人生の教科書



読み上げ動画・音声
夫婦関係
できるだけ普段と同じ態度で接して、緊張感を和らげる。
夫婦関係
相手が喜ぶプレゼントを贈って、仲直りのきっかけにする。
夫婦関係
たっぷり気持ちをつづった手紙を送ってみる。
トラブル対処
一番いいのは、喧嘩中に謝ってしまうこと。
夫婦関係
どんなに喧嘩をしても、寝る前までには仲直りをすること。
夫婦関係
仲直りは、ささいな日常会話から始めよう。

夫婦喧嘩仲直りをする
30方法

お気に入り0 読んだ
13

喧嘩でひびがったとしても、
一緒れば、
修復くなる

嘩をした後こそ、一緒に寝ましょう。

普段一緒に寝ている夫婦なら、喧嘩の後は別々に寝たいでしょう。

腹が立っていると、N極同士の磁石のように、反発力が生まれます。

  • 「顔を合わせたくない」

  • 「一緒に寝るどころではない」

  • 「寝る場所を分けたい」

腹が立っていれば、それは正直な気持ちであり、普通の感覚です。

喧嘩の後は、相手と話すどころか、会いたくなると思うはず。

「一緒に寝るなんてとんでもない」と思うかもしれません。

 

しかし、別々に寝てしまうと、2人の距離は離れたままになるでしょう。

物理的に距離が離れるため、接触の機会がなくなります。

別々に寝る日が続けば、今度は元の状態に戻りにくくなります。

一度ひびがどんどん大きくなり、修復できないほど悪化してしまいます。

少し抵抗はありますが、喧嘩で腹が立っていても、一緒に寝るよう心がけましょう。

喧嘩の後でも、普段どおり一緒に寝るだけでいい。

たとえ大喧嘩の後でも、抵抗感を振り払って、一緒に寝るのがよい。

ベッドは、寝る場所であると同時に、不仲を改善する場所でもあります。

一緒に寝ると、一度離れた2人の心を近づける効果があります。

最初は嫌悪感や違和感があっても、だんだん仲のいい雰囲気が戻って、仲直りがしやすくなります。

普段別々に寝ていたとしても「今日は一緒に寝よう」と誘ってみましょう。

「喧嘩中だからどうして一緒に寝ないのいけないの?」と言われても「喧嘩の後だから一緒に寝る」と言い返します。

夫婦ですから、積極的な仲直りを心がけたい。

仲直りをするためなら、時には抵抗感に逆らう行動も必要です。

喧嘩で2人の関係にひびが入っても、一緒に寝れば、修復が早くなります。

夫婦喧嘩で仲直りをする方法 その13

  • 喧嘩っていても、
    一緒
相手が喜ぶプレゼントを贈って、仲直りのきっかけにする。

もくじ
(夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法)

同じカテゴリーの作品