夫婦生活の悩みを軽くする
30の言葉

  • いざ結婚してみると、
    思っていた現実と違う。
夫婦生活の悩みを軽くする30の言葉

いざ結婚してみると、思っていた現実と違う。

いざ結婚してみたものの、思っていた現実と違うことに驚くことがあります。
結婚前は、華やかな夫婦生活を想像していましたが、現実は違っていたことに気づきます。
思ったより平凡な夫婦生活に、がくぜんとすることがあります。

いざ結婚してみると、思っていた現実と違う。

新婚なのに、セックスレス。

事情はさまざまと考えられます。
「しよう、しよう」と自分は要求しても、パートナーは無視。
パートナーが悪いと思いがちですが、少し見方を変えてみてください。

新婚なのに、セックスレス。

夫婦関係に行き詰まっている。

夫婦生活では、行き詰まることがあります。
「平凡な夫婦生活」
「自分の気持ちを、パートナーがわかってくれない」

夫婦関係に行き詰まっている。

「夫婦生活が息苦しい」と言われた。

パートナーに「夫婦生活が息苦しい」と言われたとき、どうしますか。
ショッキングな一言です。
夫婦生活になると、1つ屋根の下で、ずっと一緒に暮らすことになります。

「夫婦生活が息苦しい」と言われた。

夫婦で意見が対立した。

まず、夫婦で意見が対立するのは普通です。
考え方や価値観が違い、相手と衝突します。
目玉焼きは、しょうゆかソースかで、揉めます。

夫婦で意見が対立した。

結婚生活は、自分を犠牲にしているようだ。

憧れだった結婚生活が実際に始まると、厳しい現実に直面します。
「家庭に縛られ、自由が失われている」
「節約生活ばかりで、買いたい物が買えない」

結婚生活は、自分を犠牲にしているようだ。

パートナーの行動に不満があって、文句が言いたい。

夫婦間でも、文句を言いたいことはあります。
「トイレから出るときは、きちんと蓋をしめるべきだ」
「使い終わった食器は、台所まで持っていくのが常識だ」

パートナーの行動に不満があって、文句が言いたい。

女性は、家で料理をしなければいけないのか。

世間では、女性と料理についての言葉をよく耳にします。
「女性は、家で料理ができなければならない」
「料理のうまい女性は、夫からも愛される」

女性は、家で料理をしなければいけないのか。

結婚してから、パートナーにどきどきしなくなった。

恋人として付き合っていたころは、いつも心がどきどきしていました。
ところが結婚すると、急に「どきどき」が消えることがあります。
いえ、消えてしまうのが、ほとんどです。

結婚してから、パートナーにどきどきしなくなった。

パートナーに話しかけても、話を聞いてくれない。

夫婦に大切なのは、コミュニケーションです。
ところが、自分から積極的に話しかけてもつたない返事しかありません。
「うん」「ああ」「へえ」という、そっけない返事ばかりです。

パートナーに話しかけても、話を聞いてくれない。

パートナーと年齢差があるせいか、話が合わない。

パートナーと年の差があると、話が噛み合わなくて苦労することがあります。
年齢が10歳以上離れていると、育ってきた時代や世代にギャップが生まれます。
考え方や感覚など、多少のずれがあるでしょう。

パートナーと年齢差があるせいか、話が合わない。

周りが、パートナーの悪口を言う。

「常識のない人だね」
「あまり外見がよくない人だね」
「もっといい人と結婚すればよかったのに」

周りが、パートナーの悪口を言う。

夫婦生活がマンネリで、つまらない。

夫婦生活も3年を過ぎれば、だんだんマンネリが目立ちます。
夫婦間の「どきどき」がない。
生活が色あせて見える。

夫婦生活がマンネリで、つまらない。

パートナーの行動が理解できなくて、いらいらしてしまう。

結婚した男女は、夫婦になります。
男性は夫になり、女性は妻になります。
お互いにそれぞれの役割を演じますが「夫」や「妻」という形にとらわれすぎることがあります。

パートナーの行動が理解できなくて、いらいらしてしまう。

パートナーが、遠くへ行くことになった。
このまま心が離れないか不安。

夫婦生活でも、強制的に離ればなれになることがあります。
単身赴任や長期出張などです。
長期間、遠いところに行ってしまうと「そのまま心まで離れてしまうのではないか」と不安になります。

