずです。

1つや2つだけでなく、できるだけたくさん思い出しましょう。

しっかり考えれば、少なくとも10個以上は思い出せるはずです。

すぐ忘れそうなら、紙に書き留めておくといいでしょう。

長所や美点を思い出したら、次はその素晴らしさを認めましょう。

「すごいよね」「素晴らしいね」「立派だよね」と思うだけでいい。

自分にはない長所や美点に対して、素直に尊敬します。

喧嘩した相手を認めるのは、心苦しい取り組みかもしれませんが、ぜひ挑戦してみてください。

深呼吸をして冷静になっていれば、挑戦できるはずです。

相手の長所や美点など、よいところを思い出しているうちに、喧嘩による嫌悪感も小さくなっていくでしょう。

大嫌いだった相手の印象も和らいでくるはずです。

許せないことがあっても、だんだん許す気持ちも強くなっていくはずです。

  • 「こんなにすてきな人なのだから、別れるなんて考えられない。早く素直に仲直りしたほうがいいよね」

はっと現実に気づき、優しい気持ちを取り戻せるでしょう。

許せない出来事があっても、だんだん許す気持ちが強くなるはずです。

夫婦喧嘩で仲直りをする方法 その5

  • 相手のよいところを
大事に残しておいたラブレターが、2人の危機を救うお守りになる。

もくじ
(夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法)

同じカテゴリーの作品