夫婦関係

夫婦の
30の名言

  • 手をつないでいる夫婦に、
    仲の悪いカップルはいない。
夫婦の30の名言

もくじ
  1. 手をつないでいる夫婦に、仲の悪いカップルはいない。

    最近、パートナーと手をつないでいますか。
    「結婚してから、すっかり手をつなぐことがなくなった」
    そうした夫婦は少なくありません。

  2. ルールは絶対ではない。
    たまに例外もあったほうが、夫婦生活は長続きする。

    快適な夫婦生活のために、ルールを作ります。
    「家事の役割分担を守る」「帰宅時間を連絡する」「なるべく一緒に食事する」といった生活上のルールだけではありません。
    「譲り合う」「助け合う」「嘘をつかない」といった道徳上のルールもあります。

  3. 家族行事は忙しい。
    忙しいから、よい思い出になる。

    結婚して夫婦になると、家族行事があります。
    パートナーの誕生会だけではありません。
    祖父・祖母の誕生会。

  4. 自分ができることは、相手もできるとは限らない。
    相手ができることは、自分もできるとは限らない。

    「どうしてできないの?」と言いたくなる瞬間があります。
    自分が簡単にできることを相手ができないと「どうしてできないのだろう」と不思議に思います。
     

  5. 合わせるのではない。
    調和していくのだ。

    夫婦生活では「合わせる」という考えに注意しましょう。
    「パートナーの価値観に合わせる」
    「パートナーの生活習慣に合わせる」

  6. 言わなくても分かることが増えても、すべてになってはいけない。

    夫婦生活が長くなるにつれて、言わなくても分かることが増えてきます。
    新婚のころは、不明点があれば一つ一つ確認や相談をしていましたが、慣れてくると減ってきます。
    「こうすればいい」と分かっていることが増えると、いちいち確認する必要がありません。

  7. どれだけ話せたかではない。
    どれだけ気持ちが通じ合えたか。

    夫婦仲を保つ心がけの1つが、会話量です。
    会話量を増やすことでお互いの状況を知り、理解を深めることができます。
     

  8. 気が利く行動をしただけで、プレゼントをしたことになる。

    1日1回は、パートナーにプレゼントをしましょう。
    「毎日プレゼントをするのは、お金も手間暇もかかる」
    そう思うかもしれませんが、難しく考えすぎです。

  9. 1人でも寂しくないのは、パートナーのおかげ。
    夜が怖くないのも、パートナーのおかげ。

    結婚して夫婦生活が始まると、寂しさや恐怖がなくなります。
    もちろんゼロになるわけではありませんが、未婚のころと比べると、寂しさや恐怖が大幅に小さくなります。
    1人で自宅にいても、寂しくありません。

  10. 行動力が出るのは、パートナーのおかげ。
    行動範囲が広がるのも、パートナーのおかげ。

    夫婦になると、行動力が出ます。
    行動力が出るのは、パートナーのおかげです。
    「パートナーがそばにいる」

  11. 夫婦とは二人三脚。
    常に「2人」を意識した取り組みが大切。

    夫婦になれば、自分勝手な行動は慎む必要があります。
    もちろん完全に個人的なことなら、自分の裁量で自由に進めることは可能です。
    誰にでもプライベートは必要ですから、制限がひどくなると、息苦しく感じるはずです。

  12. 無駄のない夫婦ほど、つまらない関係はない。

    円満な夫婦の実現には「無駄」を大切にしてください。
    普通に考えれば、円満な夫婦の実現には、無駄を省こうと思うことが多いでしょう。
    「できるだけ効率よく行動をして、無駄な努力はしたくない」