パートナーが、遠くへ行くことになった。このまま心が離れないか不安。

夫婦が共働きで、すれ違いが多い。

共働きの夫婦が増えています。
不安定な世の中では、夫だけの収入では厳しい現実があります。
まず夫婦が一緒に働きに出るのは、悪いことではありません。

夫婦が共働きで、すれ違いが多い。

独身者が羨ましい。

結婚すると、急に独身者が輝かしく思えるものです。
独身者には、大きな自由があります。
家庭を背負っていないため、一人の時間がたっぷりあります。

独身者が羨ましい。

家に一人でいると、寂しくて涙が出そう。

専業主婦の場合、家にずっと一人にいる時間が増えます。
家事に専念できるのはいいのですが、やはり人間です。
1人きりでずっと家にいると、社会から孤立しているような感覚に襲われることがあります。

家に一人でいると、寂しくて涙が出そう。

結婚生活は、制限が多くてつらい。

結婚して苦しむのは、制限です。
「行きたい旅行も、自由に行けない」
「友人との外出も制限される」

結婚生活は、制限が多くてつらい。

親からの小言がうるさい。

夫婦生活では、外野の声に悩まされることがあります。
親からの小言です。
夫婦というものをわかっている親だからこそ、結婚した子供たちの様子が心配で、小言を言ってきます。

親からの小言がうるさい。

「結婚してから性格が変わった」と言われた。

「結婚してから性格が変わったね」
そんな言葉を言われたことはありませんか。
親しい友人からは、あなたの変化を敏感に感じ取ります。

「結婚してから性格が変わった」と言われた。

結婚してから、パートナーから大きな秘密を打ち明けられた。

本来は、結婚前にすべてを明かすのが理想です。
病気のこと、人間関係のこと、お金のことなどです。
つらい過去もあれば、すべて打ち明けておくといいでしょう。

結婚してから、パートナーから大きな秘密を打ち明けられた。

結婚後、異性の友人と2人で会うことは、いいことなのか。

学生時代の異性の友人から、急に連絡が来ることがあります。
「久しぶりだね。元気にしている? たまには会ってお茶しようよ」
自分としても久しぶりに会って、昔話を楽しみたいと思うでしょう。

結婚後、異性の友人と2人で会うことは、いいことなのか。

パートナーが浮気をしているようだ。

夫婦生活で、最も大きな過ちといえば、浮気です。
パートナーが自分に黙って、異性と不適切な関係を結んでしまうのです。
パートナーの浮気がわかったとき、あなたならどうしますか。

パートナーが浮気をしているようだ。

寂しくて、パートナー以外の人を好きになりそう。

ある日、浮気したい気持ちが出てくるかもしれません。
パートナーへの気持ちが薄れて、ほかの人に目移りするのです。
浮気に走りそうになったとき、よく考えてほしいことがあります。

寂しくて、パートナー以外の人を好きになりそう。

夫婦の性生活を、もっと豊かにしたい。

ポイントは、下着を選ぶときです。
自分の好みで下着を選ぶのもいいですが、ときどきパートナーに参加してもらいましょう。
自分の下着を、パートナーに選んでもらうのです。

夫婦の性生活を、もっと豊かにしたい。

セックスの回数が減るのは、悪いことなのか。

夫婦によっては、セックスの回数が少なくなりがちです。
たとえば、夫婦で共働きをしていると、生活がすれ違いやすくなります。
夫が仕事で疲れていると、なかなかそばに寄りにくいこともあるでしょう。

セックスの回数が減るのは、悪いことなのか。

不安定な夫婦の行方を、占い師に頼るのはいいのか。

夫婦関係が不安定なとき、頼りにしたい人物がいます。
占い師です。
有料ではありますが、相談を親身に聞いてくれ、解決に向けたアドバイスまでしてくれます。

不安定な夫婦の行方を、占い師に頼るのはいいのか。

こじれた夫婦関係は、離婚するしかないのか。

夫婦仲がこじれたとき、禁断の言葉を考えることがあります。
離婚です。
考えてはいけないと思いつつも、そう考えざるを得ない状況があります。

こじれた夫婦関係は、離婚するしかないのか。

離婚の後「離婚すべきではなかった」と気づいた。

別居をして、それでもうまくいかなければ、離婚です。
離婚も、未来につながる道の1つです。
離婚のほうが、お互いにとって幸せにつながる場合もあります。

離婚の後「離婚すべきではなかった」と気づいた。

同じカテゴリーの作品

1:12:14
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION