人生の教科書



夫婦関係
家を出て行った相手と仲直りをする、3つのポイント。
夫婦関係
相手が喜ぶプレゼントを贈って、仲直りのきっかけにする。
夫婦関係
たっぷり気持ちをつづった手紙を送ってみる。
夫婦関係
仲直りは、ささいな日常会話から始めよう。
夫婦関係

夫婦喧嘩で仲直りをする
30の方法

お気に入り2 読んだ
3

まず会う回数を増やすことから始めよう。

まず会う回数を増やすことから始めよう。 | 夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法

仲直りは、まず会う回数を増やしましょう。

いきなり仲直りに抵抗があるなら、会う回数を増やすだけならできるはずです。

自分から相手のそばに近寄り、会う状態を作ります。

喧嘩の後は、相手への苦手意識が働き、近寄るどころか離れたいと思うでしょう。

嫌悪感・抵抗感があれば、近寄るだけでも吐き気がするという人もいるかもしれません。

もちろん物理的な距離を置くことが必要なときもあります。

喧嘩で興奮が強い状態なら、冷静を取り戻すために、一度離れて落ち着く時間も必要です。

1人になり、冷静な気持ちになれば、反省の念も出てくるでしょう。

 

しかし、いくら反省したところで、会って話をしなければ、仲直りのしようがありません。

ずっと離れたままでは、許すことはできても、仲直りはできない。

夫婦なら、簡単に別れるわけにはいきません。

本当に二度と会いたくないなら、離婚を選択するしかなくなります。

仲直りのきっかけをつかむためには、相手と会って、話をする必要があります。

そのためには、まずそばに近寄って、会う回数を増やしていくことが大切です。

会話は少なくてもいい。

最初は、会話がなくてもかまいません。

まずそばに近づき、会う状態を作りましょう。

そばに近寄ると、話しやすくなります。

お互いの気配を感じられたり、お互いの様子が分かったりします。

至近距離にいることが普通になると、だんだん2人でいることに慣れてきて、違和感も抵抗感も小さくなります。

気持ちに余裕が出てくれば、だんだん肌に触れたい欲求も高まっていくでしょう。

2人が隣り合わせになり、心地よい雰囲気になれば、手に触れてみるのもいいでしょう。

会うことに抵抗感がなくなれば、仲直りは半分成功したようなもの。

相手と話すチャンスができれば、そこから仲直りの糸口を見いだせます。

まとめ

夫婦喧嘩で仲直りをする方法 その3
  • まずそばに近寄って、
    会う回数を増やす。
仲直りは、ささいな日常会話から始めよう。

もくじ
(夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法)

同じカテゴリーの作品