夫婦関係
夫より、夫の親を大事にする。
子育て
「将来は何がしたい?」
夫婦関係

夫婦喧嘩で仲直りをする
30の方法

  • 喧嘩がヒートアップしても、
    してはいけない5つの行為。
夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法

もくじ
  1. 喧嘩がヒートアップしても、してはいけない5つの行為。

    喧嘩で感情的になると、衝動的な行為をしがちです。
     
    しかし、喧嘩とはいえ、程度があります。

  2. 喧嘩をしたときの6つの逃げ場。

    パートナーと喧嘩をしたとき、逃げ場に困ることがあります。
    同じ部屋で暮らしているなら、嫌でも相手と顔を合わさなければいけません。
    たとえ自分の個室があったとしても、同じ屋根の下で一緒に暮らしていることに変わりありません。

  3. まず会う回数を増やすことから始めよう。

    仲直りは、まず会う回数を増やしましょう。
    いきなり仲直りに抵抗があるなら、会う回数を増やすだけならできるはずです。
    自分から相手のそばに近寄り、会う状態を作ります。

  4. 仲直りは、ささいな日常会話から始めよう。

    いきなり謝るのは、抵抗があります。
    もちろん勇気を出して謝れるなら、それに越したことはありません。
    険悪な雰囲気を振り切って、きちんと話ができれば、仲直りも早くできるでしょう。

  5. 相手のよいところを思い出して、抵抗感を和らげる。

    パートナーのよいところを思い出しましょう。
    喧嘩をした後は、相手が嫌いでたまらないでしょう。
    そんなときこそ、パートナーのよいところを思い出してください。

  6. 大事に残しておいたラブレターが、2人の危機を救うお守りになる。

    昔もらったラブレターは、まだ残っていますか。
    紙のラブレターに限らず、メールのラブレターでもかまいません。
    人生でラブレターをもらう機会は数える程度でしょう。

  7. できるだけ普段と同じ態度で接して、緊張感を和らげる。

    喧嘩をしても、できるだけ普段と同じ態度で接するようにしましょう。
    喧嘩の後なら、心理的な抵抗感や嫌悪感が強く、普段と同じに接するのは難しいかもしれません。
    あまり話したくないので、口数が減るでしょう。

  8. 同じ行動をすることは、仲直りのチャンスを作ることになる。

    仲直りをするために意識したいのは「同じ行動」です。
    つまり「2人で一緒に行動する」ということです。
    喧嘩をした相手とは、別々に行動したいと思うでしょう。

  9. 一言の返事では会話が続かない。
    喧嘩の後こそ、長めの返事を意識する。

    喧嘩の後の会話は、一言になりやすい。
    相手から話しかけられても、短い返事だけ。
    「はい」

  10. 毎日作る弁当や料理に、仲直りのチャンスがある。

    仲直りのチャンスは、日々の食事にあります。
    もし毎日弁当や料理を作っているなら、一工夫を加えてみましょう。
     

  11. パートナーの機嫌がよくなるポイントを刺激しよう。

    パートナーは、どんなときに機嫌がよくなりますか。
    仲直りのきっかけ作りとして、パートナーの機嫌がよくなるポイントを刺激しましょう。
    パートナーの機嫌がよくなるポイントを思い出してください。

  12. 相手を他人と割り切って考えると、心も視野も広くなる。

    相手を他人と割り切って考えてみませんか。
    2人の付き合いが長くなるにつれて「一心同体」という考え方が強くなりがちです。
    2人の時間が長くなるにつれて、思い出や共通体験が増えたり、絆も愛着も深まったりします。

  13. 喧嘩でひびが入ったとしても、一緒に寝れば、修復も早くなる。

    喧嘩をした後こそ、一緒に寝ましょう。
    普段一緒に寝ている夫婦なら、喧嘩の後は別々に寝たいでしょう。
    腹が立っていると、N極同士の磁石のように、反発力が生まれます。

  14. 相手が喜ぶプレゼントを贈って、仲直りのきっかけにする。

    相手の怒りを収めるために、プレゼントを贈ってみましょう。
    夫婦喧嘩で仲直りをしたいとき、相手が喜ぶプレゼントを贈って、仲直りのきっかけにします。
     

  15. 家事のストライキ作戦で、仲直りを促す。

    仲直りを促す方法の1つに「家事のストライキ作戦」があります。
    ストライキには「労働者が、自分たちの要求を通す手段として仕事を拒否すること」という意味があります。
    ときどきニュースで見かけるストライキ運動ですが、仲直りを促す方法として応用できます。

