人生の教科書



読み上げ動画・音声
夫婦関係
家事のストライキ作戦で、仲直りを促す。
スキル
本を読んでも、行動しなければ意味がない。

夫婦喧嘩仲直りをする
30方法

お気に入り1 読んだ
8

行動をすることは、
仲直りのチャンスることになる

同じ行動をすることは、仲直りのチャンスを作ることになる。 | 夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法

直りをするために意識したいのは「同じ行動」です。

つまり「2人で一緒に行動する」ということです。

喧嘩をした相手とは、別々に行動したいと思うでしょう。

普段は一緒に行動していても、喧嘩の後は「会いたくない」と思うはずです。

反発力が働いて、別々に行動しがちです。

しかし、別々に行動していると、お互いの心も別々のままになります。

仲が悪い雰囲気が態度や行動に表れると、仲直りのチャンスをつかみにくくなります。

物理的な距離が離れると、心の距離もどんどん離れていく一方。

いつしか2人の心の距離は、縮められないほど離れてしまっているのです。

仲直りのチャンスは、自然とやってくるものではなく、自分から作り出していくもの。

積極的な仲直りとして、まず自分から相手に近づき、同じ行動を心がけましょう。

同じ行動をすることは、仲直りのチャンスを作ることになります。

抵抗感があっても、乗り気でなくてもいい。

気が進まなくて大いに結構。

とりあえず同じ行動をするだけでいいのです。

相手は「どうして付いてくるの?」と思うかもしれませんが、理由は何でもいいので、同じ行動を心がけるようにします。

たとえば、相手が「ちょっと散歩してくる」と言ったときは「私も一緒に散歩する」と言って付いていきましょう。

2人で散歩をしていれば、少なからず会話のチャンスが生まれます。

相手が「コンビニに買い物をしてくる」と言ったときは「私も一緒に行く」と言って付いていきましょう。

一緒に行動していると、仲が悪くても、よいような雰囲気が出てくるでしょう。

2人で同じ行動をしているうちに、険悪な雰囲気はどこかへ吹き飛んでいるでしょう。

愛着・愛情・仲間意識が刺激され、仲直りがしやすくなるのです。

夫婦喧嘩で仲直りをする方法 その8

  • 抵抗感はあっても、
    できるだけ行動がける
一言の返事では会話が続かない。
喧嘩の後こそ、長めの返事を意識する。

もくじ
(夫婦喧嘩で仲直りをする30の方法)

同じカテゴリーの作品