  13. 夫婦円満に役立つ3つの無駄。
    「無駄骨」「無駄金」「無駄話」。

    夫婦円満には、適度な無駄が必要です。
    無駄のない夫婦ほど、つまらない関係はありません。
    無駄は、遊びでもあります。

  14. 夫婦の答えは、親や世間が決めるものではなく、2人が決めるもの。

    夫婦生活では、世間の常識や価値観に振り回されることがあります。
    「結婚したら、子供を産むのが常識」
    「結婚したら、家を買うのが当たり前」

  15. 自分の事情は、夫婦の事情であることを忘れていないか。

    自分の事情は、夫婦の事情であることを忘れていませんか。
    「自分の事情は、自分にしか関係しないのではないか」
     

  16. パートナーの機嫌が悪いときは「きっと疲れているのだろう」と思えばいい。

    パートナーの機嫌が悪いときがあります。
    理由は分かりません。
    「何だか機嫌が悪いな」と思うときがあるでしょう。

  17. 夫婦であっても、言えない秘密はあっていい。

    夫婦になれば、隠し事があってはいけないのでしょうか。
    何でも話さなければいけないのでしょうか。
    もちろん隠し事はないほうがいいに決まっています。

  18. 死ぬまで我慢できる違和感なら、黙っておくのもいい。
    死ぬまで我慢できない違和感なら、言っておくほうがいい。

    時に夫婦関係では、違和感を覚えることがあります。
    価値観や生活習慣の違いもあれば、パートナーの生活態度もあるでしょう。
    「これはどうなのだろうか」と違和感を覚えることは、少なからずどの夫婦でもあるのが普通です。

  19. パートナーの笑顔が少ないのは、あなたの笑顔が少ないから。

    パートナーの笑顔が少ないときがあります。
    喧嘩をしていないのに、表情に元気がない。
    機嫌や体調が悪いわけでもないのに、なぜか笑顔が少ない。

  20. 夫婦で散歩する時間は、夫婦仲を深める時間。

    夫婦で散歩をしていますか。
    散歩ほど、取り組みやすい運動はありません。
    激しい運動なら気合や体力が必要ですが、散歩なら気楽に楽しめます。

  21. 「デート」は、昔にタイムスリップできるキーワード。

    夫婦で出かけるとき、どんな表現を使いますか。
    「遊びに行こう」
    「外出をしよう」

  22. 敏感になりすぎるのも疲れの原因になる。
    夫婦生活は、少しくらい鈍感でちょうどいい。

    きちんと夫婦生活をしようと思うと、細かい点に注意が向きます。
    パートナーの言葉遣いから行動まで、細かく見てしまう。
    敏感になればなるほど、小さな点まで気づけるようになるでしょう。

  23. 食事中の説教はNG。
    相談はOK。

    食事中に持ち出す話には注意しましょう。
    食事中の説教はマナー違反です。
    食欲は、人間の3大欲求の1つ。

  24. 夜に話し合うと、感情的になりやすい。
    昼に話し合うと、冷静に話し合える。

    夫婦で話し合いをするなら、時間帯が大切です。
    話し合うテーマは同じでも、話し合う時間帯によって、進行や結末に影響することがあります。
    まず注意したい時間帯は、夜です。

  25. 予期せぬトラブルは、人生が2人に与えた試練。

    夫婦生活では、トラブルが発生することがあります。
    予期しているトラブルならいいのです。
    発生すると分かっているトラブルなら、対処の準備ができているのでうまく乗り越えられるでしょう。

  26. 「夫婦なのだから」というキーフレーズは、夫婦としての自覚を再認識させる。

    夫婦生活が長くなるにつれ「夫婦」という意識が薄れがちです。
    夫婦は、未婚の恋人関係とは違い、特別な関係です。
    一言で言えば「法的に認められた関係」です。

  27. 問題は、処理するのではなく、解決する。

    夫婦生活の中では、時に夫婦で揉めることがあります。
    自分の一言で、パートナーを怒らせてしまった。
    お互いの価値観や生活習慣が違って、言い争いになってしまった。

  28. 夫婦仲を深めることは、仕事・家族・教育への波及効果がある。

    夫婦仲は、誰の事情に影響することでしょうか。
    もちろん夫婦仲は、夫婦2人の事情と思うでしょう。
    夫婦仲がよくなるほど、夫婦円満が実現できます。

  29. 1年前の夫婦関係と比較すれば、どんな小さな変化にも気づける。

    夫婦としての変化に気づいていますか。
    結婚して夫婦になると、ある程度、関係が落ち着きます。
    関係が落ち着くのはいいですが、一方で夫婦として変化に疎くなることがあります。

  30. 夫婦関係は、現状維持で満足しない。
    進化させていくことが大切。

    夫婦関係は良好ですか。
    「特に喧嘩もなく、悪くはない」
    「変わったこともなく、良好な仲を保てている」

同じカテゴリーの作品