読み上げ動画・音声
夫婦関係
会話で本当に注意が必要なのは、たった一言。
子育て
「まだ子供だからね」という一言に、子供は傷つく。
夫婦関係
たっぷり気持ちをつづった手紙を送ってみる。
夫婦関係
普段とは何か違う夫から、健康状態が傾きつつあることに気づく。
猫に悪さをやめさせる、効果的な方法。
ニート
「普通なんてつまらない」と言えば、普通でないことが正当化される。

夫婦喧嘩仲直りをする
30方法

お気に入り1 読んだ
その4

仲直りは、
ささいな日常会話からめよう

仲直りは、ささいな日常会話から始めよう。 | 夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法

きなり謝るのは、抵抗があります。

もちろん勇気を出して謝れるなら、それに越したことはありません。

険悪な雰囲気を振り切って、きちんと話ができれば、仲直りも早くできるでしょう。

しかし、喧嘩をした後は、ぴりぴりした雰囲気が漂います。

謝りたくても、陰気な空気と抵抗感が邪魔して、声を掛けにくいことも多いのではないでしょうか。

お互いが口をきかなくなると、どんどん生活が凍り付いてしまいます。

そんなときは、もっと手軽に仲直りを始める方法があります。

日常会話から始める方法です。

最初は、一言で終わる会話でいいのです。

  • 「おはよう、おやすみ」

  • 「いってきます、いってらっしゃい」

  • 「ただいま、おかえり」

  • 「今日の夕食は何が食べたい?」

  • 「ココアを作るけど、飲む?」

  • 「週末、どこかに出かけてみない?」

  • 「買い物に行くけど、何か買っておくものある?」

一言で終わる日常会話なら、喧嘩で雰囲気が悪くても、声を掛けやすいのではないでしょうか。

ささいな一言なら、相手にとっても返事がしやすいでしょう。

一言でもいいので、言葉のやりとりをすることが大切です。

もし無視されたとしても、諦めず、声を掛けていきましょう。

最初は一言しか話ができなくても、根気よく毎日続けていくうちに、少しずつ話ができるようになります。

一言が話せるようになれば、二言を話すようにする。

二言が話せるようになれば、もう少し会話を増やしていく。

雰囲気を柔らかくしていくと、いつしか普通に話ができているようになっています。

普通に話ができるようになったところで「あのときはごめんね」と謝れば、あっさり仲直りができます。

夫婦喧嘩で仲直りをする方法 その4

  • 日常会話して、
    しずつ仲直りをしていく

【→次の記事】

相手のよいところを思い出して、抵抗感を和らげる。

もくじ
(夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法)

同じカテゴリーの作品