人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

夫婦喧嘩仲直りをする
30方法

お気に入り1 読んだ
2

喧嘩をしたときの6つの

ートナーと喧嘩をしたとき、逃げ場に困ることがあります。

同じ部屋で暮らしているなら、嫌でも相手と顔を合わさなければいけません。

たとえ自分の個室があったとしても、同じ屋根の下で一緒に暮らしていることに変わりありません。

「とにかく会いたくない。顔すら見たくない」と思うこともあるはずです。

喧嘩をしたときの一時的な逃げ場としては、次の6つが代表的です。

(逃げ場1)
実家

実家が近場にあり、実家で暮らす両親も歓迎してくれるなら、実家は逃げ場として最適な場所になるでしょう。

実家なら、宿泊費用もかからず、家族がいるので安心です。

長居をしても、あくまで実家なので迷惑になりません。

 

ただし、親に余計な心配をかけさせる場合があるため、その点には注意が必要です。

(逃げ場2)
友達宅

許可さえあれば、友達宅も逃げ場の選択肢としてありです。

親しい友達なら、困っているあなたを受け入れてくれるでしょう。

 

ただし、友達にも都合があるので、居候や長居は避けておくのがマナーです。

表向きは「気にしないでいいよ」と言ってくれていたとしても、社交辞令である可能性があります。

(逃げ場3)
24時間営業の店

一晩を過ごす程度なら、24時間営業の店が使えます。

 

たとえば、24時間営業のファミリーレストランやファストフード店です。

空調の効いた店内で飲んだり食べたりできるので快適です。

あくまで店に迷惑をかけないことが条件ですが、常識の範囲内なら、利用価値は十分でしょう。

 

ただし、混み合う時間帯の長居には注意が必要です。

店が混み合ってきたら、退出する気遣いを心がけましょう。

(逃げ場4)
健康ランド

健康ランドは、入浴施設を中心に、休憩室・ゲームセンター・レストランなどもあり、すぐ利用したいとき便利です。

誰にも迷惑をかけることがないため、いつでも気軽に使えます。

お金に余裕さえあれば、長居することも可能です。

ホテルに比べて費用が安く済むメリットがありますが、熟睡するには厳しい場合があります。

(逃げ場5)
ネットカフェ

ネットカフェも、喧嘩したときの逃げ場として利用価値があります。

マンガを読んだりインターネットを楽しんだりしているうちに、気持ちも紛れてくるでしょう。

短時間の逃げ場なら、さほど費用もかかりません。

仮眠程度なら、ネットカフェでも十分でしょう。

ネットカフェの中には、シャワーや歯ブラシセットなど、宿泊施設を兼ね備えたところもあります。

時間に応じて費用はかかりますが、数泊程度なら、低い予算で済ませられるはずです。

(逃げ場6)
ビジネスホテル

誰にも干渉されず、1人で快適に過ごしたいなら、ビジネスホテルです。

低料金で機能性に重点をおいたビジネスホテルは、生活に必要なものがひととおり揃っています。

ホテルによっては、クリーニングを受け付けているところもあるため便利です。

 

ただし、ホテルを逃げ場にするなら、費用に注意が必要です。

低料金を売りにしていても、連泊すると費用がかかるため、計画的に利用するのがいいでしょう。

夫婦喧嘩で仲直りをする方法 その2

  • 喧嘩をしたときの6つの把握しておく
まず会う回数を増やすことから始めよう。

もくじ
(夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法)

同じカテゴリーの作品