  16. わざとすねた様子を見せて、相手の同情を誘う。

    わざとすねた様子を見せると、仲直りのきっかけを作れるかもしれません。
    もちろんすねるのは、スマートとは言いがたい方法です。
    すねるといえば「精神の未熟な子供がするもの」というイメージがあります。

  17. 時には演技も必要。
    家から出て行くふりで、相手を動揺させる。

    仲直りを促す方法の1つとして、家から出て行くふりがあります。
    もちろん本当に家を出て行くのではなく、あくまで「ふり」です。
    今から家出をするかのように、わざと荷造りを始めます。

  18. たっぷり気持ちをつづった手紙を送ってみる。

    仲直りでは、時には手紙も有効です。
    口頭では、気持ちのぶつけあいになるばかりで、まともな仲直りが難しいこともあるでしょう。
    会って話す手段だけにこだわらず、場合によっては手紙という手段も選択肢に入れてください。

  19. 仲直りの話し合いは、相手の腹を満たしたときがベストタイミング。

    仲直りの話し合いは、タイミングが大切です。
    まず相手が空腹のときは避けたほうがいいでしょう。
    空腹のとき、いらいらしたことはありませんか。

  20. スキンシップを取り入れると、仲直りしやすくなる。

    仲直りに、スキンシップを取り入れてみましょう。
    普通に話し合って仲直りをするのもいいですが、言葉は表現力に限界があります。
    言葉の表現は、あくまで言葉の範囲だけです。

  21. 生理前・生理中の仲直りは、注意しておく。

    「生理になると、別人に変わるよね」
    そう言われたことはありませんか。
    もし言われたことがあるなら、生理前・生理中の仲直りは注意が必要です。

  22. 仲直りに、過失割合の話を持ち込まない。

    仲直りに過失割合の話を持ち込まないことです。
    過失割合とは、事故を起こした当事者同士の過失割合を数値化したものを言います。
    交通事故の場面でよく聞かれる用語ですが、仲直りの場面でも持ち込もうとする人がいます。

  23. 必要な人であることを伝える言葉ほど、心に響くセリフはない。

    仲直りの際、心に響くセリフがあるとスムーズです。
    シンプルに「仲直りをしたい」とだけ伝えるのもいいですが、できればもっと心に響くセリフにしたい。
     

  24. 喧嘩中だからこそ、大切な記念日を祝う価値がある。

    喧嘩中でも、記念日はきちんと祝いましょう。
    喧嘩中は「会いたくない」「話したくない」「顔も見たくない」という三拍子でしょう。
    ぎすぎすした雰囲気で、息苦しさを感じるかもしれません。

  25. 仲直りをしない夫婦なら、仲直りをしない子供に育つ。
    仲直りをする夫婦なら、仲直りをする子供に育つ。

    夫婦喧嘩をしたら、できるだけ仲直りを心がけてください。
    2人の将来のためだけではありません。
    子供の将来のためです。

  26. 家を出て行った相手と仲直りをする、3つのポイント。

    喧嘩で相手が家を出て行った場合、仲直りが一段と難しくなります。
    一緒に暮らしているなら、毎日会えるので仲直りも容易ですが、物理的に離れると、会って話すのさえ一苦労です。
    家を出て行くほどの状況なら、激しい喧嘩であったのでしょう。

  27. 浮気をしたパートナーと、上手に仲直りをする5つのポイント。

    ある日、パートナーの浮気が発覚した。
    当然浮気をされたなら、大喧嘩に発展するでしょう。
    浮気は、トラブルの中でも最も起こってはいけない過ちの1つです。

  28. 2人で解決できないなら、第三者に入ってもらうのもあり。

    夫婦喧嘩は、2人の問題です。
    2人の問題ですから、基本的に2人で話し合って仲直りをするのがベスト。
    時間がないなら時間を作ります。

  29. 仲直りの後に心がけたい2つのポイント。
    「明るい笑顔」と「明るい話題」。

    仲直りをしてしばらくは、不安定な状態が続きます。
    2人の関係は修復できたものの、まだ微妙な空気が流れているでしょう。
    人の心は、すぐ切り替えられるものではありません。

  30. 喧嘩の余韻は、仲直りのお祝いで吹き飛ばそう。

    仲直りができても、しばらく気まずい雰囲気が漂います。
    仲直りをした直後から、すぐ元の関係に戻れると理想的ですが、人間関係とは単純にいかないもの。
    ぎくしゃくした状態が続き、なかなか円滑なコミュニケーションが取りにくいことがあります。

同じカテゴリーの作品